•  
勘定科目(かんじょうかもく)
2015年 1月 25日 09:23 更新
勘定科目とは、例えば、毎月支払う給与は「給与手当」、宅配便にかかった費用を「荷造運賃」というように、取引を同じ性格のもの同士分類することです。この分類方法には、法律で明確に定められているわけではありません。そのため、同じような取引でも会社によって科目が異なることがあります。例えば、事務用のコピー用紙を購入した場合の科目が、A社は「消耗品費」、B社は「事務用品費」というように科目が異なる場合がありますが、問題ありません。ただし、勘定科目の目的には下記のような目的がありますので、勘定科目をつけるルールをつくり、きちんと取引を整理整頓しましょう。
 
勘定科目の目的
  • 会社の税金を計算する上で科目を区分けする目的
  • 会社の経営者が経費、資産、利益の増減を分析し、債務指標として利用する上で科目を区分する目的
勘定科目を決定する目安
■取引内容
その取引の性格がどういうものかで判断します。
例えば、お客さんを接待した(交際費)、銀行からお金を借りた(借入金)、電話の通話代を払った(通信費)というように、取引内容に応じて科目を決ます。
ただし、交際費については、税金を計算する上で損金になるかどうかの判定が必要となりますので、類似科目(会議費・福利厚生費・広告宣伝費等)との区別が必要となります。
■取引内容(金額)       
金額によって勘定科目の判断が必要な科目があります。例えば、机を購入した場合を考えてみます。10万円未満の場合は「消耗品費」などの『一般販売費』(損益計算書)で計上できますが、10万円 以上になると「工具器具備品」などの『資産』(貸借対照表)に計上しなければならなくなります。
■取引内容(期間)       
経理では、ワンイヤールールが随所で適用されています。このワンイヤールールというのは、1年を境にして長期・短期の資産・負債を区別したり、資産で計上するか費用で計上するかを区別するものです。上記の金額の例で10万円以上は資産計上と書きましたが、これが1年未満の例えば10ヶ月しか使用可能ではないものの場合、消耗品としての性質があるとして、資産ではなく費用として計上することができます。
勘定科目とは、例えば、毎月支払う給与は「給与手当」、宅配便にかかった費用を「荷造運賃」というように、取引を同じ性格のもの同士分類することです。この分類方法には、法律で明確に定められているわけではありません。そのため、同じような取引でも会社によって科目が異なることがあります。例えば、事務用のコピー用紙を購入した場合の科目が、A社は「消耗品費」、B社は「事務用品費」というように科目が異なる場合がありますが、問題ありません。ただし、勘定科目の目的には下記のような目的がありますので、勘定科目をつけるルールをつくり、きちんと取引を整理整頓しましょう。
 
勘定科目の目的
  • 会社の税金を計算する上で科目を区分けする目的
  • 会社の経営者が経費、資産、利益の増減を分析し、債務指標として利用する上で科目を区分する目的
勘定科目決定する目安
取引内容
その取引の性格がどういうものかで判断します。
例えば、お客さんを接待した(交際費)、銀行からお金を借りた(借入金)、電話の通話代を払った(通信費)というように、取引内容に応じて科目を決ます。
ただし、交際費については、税金を計算する上で損金になるかどうかの判定が必要となりますので、類似科目(会議費・福利厚生費・広告宣伝費等)との区別が必要となります。
取引内容(金額)       
金額によって勘定科目の判断が必要な科目があります。例えば、机を購入した場合を考えてみます。10万円未満の場合は「消耗品費」などの『一般販売費』(損益計算書)で計上できますが、10万円 以上になると「工具器具備品」などの『資産』(貸借対照表)に計上しなければならなくなります。
取引内容(期間)       
経理では、ワンイヤールールが随所で適用されています。このワンイヤールールというのは、1年を境にして長期・短期の資産・負債を区別したり、資産で計上するか費用で計上するかを区別するものです。上記の金額の例で10万円以上は資産計上と書きましたが、これが1年未満の例えば10ヶ月しか使用可能ではないものの場合、消耗品としての性質があるとして、資産ではなく費用として計上することができます。

キーワード

役に立った

6人がこの記事が役に立ったと投票しています