•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

質問 回答受付中

期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/01 16:56

rere

常連さん

回答数:18

編集

他でも質問させていただいている者です。
お世話になります。

弊社は7月決算の会社です。

7月中に払わなければいけなかった地代家賃を支払ってない事に気づき今日(8/1)にあわてて振り込みました。

どのように処理すればよいでしょうか?

通常弊社では、(例)7月に8月分の地代家賃を払う場合、払った日に

地代家賃/普通預金

と処理しています。

ご教授下さい。

他でも質問させていただいている者です。
お世話になります。

弊社は7月決算の会社です。

7月中に払わなければいけなかった地代家賃を支払ってない事に気づき今日(8/1)にあわてて振り込みました。

どのように処理すればよいでしょうか?

通常弊社では、(例)7月に8月分の地代家賃を払う場合、払った日に

地代家賃/普通預金

と処理しています。

ご教授下さい。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜18件 (全18件)
| 1 |

1. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/01 17:05

編集

こんにちは。

前払家賃等の事情を考えなければ、7月の日付にて「地代家賃/未払金(等)」とすれば、7月に地代家賃が計上出来ます。
また、8月1日付けで「未払金(等)/普通預金」とし支出したことを記録すれば、未払金が消えます。

こんにちは。

前払家賃等の事情を考えなければ、7月の日付にて「地代家賃/未払金(等)」とすれば、7月に地代家賃が計上出来ます。
また、8月1日付けで「未払金(等)/普通預金」とし支出したことを記録すれば、未払金が消えます。

返信

2. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/01 17:12

DISKY

すごい常連さん

編集

7月決算ということは、まだ7月の処理を締めてしまっていないと思いますので、7月の日付で計上しておけば大丈夫でしょう。
処理方法はcopapa先生のレスを参考にv(^^)

7月決算ということは、まだ7月の処理を締めてしまっていないと思いますので、7月の日付で計上しておけば大丈夫でしょう。
処理方法はcopapa先生のレスを参考にv(^^)

返信

3. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/01 17:13

karz

すごい常連さん

編集

基本的には支払った日(月)に費用になるのではなく、役務の提供を受けた時に費用になりますので8月分家賃を7月に支払ったとしても費用になりません。

決算整理仕訳 無し
8/1 地代家賃/普通預金 8月分家賃

となります。誤った仕訳です↑

追記
送信するとcopapaさんとDISKYさんがレスしてますね(汗

個人的な質問で申し訳ないのですが、copapaさんに質問があります。この場合でも費用化(短期前払費用?)で処理できるのでしょうか?

基本的には支払った日(月)に費用になるのではなく、役務の提供を受けた時に費用になりますので8月分家賃を7月に支払ったとしても費用になりません。

決算整理仕訳 無し
8/1 地代家賃/普通預金 8月分家賃

となります。誤った仕訳です↑

追記
送信するとcopapaさんとDISKYさんがレスしてますね(汗

個人的な質問で申し訳ないのですが、copapaさんに質問があります。この場合でも費用化(短期前払費用?)で処理できるのでしょうか?

返信

4. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/01 19:20

rere

常連さん

編集

copapa様・DISKY様・karz様

有難うございます。

地代家賃/未払金で処理します。

弊社の仕訳け方では8月分の家賃を8月に支払ったという考えになるのでしょうか。
半年前に前任者から引継ぎ、経理に初めて携わったもので、無知な質問申し訳けありません。

以前の帳簿を見ると7/31に(弊社7月決算)前払費用として計上されていました。

頭が混乱してよく分からなくなりました。

通常は毎月前払費用として計上するものですよね?

copapa様・DISKY様・karz様

有難うございます。

地代家賃/未払金で処理します。

弊社の仕訳け方では8月分の家賃を8月に支払ったという考えになるのでしょうか。
半年前に前任者から引継ぎ、経理に初めて携わったもので、無知な質問申し訳けありません。

以前の帳簿を見ると7/31に(弊社7月決算)前払費用として計上されていました。

頭が混乱してよく分からなくなりました。

通常は毎月前払費用として計上するものですよね?

