•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

申告書の源泉所得税

質問 回答受付中

申告書の源泉所得税

2012/04/18 12:31

plokij

積極参加

回答数:3

編集

利子の仕訳は
 租税公課/受取利息  (源泉所得税)
 租税公課/      (県民税利子割)
     としています。

法人税の申告書 別表5(2)の その他の欄で
損金算入のものと損金不算入のもの  の記入欄がありますが、
どちらに記入すべきでしょうか。

別表4で、31の欄に、法人税額から控除される所得税額
として記入します。

昔の本は損金算入のものに記入となっていて、最近の本は損金不算入のもの記入になっているみたいなのですが。

どちらに記入しても、法人税額は申告書上変わりませんでしょうか。

法人税のソフトで、初期設定の段階で、損金不算入のものの欄に
源泉所得税と印字されているのは、どうゆう理由からでしょうか。

よろしくおねがいします。

利子の仕訳
 租税公課/受取利息  (源泉所得税
 租税公課/      (県民税利子割
     としています。

法人税の申告書 別表5(2)の その他の欄で
損金算入のものと損金不算入のもの  の記入欄がありますが、
どちらに記入すべきでしょうか。

別表4で、31の欄に、法人税額から控除される所得税
として記入します。

昔の本は損金算入のものに記入となっていて、最近の本は損金不算入のもの記入になっているみたいなのですが。

どちらに記入しても、法人税額は申告書上変わりませんでしょうか。

法人税のソフトで、初期設定の段階で、損金不算入のものの欄に
源泉所得税と印字されているのは、どうゆう理由からでしょうか。

よろしくおねがいします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜3件 (全3件)
| 1 |

1. Re: 申告書の源泉所得税

2012/04/18 17:39

ikkai

積極参加

編集

おじゃまします。
専門家のご回答が出るまでのつなぎとして・・・。

別表構成上、別表4の31欄には別表6(一)「6のマル3」の金額を記入しさえすればよく、別表4と別表5(2)とは直接のリンクはありません。
私は別表5(2)の23,24,29,30欄は記入したことがありません。この欄は、多分税務当局にとって利用価値のないものと想像します。デンと座ってる会社の上司が(部下が真面目に取り組んでる姿が目に浮かび)満足するくらいなものでしょう。

閑話休題。
源泉所得税は、固定資産税や印紙税と同じく、本性は「損金算入」となるものです。
但し、ひとり源泉所得税だけは、法人の自由選択により、税額控除の方式も採用することができます。その場合は損金に算入してはならないことは先刻ご承知でしたね。
つまり、「本来は損金算入のもの」を「損金に算入しない処理」をするんです。これに対し、固定資産税などは、「損金に算入するもの」をその名の通り「損金に算入して処理」するわけです。
ところで、別表5(2)のその他欄には、「元々損金算入のもので損金算入処理しかしようのないもの」は「損金算入のもの」として21〜24欄に書けばよいし、「元々損金不算入のもので損金不算入の処理しかしようのないもの」は「損金不算入のもの」として25〜30欄に書けばよいんですが、じゃぁ、「元々損金算入のものを法人の選択で損金不算入の処理をしたもの」は、一体全体どこに書くんじゃい、となるわけです。

(案1)「損金算入のもの」へ記入。ヘソ曲がりでない限り「マル5」に記入される筈。
(案2)「損金不算入のもの」へ記入。ヘソ曲がりでない限り「マル5」に記入される筈。
(案3)記入しない。

敢えて記入したいなら案1と思うわけですが、税務署にあらぬ誤解をされそう。こいつ、損金にし、尚且つ税額控除したんではないかと。ゆえに、案3を推奨。
なお、案1では(仮に案2としても)、普通はマル5に記入することになります。マル5って「損金経理による納付」です。気が狂いそうですねぇ、ったく。

