•  
労働保険(ろうどうほけん)
2005年 3月 15日 01:12 更新
 労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険を合わせて「労働保険」といいます。
 労働保険は、法人・個人を問わず、労働者を一人でも雇っている事業主は加入することが法律で義務づけられています。

 私たちは普段めったなことで仕事中や通勤中に怪我したり、失業したりしないので、あまり意識したことがないかもしれませんが、労災にあったときや失業したときなどには、保険給付が行なわれます。 
 また、一定の要件を満たした事業主には、雇用保険から助成金が支給されるケースがあります。
 
 労災保険料は全額事業主が、雇用保険料は事業主と被保険者が決められた割合を分担して負担します。


 労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険を合わせて「労働保険」といいます。
 労働保険は、法人・個人を問わず、労働者を一人でも雇っている事業主は加入することが法律で義務づけられています。

 私たちは普段めったなことで仕事中や通勤中に怪我したり、失業したりしないので、あまり意識したことがないかもしれませんが、労災にあったときや失業したときなどには、保険給付が行なわれます。 
 また、一定の要件を満たした事業主には、雇用保険から助成金が支給されるケースがあります。
 
 労災保険料は全額事業主が、雇用保険料は事業主と被保険者が決められた割合を分担して負担します。


役に立った

4人がこの記事が役に立ったと投票しています