•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

前払費用について

質問 回答受付中

前払費用について

2005/05/16 16:30

chofu

ちょい参加

回答数:4

編集

3月決算です。
経過勘定科目は洗替を翌期末にします

3月末に4月の借入金利息が自動で引き落とし
されました。ので
前払費用/ 預金

と処理しました。
5月分の利息は5月に引き落とされます。
そうすると、前払いした4月分の利息を
4月の月次決算書にのせたい場合は
どのような仕訳になるのでしょうか?

支払利息/ 前払費用
とすると洗替方式なのに前払費用の金額が
減少してしまうので
困っています。


同じような質問ですが、前期の社員の賞与を
3月末で計上しました。
社員は1人なので引当はしていません。
ので、
賞与/ 未払費用 

と仕訳をしました。
支払いは4月でした。このときは
期末の未払費用はへらさずに
あらたに
賞与/預金

でいいでしょうか?

よろしくお願いいたします。




3月決算です。
経過勘定科目は洗替を翌期末にします

3月末に4月の借入金利息が自動で引き落とし
されました。ので
前払費用/ 預金

と処理しました。
5月分の利息は5月に引き落とされます。
そうすると、前払いした4月分の利息を
4月の月次決算書にのせたい場合は
どのような仕訳になるのでしょうか?

支払利息/ 前払費用
とすると洗替方式なのに前払費用の金額が
減少してしまうので
困っています。


同じような質問ですが、前期の社員の賞与
3月末で計上しました。
社員は1人なので引当はしていません。
ので、
賞与/ 未払費用 

仕訳をしました。
支払いは4月でした。このときは
期末の未払費用はへらさずに
あらたに
賞与/預金

でいいでしょうか?

よろしくお願いいたします。




この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 前払費用について

2005/05/17 01:25

おけ

さらにすごい常連さん

編集

まず、洗替といっても、際限なく出来るわけではありませんよね。

お書きのうち1.については、仮に洗替をするなら、
  預金/前払費用
という仕訳になり、4月1日にありもしない預金増加が生じます。

これは、マズいですよね!

この場合は、4月度で素直に、
  支払利息/前払費用
とするのがいいと思いますヨ。

次善の策としては、
  預金/前払費用
とやって、同じ日付で
  支払利息/預金
とする手があります。

これは、預金の出し入れがあったような跡が残ることに目をつぶれば、
洗替方式を一応は徹底できます。

2.も同じリクツで、
  未払費用/預金
が素直な仕訳です。

次善の策は、1.と似たようなことをやればOKです。


あ、マル1・マル2といった丸囲み文字は、
文字化けの原因になるそうですので、
お使いにならないほうがいいですよ!

まず、洗替といっても、際限なく出来るわけではありませんよね。

お書きのうち1.については、仮に洗替をするなら、
  預金/前払費用
という仕訳になり、4月1日にありもしない預金増加が生じます。

これは、マズいですよね!

この場合は、4月度で素直に、
  支払利息/前払費用
とするのがいいと思いますヨ。

次善の策としては、
  預金/前払費用
とやって、同じ日付で
  支払利息/預金
とする手があります。

これは、預金の出し入れがあったような跡が残ることに目をつぶれば、
洗替方式を一応は徹底できます。

2.も同じリクツで、
  未払費用/預金
が素直な仕訳です。

次善の策は、1.と似たようなことをやればOKです。


あ、マル1・マル2といった丸囲み文字は、
文字化けの原因になるそうですので、
お使いにならないほうがいいですよ!

返信

2. Re: 前払費用について

2005/05/17 10:04

chofu

ちょい参加

編集

ありがとうございます!

ありがとうございます!

返信

3. Re: 前払費用について

2005/05/17 23:02

おけ

さらにすごい常連さん

編集

いっこ訂正をば。すみません。

「翌期末に洗替」というのを、翌期首と勘違いしていました。


> お書きのうち1.については、仮に洗替をするなら、
>   預金/前払費用
> という仕訳になり、4月1日にありもしない預金増加が生じます。

×4月1日 → ○3月31日
でした。

いっこ訂正をば。すみません。

「翌期末に洗替」というのを、翌期首と勘違いしていました。


> お書きのうち1.については、仮に洗替をするなら、
>   預金/前払費用
> という仕訳になり、4月1日にありもしない預金増加が生じます。

×4月1日 → ○3月31日
でした。

返信

4. Re: 前払費用について

2005/05/18 10:18

ごん

常連さん

編集

chofuさん、こんにちは。

洗替法と言うのは、引当金等の設定法の一つで前期に計上した金額を一度ゼロに戻して、再度設定し直す方法です。
費用に関しての洗替えというのは、その月の費用でないものを前払いに計上しておいて、支出効果の対象月に費用に計上する事ですから、1に関しては4月月初において

支払利息/前払費用で何ら問題はないと思いますが?

前払費用が減少して困るという意味が良く分かりません。
前払費用というのは、将来の費用を支出したので支出した時点では費用に計上しない為のものです。
よって、何時かは減少するものですよ。

洗替えに拘るのであれば

預金 /前払費用
支払利息/預金

とするしかないと思いますが、見て分かるように貸借に預金勘定が来てしまいますね。
実際に預金の動きがないうえに、同じ金額が貸借に来るのですから、相殺してしまって構わないと思いますが。

2については、当月の費用にも拘らず翌月以降に支出が生じる場合となり、1とは逆のパターンですが何時の費用なのかという観点では同じ事と言えますので

未払費用/預金 で、良いと思います。

chofuさん、こんにちは。

洗替法と言うのは、引当金等の設定法の一つで前期に計上した金額を一度ゼロに戻して、再度設定し直す方法です。
費用に関しての洗替えというのは、その月の費用でないものを前払いに計上しておいて、支出効果の対象月に費用に計上する事ですから、1に関しては4月月初において

支払利息/前払費用で何ら問題はないと思いますが?

前払費用が減少して困るという意味が良く分かりません。
前払費用というのは、将来の費用を支出したので支出した時点では費用に計上しない為のものです。
よって、何時かは減少するものですよ。

洗替えに拘るのであれば

預金 /前払費用
支払利息/預金

とするしかないと思いますが、見て分かるように貸借に預金勘定が来てしまいますね。
実際に預金の動きがないうえに、同じ金額が貸借に来るのですから、相殺してしまって構わないと思いますが。

2については、当月の費用にも拘らず翌月以降に支出が生じる場合となり、1とは逆のパターンですが何時の費用なのかという観点では同じ事と言えますので

未払費用/預金 で、良いと思います。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています