•  
前払費用(まえばらいひよう)
2005年 3月 4日 20:40 更新
 家賃や支払利息、保険料など、支払った費用のうち、本来ならば来年度にかかる費用のことを言い、流動資産として計上されます。
 このとき決算期末の翌日から1年以内の費用の場合が「前払費用」です。一方、その費用を支払った目的が1年以上先のものに対しては「投資」などの科目にあげることになります。
 よくある例として、3月決算の会社で6月にこの先1年分の家賃を支払った場合などは、4月〜5月分の家賃は来年度分の経費ですから決算の時に前払費用として計上し、今年度のかかった費用から差し引きます。
 ただし、毎年継続して行うということならば、その支払った金額を前払費用に計上せず、その事業年度で費用としてみることが可能です。
 家賃や支払利息、保険料など、支払った費用のうち、本来ならば来年度にかかる費用のことを言い、流動資産として計上されます。
 このとき決算期末の翌日から1年以内の費用の場合が「前払費用」です。一方、その費用を支払った目的が1年以上先のものに対しては「投資」などの科目にあげることになります。
 よくある例として、3月決算の会社で6月にこの先1年分の家賃を支払った場合などは、4月〜5月分の家賃は来年度分の経費ですから決算の時に前払費用として計上し、今年度のかかった費用から差し引きます。
 ただし、毎年継続して行うということならば、その支払った金額を前払費用に計上せず、その事業年度で費用としてみることが可能です。
役に立った

2人がこの記事が役に立ったと投票しています