どうでしょう、その他欄の空白部分は思い切って無視すれば・・・。もちろん、固定資産税や印紙税なぞも書きません。
(ソフトのことはよく分りませんが、多分関係ないことと想像します。)

(蛇足1)
税務署に聞くと案1か案2かいずれかでしょう。案3はないでしょう。でも、心の中では「どうでもいいや」と思っている筈です。
(蛇足2)
別表6(一)で、「6のマル2」と「6のマル3」の金額が異なる場合がありますが、そのような場合、別表5(2)その他欄の「損金不算入のもの」に「6のマル3」の金額を、「損金算入のもの」に「6のマル2」と「6のマル3」の差額を記入しておくと、税務署は安心するかもしれませんねぇ。となると、案2が正解かなぁ。いやいや、やっぱり案3にしときまひょ。

おじゃまします。
専門家のご回答が出るまでのつなぎとして・・・。

別表構成上、別表4の31欄には別表6(一)「6のマル3」の金額を記入しさえすればよく、別表4と別表5(2)とは直接のリンクはありません。
私は別表5(2)の23,24,29,30欄は記入したことがありません。この欄は、多分税務当局にとって利用価値のないものと想像します。デンと座ってる会社の上司が(部下が真面目に取り組んでる姿が目に浮かび)満足するくらいなものでしょう。

閑話休題。
源泉所得税は、固定資産税や印紙税と同じく、本性は「損金算入」となるものです。
但し、ひとり源泉所得税だけは、法人の自由選択により、税額控除の方式も採用することができます。その場合は損金に算入してはならないことは先刻ご承知でしたね。
つまり、「本来は損金算入のもの」を「損金に算入しない処理」をするんです。これに対し、固定資産税などは、「損金に算入するもの」をその名の通り「損金に算入して処理」するわけです。
ところで、別表5(2)のその他欄には、「元々損金算入のもので損金算入処理しかしようのないもの」は「損金算入のもの」として21〜24欄に書けばよいし、「元々損金不算入のもので損金不算入の処理しかしようのないもの」は「損金不算入のもの」として25〜30欄に書けばよいんですが、じゃぁ、「元々損金算入のものを法人の選択で損金不算入の処理をしたもの」は、一体全体どこに書くんじゃい、となるわけです。

(案1)「損金算入のもの」へ記入。ヘソ曲がりでない限り「マル5」に記入される筈。
(案2)「損金不算入のもの」へ記入。ヘソ曲がりでない限り「マル5」に記入される筈。
(案3)記入しない。

敢えて記入したいなら案1と思うわけですが、税務署にあらぬ誤解をされそう。こいつ、損金にし、尚且つ税額控除したんではないかと。ゆえに、案3を推奨。
なお、案1では(仮に案2としても)、普通はマル5に記入することになります。マル5って「損金経理による納付」です。気が狂いそうですねぇ、ったく。

どうでしょう、その他欄の空白部分は思い切って無視すれば・・・。もちろん、固定資産税や印紙税なぞも書きません。
(ソフトのことはよく分りませんが、多分関係ないことと想像します。)

(蛇足1)
税務署に聞くと案1か案2かいずれかでしょう。案3はないでしょう。でも、心の中では「どうでもいいや」と思っている筈です。
(蛇足2)
別表6(一)で、「6のマル2」と「6のマル3」の金額が異なる場合がありますが、そのような場合、別表5(2)その他欄の「損金不算入のもの」に「6のマル3」の金額を、「損金算入のもの」に「6のマル2」と「6のマル3」の差額を記入しておくと、税務署は安心するかもしれませんねぇ。となると、案2が正解かなぁ。いやいや、やっぱり案3にしときまひょ。

返信

2. Re: 申告書の源泉所得税

2012/04/19 21:49

koensu

すごい常連さん

編集

質問は、結局、別表5(2)には何を記入するのかと言うことでしょうか。

源泉税の税額控除額についてはikkaiさんのご回答通りで、
「別表構成上、別表4の31欄には別表6(一)「6のマル3」の金額を記入しさえすればよく、別表4と別表5(2)とは直接のリンクはありません。」


