•  
歩引き(ぶびき)
2005年 2月 22日 01:20 更新
一定の売上額や仕入額に対して行う値引きの一種で、例えば、顧客で1ヶ月の売上が10万円以上あった時は0.2%値引きするというような使い方で振込手数料引や端数値引とは区別していました。また、取引先全部が一律ではなく、営業サイドの駆け引きで決まっていました。
数量や販売価額によって変わるので、売上割戻または仕入割戻としてそれぞれ売上高、仕入高から差し引いていましたが、現金払に限るとした場合は支払利息に相当するものとして売上割引、仕入割引となり、営業外費用で処理することになります。
一定の売上額や仕入額に対して行う値引きの一種で、例えば、顧客で1ヶ月の売上が10万円以上あった時は0.2%値引きするというような使い方で振込手数料引や端数値引とは区別していました。また、取引先全部が一律ではなく、営業サイドの駆け引きで決まっていました。
数量や販売価額によって変わるので、売上割戻または仕入割戻としてそれぞれ売上高、仕入高から差し引いていましたが、現金払に限るとした場合は支払利息に相当するものとして売上割引、仕入割引となり、営業外費用で処理することになります。
役に立った

1人がこの記事が役に立ったと投票しています