•  
貯蔵品(ちょぞうひん)
2015年 5月 1日 17:52 更新
 会社の中で使用される道具類で期末にまで使用されずに残っている場合、当期の経費ではないから、貯蔵品という項目でB/Sに計上して次期に繰り越そうという考え方からきています。

※たとえば、建設目的で購入した資材だけれども、他の用途に使うかもしれないものなど、科目設定のはっきりしないものは貯蔵品とします。

※期間損益の特例
事務用消耗品や広告宣伝用のカタログ、パンフレットなどは、期末に未使用分が残っていても、購入時に費用処理していれば貯蔵品計上しなくてもよいことが認められています。
(通常、会社の中で継続的に使用されているものに限られます)
 会社の中で使用される道具類で期末にまで使用されずに残っている場合、当期の経費ではないから、貯蔵品という項目でB/Sに計上して次期に繰り越そうという考え方からきています。

※たとえば、建設目的で購入した資材だけれども、他の用途に使うかもしれないものなど、科目設定のはっきりしないものは貯蔵品とします。

※期間損益の特例
事務用消耗品や広告宣伝用のカタログ、パンフレットなどは、期末に未使用分が残っていても、購入時に費用処理していれば貯蔵品計上しなくてもよいことが認められています。
(通常、会社の中で継続的に使用されているものに限られます)

キーワード

役に立った

3人がこの記事が役に立ったと投票しています