「別表5(2)は、利益積立金額の計算上控除する法人税等の税額の発生及び納付の状況並びに納税充当金の積立て又は取崩しの状況を明らかにするために使用します。」(法人税申告書記載の手引き平成23年版)
すなわち、法人税、法人住民税及び法人事業税の発生と納付が記入されます。また納税充当金の増減が記入されます。
したがって、法人税、法人住民税及び事業税以外の税金で損金算入となる税金については、仮払経理あるいは納税充当金取崩し経理以外(すなわち損金経理)では記入不要だということです。
よって、plokijさんの処理方法では別表5(2)への記入は不要です。

「法人税のソフトで、初期設定の段階で、損金不算入のものの欄に
源泉所得税と印字されている」のは、私の知る限りでは30年ほど前のTKCの法人税申告書作成システムが一番最初だったと思います。これは当時、源泉税額の控除を行なう税理士が極めて少なかったため、あえて損金不算入の欄に設定しておいて、税額控除を行なわせるように誘導する意図があったのではないかと思います。
で、これがわりと標準的な処理になってきたので、「最近の本は損金不算入のもの記入になっている」のではないでしょうか。

なお、税額控除する源泉所得税等は「法人税、住民税及び事業税」に含めるというのが、中小企業会計指針にも記載されているので、そうしたほうが良いだろうと思います。
そうした場合、PLの「法人税、住民税及び事業税」=(損金の額に算入した納税充当金)とし、源泉税も含めて納付は全て「納税充当金取り崩し納付」とすると、検算が簡単なので、私はそうしています。

質問は、結局、別表5(2)には何を記入するのかと言うことでしょうか。

源泉税の税額控除額についてはikkaiさんのご回答通りで、
「別表構成上、別表4の31欄には別表6(一)「6のマル3」の金額を記入しさえすればよく、別表4と別表5(2)とは直接のリンクはありません。」


「別表5(2)は、利益積立金額の計算上控除する法人税等の税額の発生及び納付の状況並びに納税充当金の積立て又は取崩しの状況を明らかにするために使用します。」(法人税申告書記載の手引き平成23年版)
すなわち、法人税、法人住民税及び法人事業税の発生と納付が記入されます。また納税充当金の増減が記入されます。
したがって、法人税、法人住民税及び事業税以外の税金で損金算入となる税金については、仮払経理あるいは納税充当金取崩し経理以外(すなわち損金経理)では記入不要だということです。
よって、plokijさんの処理方法では別表5(2)への記入は不要です。

「法人税のソフトで、初期設定の段階で、損金不算入のものの欄に
源泉所得税と印字されている」のは、私の知る限りでは30年ほど前のTKCの法人税申告書作成システムが一番最初だったと思います。これは当時、源泉税額の控除を行なう税理士が極めて少なかったため、あえて損金不算入の欄に設定しておいて、税額控除を行なわせるように誘導する意図があったのではないかと思います。
で、これがわりと標準的な処理になってきたので、「最近の本は損金不算入のもの記入になっている」のではないでしょうか。

なお、税額控除する源泉所得税等は「法人税、住民税及び事業税」に含めるというのが、中小企業会計指針にも記載されているので、そうしたほうが良いだろうと思います。
そうした場合、PLの「法人税、住民税及び事業税」=(損金の額に算入した納税充当金)とし、源泉税も含めて納付は全て「納税充当金取り崩し納付」とすると、検算が簡単なので、私はそうしています。

返信

3. Re: 申告書の源泉所得税

2012/05/11 11:53

plokij

積極参加

編集

ありがとうございました。

源泉所得税は書かないことにしました。

ありがとうございました。

源泉所得税は書かないことにしました。

返信

1件〜3件 (全3件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています