•  
自己資本利益率(じこしほんりえきりつ)
2015年 4月 30日 16:44 更新
当期純利益÷自己資本。ROEともいわれる。ROEは、Return On Equityの略。自己資本に対して当期純利益を対応させることで、自己資本の収益性を判断する材料となる。
自己資本利益率が大きいほど、自己資本の収益性は高く、自己資本利益率が小さいほど、自己資本の収益性は低いとされる。株主から預かった元手を、いかに効率的に経営者が運用したかを示す指標となる。総資本経常利益率(ROA)と並び、最も有名な収益性に関する指標の1つ。
当期純利益÷自己資本。ROEともいわれる。ROEは、Return On Equityの略。自己資本に対して当期純利益を対応させることで、自己資本収益性を判断する材料となる。
自己資本利益率が大きいほど、自己資本の収益性は高く、自己資本利益率が小さいほど、自己資本の収益性は低いとされる。株主から預かった元手を、いかに効率的に経営者が運用したかを示す指標となる。総資本経常利益率(ROA)と並び、最も有名な収益性に関する指標の1つ。
役に立った

1人がこの記事が役に立ったと投票しています