•  
出産費貸付制度(しゅっさんひかしつけせいど)
2015年 4月 20日 09:20 更新
出産費貸付制度とは、従業員やその被扶養配偶者が出産をされると、「出産育児一時金」がもらえますが、この出産育児一時金は出産後に支給されるので、実際の分娩費等を支払うのが大変だという方のために、この出産育児一時金の支給を受けるまでの間、無利子で貸付をしてくれる制度のことです。

貸付金額は1万円を単位とし、出産育児一時金支給見込額の8割相当額を限度として貸し付けを受けられます。
手続きは、全国健康保険協会各支部にて受け付けています。
 
どんな人が貸付を受けられるの?
全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者又は被扶養者で、出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、次の(1)もしくは(2)に該当する方です。
  (1)  出産予定日まで1ヶ月以内の方。
  (2)  妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払いを要する方。
返済はどうするの?
出産育児一時金の支給を受けるときに、この貸付金と相殺をします。例えば、20万円借りた人は、

  出産育児一時金30万円−貸付金20万円=10万円

となり、10万円を出産育児一時金として支給されます。
出産費貸付制度とは、従業員やその被扶養配偶者が出産をされると、「出産育児一時金」がもらえますが、この出産育児一時金は出産後に支給されるので、実際の分娩費等を支払うのが大変だという方のために、この出産育児一時金の支給を受けるまでの間、無利子で貸付をしてくれる制度のことです。

貸付金額は1万円を単位とし、出産育児一時金支給見込額の8割相当額を限度として貸し付けを受けられます。
手続きは、全国健康保険協会各支部にて受け付けています。
 
どんな人が貸付を受けられるの?
全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者又は被扶養者で、出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、次の(1)もしくは(2)に該当する方です。
  (1)  出産予定日まで1ヶ月以内の方。
  (2)  妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払いを要する方。
返済はどうするの?
出産育児一時金の支給を受けるときに、この貸付金と相殺をします。例えば、20万円借りた人は、

  出産育児一時金30万円−貸付金20万円=10万円

となり、10万円を出産育児一時金として支給されます。
役に立った

4人がこの記事が役に立ったと投票しています