返信

5. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/04 11:53

ばすお

積極参加

編集

横から失礼します。

rere様のところで定例でなさっていた処理と今回の臨時の処理の仕訳を整理してみます。

(定例)キャッシュフローと記帳は一致
 7/31 前払費用(8月分家賃)/現預金
 8/? 8月分家賃      /前払費用(8月分家賃)

思うに、定例では2行目のような処理をされていたのではないでしょうか?

(臨時)キャッシュフローと記帳は一致せず
CF: 8/ 1 8月分家賃 /現預金
記帳: 7/31 8月分家賃 /未払金
    8/ 1 未払金   /現預金

実際にサービスを受け終わったわけではありませんが、継続したサービス提供を受けているし、解約の意思もないようですので、未払費用とすることも考えられるのではないでしょうか。

ということで、rere様のご質問、
>通常は毎月前払費用として計上するものですよね?
への回答としては、
「おっしゃる通りです。」
になります。

横から失礼します。

rere様のところで定例でなさっていた処理と今回の臨時の処理の仕訳を整理してみます。

(定例)キャッシュフローと記帳は一致
 7/31 前払費用(8月分家賃)/現預金
 8/? 8月分家賃      /前払費用(8月分家賃)

思うに、定例では2行目のような処理をされていたのではないでしょうか?

(臨時)キャッシュフローと記帳は一致せず
CF: 8/ 1 8月分家賃 /現預金
記帳: 7/31 8月分家賃 /未払金
    8/ 1 未払金   /現預金

実際にサービスを受け終わったわけではありませんが、継続したサービス提供を受けているし、解約の意思もないようですので、未払費用とすることも考えられるのではないでしょうか。

ということで、rere様のご質問、
>通常は毎月前払費用として計上するものですよね?
への回答としては、
「おっしゃる通りです。」
になります。

返信

6. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/04 15:38

DISKY

すごい常連さん

編集

rereさんは最初の発言で
>通常弊社では、(例)7月に8月分の地代家賃を払う場合、
>払った日に「地代家賃/普通預金」と処理しています。
と書かれていました。
(文章の改行など変更しています)

ここから、今までもずっと翌月の家賃を支払った月の費用として計上してきたであろうから、今回も8月分を7月の費用にすべきだと思いました。
(恐らくcopapa先生も私と同様の考え方から、7月の費用にすべきと回答されたと思います)
このような「翌月分を当月の費用とする」ことは、会計処理の簡便化の観点から認められています。
これを今回から「短期前払費用」として処理すると前年度は家賃が11か月分しか計上されないことになり、継続性の原則に反する処理となってしまいます。
もちろんいままでずっと期末は短期前払費用として処理してきたのであれば、今回もそうすべきとなります(そうしなければ昨年度は家賃が13か月分計上されてしまいます)。
もっとも普段は翌月分の家賃を支払った月の費用として計上し、期末時のみ前払費用に振り替えるという処理を行う会社もありますので、その点は注意が必要でしょう。
いずれにしてもrereさんの会社の過去の仕訳がどのようになっているのかを確認し、そのときの処理を今後も継続して行うことが重要となります。


また未払費用とは「一定の契約に基づいて継続して役務の提供を受けており、未だ債務の確定しないもの」とあります(企業会計原則)。今回の場合債務額は確定していますから、未払金のほうが適当であろうかと思います。

rereさんは最初の発言で
>通常弊社では、(例)7月に8月分の地代家賃を払う場合、
>払った日に「地代家賃/普通預金」と処理しています。
と書かれていました。
(文章の改行など変更しています)

ここから、今までもずっと翌月の家賃を支払った月の費用として計上してきたであろうから、今回も8月分を7月の費用にすべきだと思いました。
(恐らくcopapa先生も私と同様の考え方から、7月の費用にすべきと回答されたと思います)
このような「翌月分を当月の費用とする」ことは、会計処理の簡便化の観点から認められています。
これを今回から「短期前払費用」として処理すると前年度は家賃が11か月分しか計上されないことになり、継続性の原則に反する処理となってしまいます。
もちろんいままでずっと期末は短期前払費用として処理してきたのであれば、今回もそうすべきとなります(そうしなければ昨年度は家賃が13か月分計上されてしまいます)。
もっとも普段は翌月分の家賃を支払った月の費用として計上し、期末時のみ前払費用に振り替えるという処理を行う会社もありますので、その点は注意が必要でしょう。
いずれにしてもrereさんの会社の過去の仕訳がどのようになっているのかを確認し、そのときの処理を今後も継続して行うことが重要となります。


また未払費用とは「一定の契約に基づいて継続して役務の提供を受けており、未だ債務の確定しないもの」とあります(企業会計原則)。今回の場合債務額は確定していますから、未払金のほうが適当であろうかと思います。

返信

7. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/04 18:09

karz

すごい常連さん

編集

DISKYさん
コメントありがとうございます。

今回のケースでは先払いであって、かつ、8月分家賃に関しては8/1〜8/31だとすれば、7月には一切役務の提供を受けていないので、仕訳は不要だと思いました。

>以前の帳簿を見ると7/31に(弊社7月決算)前払費用として計上されていました。

今年も「支払家賃/未払金」とすると
決算整理で「前払家賃/支払家賃」となり
結果「前払家賃/未払金」となりますが、これは普通なのでしょうか?

これが8月分(7月○日〜8月○)であれば
7月分を 支払家賃 / 未払費用 として仕訳すると思います。

DISKYさん
コメントありがとうございます。

今回のケースでは先払いであって、かつ、8月分家賃に関しては8/1〜8/31だとすれば、7月には一切役務の提供を受けていないので、仕訳は不要だと思いました。

>以前の帳簿を見ると7/31に(弊社7月決算)前払費用として計上されていました。

今年も「支払家賃/未払金」とすると
決算整理で「前払家賃/支払家賃」となり
結果「前払家賃/未払金」となりますが、これは普通なのでしょうか?

これが8月分(7月○日〜8月○)であれば
7月分を 支払家賃 / 未払費用 として仕訳すると思います。

返信

8. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/05 09:28

DISKY

すごい常連さん

編集

一番最初の書き込みの内容から、rereさんの会社では家賃を支払った月に費用計上しているものと判断しました。すなわち翌月分の家賃を当月の費用にすると解釈しておりました。本来であればおっしゃるとおり役務の提供を受けていないので前払い費用になりますが、前回述べたように毎期同じ処理をすることを前提に、当月の費用とすることも認められています。
この場合は最初のcopapaさんと私の提示した仕訳を切ればよいということになります。

しかしその後rereさんの方から「以前の帳簿を見ると7/31に(弊社7月決算)前払費用として計上されていました。」という発言がありました。
継続性の原則からいうとこの仕訳を踏襲しなければなりません。この仕訳から考えると翌月分の家賃は翌月に費用化していることが分かります。そういう意味では毎月
地代家賃 / 現金
前払費用 / 地代家賃
という仕訳を切る必要があるのですが、まぁそこまで厳密に処理を行う必要はなく(処理の簡便化)、期末時のみ「前払費用 / 地代家賃」という仕訳を入れるという会社も結構ありますね。
(月度決算を行い毎月の収支を把握する必要があるのでしたら毎月振り返る必要があります)

ここで一番最初に戻ってみますと、例年7月の決算月に翌月(つまり翌期)の家賃を支払っていたので前払い費用に振り替える必要がありましたが、今回は8月に入ってからの入金でしたので7月の決算処理としては何も処理をする必要はないということになりますね。

この点はkarzさんのご指摘の通りで、私の読解力不足のために的外れなレスをつけたことをお詫びしておきます。

一番最初の書き込みの内容から、rereさんの会社では家賃を支払った月に費用計上しているものと判断しました。すなわち翌月分の家賃を当月の費用にすると解釈しておりました。本来であればおっしゃるとおり役務の提供を受けていないので前払い費用になりますが、前回述べたように毎期同じ処理をすることを前提に、当月の費用とすることも認められています。
この場合は最初のcopapaさんと私の提示した仕訳を切ればよいということになります。

しかしその後rereさんの方から「以前の帳簿を見ると7/31に(弊社7月決算)前払費用として計上されていました。」という発言がありました。
継続性の原則からいうとこの仕訳を踏襲しなければなりません。この仕訳から考えると翌月分の家賃は翌月に費用化していることが分かります。そういう意味では毎月
地代家賃 / 現金
前払費用 / 地代家賃
という仕訳を切る必要があるのですが、まぁそこまで厳密に処理を行う必要はなく(処理の簡便化)、期末時のみ「前払費用 / 地代家賃」という仕訳を入れるという会社も結構ありますね。
(月度決算を行い毎月の収支を把握する必要があるのでしたら毎月振り返る必要があります)

ここで一番最初に戻ってみますと、例年7月の決算月に翌月(つまり翌期)の家賃を支払っていたので前払い費用に振り替える必要がありましたが、今回は8月に入ってからの入金でしたので7月の決算処理としては何も処理をする必要はないということになりますね。

この点はkarzさんのご指摘の通りで、私の読解力不足のために的外れなレスをつけたことをお詫びしておきます。

返信

9. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/05 10:13

rere

常連さん

編集

皆様ありがとうございます。
私の説明が足りなかった事をお詫びいたします。
私の理解力が乏しいため、もう一度ご説明させていただきますので、恐縮ですがご教授下さい。



(弊社7月決算)


<8月〜6月>
地代家賃/普通預金
支払った日に仕訳

<7月>
地代家賃/普通預金
    ↑
払い忘れてしまい、実際に支払ったのは8/1(まだ仕訳をしていません)

7/31 地代家賃/前払費用
     前払費用/地代家賃
        ↑

昨年度されていた仕訳。




未払金に計上しなくてよいという事でしょうか?

皆様ありがとうございます。
私の説明が足りなかった事をお詫びいたします。
私の理解力が乏しいため、もう一度ご説明させていただきますので、恐縮ですがご教授下さい。



(弊社7月決算


<8月〜6月>
地代家賃/普通預金
支払った日に仕訳

<7月>
地代家賃/普通預金
    ↑
払い忘れてしまい、実際に支払ったのは8/1(まだ仕訳をしていません)

7/31 地代家賃/前払費用
     前払費用/地代家賃
        ↑

昨年度されていた仕訳




未払金に計上しなくてよいという事でしょうか?

返信

10. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/05 15:27

DISKY

すごい常連さん

編集

結論からいうとどちらでもよいと思います。
今回の「支払い忘れ」があくまでもイレギュラーなものであり、昨年度は前払費用に計上していたのに今年はしていないというのは都合がよくない(前年度f/sと比較した場合、前払費用の金額が変わりますね)というのであれば、未払金で計上したほうがよいでしょう。

7/31 地代家賃/未払金
    前払費用/地代家賃
8/1 未払金 /現金

しかし上の仕訳は損益には全く影響を及ぼさないので、あえて仕訳を切らなくとも問題はないと思います。その場合は8月で計上すればOKとなります。

8/1 地代家賃/現金

どちらの方法を選択するかは、rereさんの会社の方針次第ということになろうかと思います。

しかし前年度に前払費用を計上していることを踏まえると、やはり一度未払金で地代家賃を立て、改めて前払費用に振り替えておいたほうがよいと私は思います(継続性の原則)。

結論からいうとどちらでもよいと思います。
今回の「支払い忘れ」があくまでもイレギュラーなものであり、昨年度は前払費用に計上していたのに今年はしていないというのは都合がよくない(前年度f/sと比較した場合、前払費用の金額が変わりますね)というのであれば、未払金で計上したほうがよいでしょう。

7/31 地代家賃未払金
    前払費用地代家賃
8/1 未払金 /現金

しかし上の仕訳は損益には全く影響を及ぼさないので、あえて仕訳を切らなくとも問題はないと思います。その場合は8月で計上すればOKとなります。

8/1 地代家賃現金

どちらの方法を選択するかは、rereさんの会社の方針次第ということになろうかと思います。

しかし前年度に前払費用を計上していることを踏まえると、やはり一度未払金で地代家賃を立て、改めて前払費用に振り替えておいたほうがよいと私は思います(継続性の原則)。

返信

11. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/06 10:49

編集

暫くPCから遠ざかってましたー。
何やら私の手抜きレスのせいで、申し訳ないです・・・

えーと、今回のケースは前払の家賃なので、原則的な仕訳を記すと次のようになります。
8月からの入居と仮定します。

初回支払時(賃借開始の前月の7月支払と仮定します)
前払家賃/普通預金

8月仕訳
地代家賃/前払家賃

8月支払時
前払家賃/普通預金

9月仕訳
地代家賃/前払家賃

9月支払時
前払家賃/普通預金

以降この繰り返しになるわけです。


ところで、初回に未払家賃を計上して8月仕訳をしないでおくと、以降の期中は簡便な方法として、支払時に地代家賃として処理しても結果は上記と同じ事になるんです。
この方法がより実務的なものと思われますから、手抜きコメントをしてしまった訳です。

この辺り色々な方法がありますから、もっと情報を確認しておくべきでした。すみません。


karzさん
>個人的な質問で申し訳ないのですが、copapaさんに質問があります。この場合でも費用化(短期前払費用?)で処理できるのでしょうか?

短期前払費用ということなので税金のことと思いますが、このケースでは短前には該当しません。
今回のケースは来年度から消費するものの前払になりますから、短前には該当しないことになります。

DISKYさん
手抜きレスしちゃってごめんなさい。

暫くPCから遠ざかってましたー。
何やら私の手抜きレスのせいで、申し訳ないです・・・

えーと、今回のケースは前払の家賃なので、原則的な仕訳を記すと次のようになります。
8月からの入居と仮定します。

初回支払時(賃借開始の前月の7月支払と仮定します)
前払家賃/普通預金

8月仕訳
地代家賃/前払家賃

8月支払時
前払家賃/普通預金

9月仕訳
地代家賃/前払家賃

9月支払時
前払家賃/普通預金

以降この繰り返しになるわけです。


ところで、初回に未払家賃を計上して8月仕訳をしないでおくと、以降の期中は簡便な方法として、支払時に地代家賃として処理しても結果は上記と同じ事になるんです。
この方法がより実務的なものと思われますから、手抜きコメントをしてしまった訳です。

この辺り色々な方法がありますから、もっと情報を確認しておくべきでした。すみません。


karzさん
>個人的な質問で申し訳ないのですが、copapaさんに質問があります。この場合でも費用化(短期前払費用?)で処理できるのでしょうか?

短期前払費用ということなので税金のことと思いますが、このケースでは短前には該当しません。
今回のケースは来年度から消費するものの前払になりますから、短前には該当しないことになります。

DISKYさん
手抜きレスしちゃってごめんなさい。

返信

12. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/06 13:34

kei8

すごい常連さん

編集

>(弊社7月決算)

<8月〜6月>
地代家賃/普通預金
支払った日に仕訳

<7月>
地代家賃/普通預金
    ↑
払い忘れてしまい、実際に支払ったのは8/1(まだ仕訳をしていません)

7/31 地代家賃/前払費用
     前払費用/地代家賃


回答
<7月>
地代家賃/未払金
    ↑
払い忘れたが、契約に従い未払金債務が生じているので計上する。

7/31 地代家賃/前払費用--------前年度(H19/7月)に計上した前払費用の振り戻し処理
     前払費用/地代家賃-------当年度(H20/7月)の前払費用計上

8/x 未払金/現預金

解説:
1、
この7/31の洗替え処理(前年度末の戻し処理と当年度末の計上処理)は、
〃郤〃荵擦寮騎寮と
期中の処理の簡便性(支払い時に地代家賃/普通預金)
を併せ実現するためのテクニックの1つです。

2、上記の7月の処理をまとめれば
前払費用/未払金
となります。

この処理は、未払いにもかかわらず前払費用が計上されており違和感を覚える人がいるかもしれません。しかし、未払金は7月末現在発生しており、その相手である借り方に何か計上することが必要です。前払費用以外に適当な科目はないように思います。

3、損益に影響がないから前払費用・未払金を計上しなくてもよいのではないか(7月の処理なし)という考え方について
 すでに触れたように契約書上7月末には未払金は発生しており。これをB/Sに計上しない処理は債務計上の網羅性の点で適切ではなく、そのような考え方は正しくないと考えます。

会計は損益と同時に財政状態をも適切に表示するという役割を果たしています。B/Sを軽視するのは問題ありと思います。


>(弊社7月決算

<8月〜6月>
地代家賃/普通預金
支払った日に仕訳

<7月>
地代家賃/普通預金
    ↑
払い忘れてしまい、実際に支払ったのは8/1(まだ仕訳をしていません)

7/31 地代家賃/前払費用
     前払費用/地代家賃


回答
<7月>
地代家賃/未払金
    ↑
払い忘れたが、契約に従い未払金債務が生じているので計上する。

7/31 地代家賃/前払費用--------前年度(H19/7月)に計上した前払費用の振り戻し処理
     前払費用/地代家賃-------当年度(H20/7月)の前払費用計上

8/x 未払金/現預金

解説:
1、
この7/31の洗替え処理(前年度末の戻し処理と当年度末の計上処理)は、
〃郤決算の正確性と
期中の処理の簡便性(支払い時に地代家賃/普通預金
を併せ実現するためのテクニックの1つです。

2、上記の7月の処理をまとめれば
前払費用未払金
となります。

この処理は、未払いにもかかわらず前払費用が計上されており違和感を覚える人がいるかもしれません。しかし、未払金は7月末現在発生しており、その相手である借り方に何か計上することが必要です。前払費用以外に適当な科目はないように思います。

3、損益に影響がないから前払費用未払金を計上しなくてもよいのではないか(7月の処理なし)という考え方について
 すでに触れたように契約書上7月末には未払金は発生しており。これをB/Sに計上しない処理は債務計上の網羅性の点で適切ではなく、そのような考え方は正しくないと考えます。

会計は損益と同時に財政状態をも適切に表示するという役割を果たしています。B/Sを軽視するのは問題ありと思います。


返信

13. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/06 15:05

karz

すごい常連さん

編集

会計のお話で実務的な話では無くて投稿者には申し訳ないです。

役務の提供の完了って8月分の契約期間が8/1〜8/31だとすれば
8/31になりませんか?私の勘違い(勉強不足)でしょうか?

役務の提供が一切行われていないのに請求書が届いた(支払期日が到来した)だけで債務の確定って言うのでしょうか?

8/31になっても支払が無ければ
支払家賃/未払金として仕訳すれば良いと思ったので
最初に仕訳は不要と回答しました。

>kei8さんへ
上のような考えがあったので決してB/Sを軽視している訳ではありません。ただ私の知識不足だったと言うことです。

>copapaさんへ
最初の方では繰り延べ経理の話が無かったので、単純に費用化できるもの?と言う意味で質問させて頂きました。

会計のお話で実務的な話では無くて投稿者には申し訳ないです。

役務の提供の完了って8月分の契約期間が8/1〜8/31だとすれば
8/31になりませんか?私の勘違い(勉強不足)でしょうか?

役務の提供が一切行われていないのに請求書が届いた(支払期日が到来した)だけで債務の確定って言うのでしょうか?

8/31になっても支払が無ければ
支払家賃/未払金として仕訳すれば良いと思ったので
最初に仕訳は不要と回答しました。

>kei8さんへ
上のような考えがあったので決してB/Sを軽視している訳ではありません。ただ私の知識不足だったと言うことです。

>copapaさんへ
最初の方では繰り延べ経理の話が無かったので、単純に費用化できるもの?と言う意味で質問させて頂きました。

返信

14. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/07 09:40

DISKY

すごい常連さん

編集

この場合役務の提供の完了と債務の確定は別のものではないでしょうか。

家賃を先払いするか後払いするかは契約によるものでしょうし、この場合先払いが前提ですので、その支払期日が到来した段階で債務は確定していると考えるべきと思います。

この場合役務の提供の完了と債務の確定は別のものではないでしょうか。

家賃を先払いするか後払いするかは契約によるものでしょうし、この場合先払いが前提ですので、その支払期日が到来した段階で債務は確定していると考えるべきと思います。

返信

15. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/07 10:28

編集

>会計のお話で実務的な話では無くて投稿者には申し訳ないです。

同じくですm(_ _)m

>役務の提供の完了って8月分の契約期間が8/1〜8/31だとすれば8/31になりませんか?私の勘違い(勉強不足)でしょうか?

上記期間として賃借権という側面からすれば、その債権(部屋を借りる権利)の実現は仰る通りです。
一方、賃借権における債務の履行(お金の支払)はというと、DISKYさんもお書きになっていますが、これは前もって履行することを当事者が契約で決めておりますから、債権実現の前に履行することになります。
なお、契約という観点からは、債権債務の発生は契約時点で発生します。

ところが企業会計では、経済事象の変動の認識を契約による債権債務の発生時とすることは、現在は時期尚早であると考えられています。
変化のリスクが高いためでしょうね。
従いまして、今回のケースにおける認識については債務を履行する時期、つまり支払の時期が適当ではないかと考えられるわけです。

>会計のお話で実務的な話では無くて投稿者には申し訳ないです。

同じくですm(_ _)m

>役務の提供の完了って8月分の契約期間が8/1〜8/31だとすれば8/31になりませんか?私の勘違い(勉強不足)でしょうか?

上記期間として賃借権という側面からすれば、その債権(部屋を借りる権利)の実現は仰る通りです。
一方、賃借権における債務の履行(お金の支払)はというと、DISKYさんもお書きになっていますが、これは前もって履行することを当事者が契約で決めておりますから、債権実現の前に履行することになります。
なお、契約という観点からは、債権債務の発生は契約時点で発生します。

ところが企業会計では、経済事象の変動の認識を契約による債権債務の発生時とすることは、現在は時期尚早であると考えられています。
変化のリスクが高いためでしょうね。
従いまして、今回のケースにおける認識については債務を履行する時期、つまり支払の時期が適当ではないかと考えられるわけです。

返信

16. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理の仕方

2008/08/07 17:22

karz

すごい常連さん

編集

勉強になりますm(_ _)m

債務の確定と役務提供の完了が一緒になってたのですね・・・

前払費用 / 未払金

と言う仕訳があまりにも違和感があったので、ん〜と考えていたのですが、こういう事もあるんだと初めて知りました。

>>rere
話がズレてしまってすいません。

前払費用 / 未払金 としてください

勉強になりますm(_ _)m

債務の確定と役務提供の完了が一緒になってたのですね・・・

前払費用 / 未払金

と言う仕訳があまりにも違和感があったので、ん〜と考えていたのですが、こういう事もあるんだと初めて知りました。

>>rere
話がズレてしまってすいません。

前払費用 / 未払金 としてください

返信

17. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理 追加説明です

2008/08/07 19:07

kei8

すごい常連さん

編集

1、契約締結時
契約義務見返/契約義務(=賃借料の支払い義務)

※支払期限前に期末日が到来すれば、
対照勘定である契約義務見返勘定と契約義務勘定はB/Sには記載されません。

なお、特別な場合を除けば、1、の仕訳は省略するのが普通です。
省略すれば、後記2、及び2−2、の契約義務/契約義務見返も処理も行われません。

2、支払期限
契約義務/契約義務見返
前払費用(=役務の提供を受ける権利)/現預金


2−2、支払期限までに払い忘れの場合
契約義務/契約義務見返
役務の提供を受ける権利/未払金

借方の「役務の提供を受ける権利」を「前払費用」とするのに抵抗感があるとすれば「別の科目名」でもよいと考えます。しかし、賃借料の支払い債務は確定債務であり「未払金」の計上が必要と考えます。

※B/Sの期間比較を考えれば、借方は前払費用が適当と考えます。そして、B/S利用者に丁寧に説明したいのであれば、注記により未払いである旨を説明することも考えられます。私は一般的には注記はしなくても差し支えないと考えます。

1、契約締結時
契約義務見返/契約義務(=賃借料の支払い義務)

※支払期限前に期末日が到来すれば、
対照勘定である契約義務見返勘定と契約義務勘定はB/Sには記載されません。

なお、特別な場合を除けば、1、の仕訳は省略するのが普通です。
省略すれば、後記2、及び2−2、の契約義務/契約義務見返も処理も行われません。

2、支払期限
契約義務/契約義務見返
前払費用(=役務の提供を受ける権利)/現預金


2−2、支払期限までに払い忘れの場合
契約義務/契約義務見返
役務の提供を受ける権利/未払金

借方の「役務の提供を受ける権利」を「前払費用」とするのに抵抗感があるとすれば「別の科目名」でもよいと考えます。しかし、賃借料の支払い債務は確定債務であり「未払金」の計上が必要と考えます。

※B/Sの期間比較を考えれば、借方は前払費用が適当と考えます。そして、B/S利用者に丁寧に説明したいのであれば、注記により未払いである旨を説明することも考えられます。私は一般的には注記はしなくても差し支えないと考えます。

返信

18. Re: 期末に払い忘れた販売管理費の処理 追加説明です

2008/08/08 07:24

rere

常連さん

編集

皆さんありがとうございます。
勉強になります!

皆さんありがとうございます。
勉強になります!

返信

1件〜18件 (全18件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています