•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

決算後 仕訳

質問 回答受付中

決算後 仕訳

2007/04/03 16:24

iti

おはつ

回答数:5

編集

決算を初めて迎えるにあたって、確認させてください。

決算整理伝票で、(長・短)前払費用・未払金・未払費用等に振替えますが、決算後の処理について教えてください。

これらの仕訳は、決算後戻し伝票を切りますよね。
でも費用・負債勘定の残高は繰り越せませんよね。

とゆーことは決算伝票を生かして、それに対して戻しをしなければいけないのですよね?

なんか初歩的なことなんですけど、頭がこんがらがってきたので教えてください。
よろしくお願いします。

決算を初めて迎えるにあたって、確認させてください。

決算整理伝票で、(長・短)前払費用・未払金・未払費用等に振替えますが、決算後の処理について教えてください。

これらの仕訳は、決算後戻し伝票を切りますよね。
でも費用・負債勘定の残高は繰り越せませんよね。

とゆーことは決算伝票を生かして、それに対して戻しをしなければいけないのですよね?

なんか初歩的なことなんですけど、頭がこんがらがってきたので教えてください。
よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜5件 (全5件)
| 1 |

1. Re: 決算後 仕訳

2007/04/03 17:38

keikyu

おはつ

編集

未払金などの負債は、繰り越されますよ。
未払費用は、費用とつきますが、負債ですので、繰り越されます。
同様に前払費用は、費用とつきますが、資産ですので、繰り越されます。

未払金などの負債は、繰り越されますよ。
未払費用は、費用とつきますが、負債ですので、繰り越されます。
同様に前払費用は、費用とつきますが、資産ですので、繰り越されます。

返信

2. Re: 決算後 仕訳

2007/04/03 18:03

どんどん

積極参加

編集

貸借対照表項目は繰り越されますが、損益計算書項目は繰り越されません。

>決算整理伝票で、(長・短)前払費用・未払金・未払費用等に振替えますが、決算後の処理について教えてください。
>これらの仕訳は、決算後戻し伝票を切りますよね。
でも費用・負債勘定の残高は繰り越せませんよね。

18年度に費用として支出処理したけど、実際には費用と認識するのは19年度でした、という場合は、

前払費用 100/ 修繕費 100

という仕訳になりますね。
実際に19年度に修繕が完了したら、逆の仕訳をすることで解決します。

18年度に修繕が完了したんだけど、支払はまだです、という場合、

修繕費 100/ 未払費用 100

という仕訳になります。

これは実際に19年度に支払をするときに

未払費用 100/ 現金 100

という仕訳を入れることで解決します。

19年度に入ってから、単純に逆仕訳を入れる場合と、そうではない場合がありそうですね。

中間決算時と勘違いしていますか?
単純な戻し伝票というのは、中間決算時にはよくあることだと思いますが、年度決算ではほぼないと考えていいと思います。


貸借対照表項目は繰り越されますが、損益計算書項目は繰り越されません。

>決算整理伝票で、(長・短)前払費用・未払金・未払費用等に振替えますが、決算後の処理について教えてください。
>これらの仕訳は、決算後戻し伝票を切りますよね。
でも費用・負債勘定の残高は繰り越せませんよね。

18年度に費用として支出処理したけど、実際には費用と認識するのは19年度でした、という場合は、

前払費用 100/ 修繕費 100

という仕訳になりますね。
実際に19年度に修繕が完了したら、逆の仕訳をすることで解決します。

18年度に修繕が完了したんだけど、支払はまだです、という場合、

修繕費 100/ 未払費用 100

という仕訳になります。

これは実際に19年度に支払をするときに

未払費用 100/ 現金 100

という仕訳を入れることで解決します。

19年度に入ってから、単純に逆仕訳を入れる場合と、そうではない場合がありそうですね。

中間決算時と勘違いしていますか?
単純な戻し伝票というのは、中間決算時にはよくあることだと思いますが、年度決算ではほぼないと考えていいと思います。


返信

3. Re: 決算後 仕訳

2007/04/03 21:30

iti

おはつ

編集

keikyuさん、dondonさんコメントありがとうございました。

戻し伝票と書いてしまいましたが、逆仕訳のことです。すみません。

前払費用は資産なので繰越され、逆伝を入れればいいだけですね。混乱していてうっかりしてました。

しかし、未払費用(負債)は繰越されず、19年度からは残高が0円になってしまいます。

>19年度に入ってから、単純に逆仕訳を入れる場合と、そうではない場合がありそうですね。
はい、そうなんです。

勘定奉行を使用していますが、未払金・未払費用 は繰越されないので
dondonさんの例で言うと19年4月1日(3月決算)に

修繕費 100/ 未払費用 100

この伝票をいれ、

19年に実際支払うときに

未払費用 100/ 現金 100

この伝票をいれる・・
ということになりますか?

keikyuさん、dondonさんコメントありがとうございました。

戻し伝票と書いてしまいましたが、逆仕訳のことです。すみません。

前払費用は資産なので繰越され、逆伝を入れればいいだけですね。混乱していてうっかりしてました。

しかし、未払費用(負債)は繰越されず、19年度からは残高が0円になってしまいます。

>19年度に入ってから、単純に逆仕訳を入れる場合と、そうではない場合がありそうですね。
はい、そうなんです。

勘定奉行を使用していますが、未払金・未払費用 は繰越されないので
dondonさんの例で言うと19年4月1日(3月決算)に

修繕費 100/ 未払費用 100

この伝票をいれ、

19年に実際支払うときに

未払費用 100/ 現金 100

この伝票をいれる・・
ということになりますか?

返信

4. Re: 決算後 仕訳

2007/04/04 00:22

どんどん

積極参加

編集

少し整理して考えてみましょう。

前払費用、未払金、未払費用などの貸借対照表の科目は、「経過勘定」というもので、ある取引に付随して発生するけれども、結果的には「ゼロ」なる性質のものです。

一方で、費用の発生の時期が問題になります。会計上、いつ費用が発生したと考えるか。←ここ重要!これがすべての判断のポイントとなるものです。

私は修繕費を例に挙げましたが、これだと修繕が完了した時です。契約上の仕事の条件を満たしたときが費用の発生時期です。消耗品などの物品を購入したときは、基本的に納品時となります。

決算時に問題となりそうなのは、
 孱隠固度中に修繕が終わるはずだったので、18年度内に修繕費として支払ったけど、3月31日までに終わらなかった。」
◆孱隠固度中に修繕は終わったけど、お金はまだ支払っていない。」
という場合かと思います。

,両豺隋
例えば、18年12月に
修繕費 100/ 現金 100
という仕訳が入っています。
年度末になっても修繕が終わらないので、18年度の修繕費としておいてはいけません。よって、19年3月31日に
前払費用 100/ 修繕費 100
という仕訳を入れることにより、18年度中の修繕費は消去されます。
19年度になってから、例えば5月20日に修繕が完了したならば、その時に
修繕費 100/ 前払費用 100
という仕訳を入れるのが原則でしょう。何が何でも4月1日に逆仕訳を入れる、というのはお薦めしません。

△両豺隋
18年度中に修繕が完了したのですから、18年度中に費用計上しなければなりません。例えば19年2月に修繕完了したら、
修繕費 100/ 未払費用 100
という仕訳を入れます。
このまま年度を越して、19年4月末にお金を支払う場合、その時に
未払費用 100/ 現金 100
とすれば、事足ります。

,皚△癲⊆敲貸方で重複する部分を消去すると、経過勘定はすべてなくなり、借方で修繕費 100 と 貸方で現金100が残ります。
修繕費が計上された年度は、,19年度、△18年度であることも確認できます。

・・・以上が原則的な会計処理だと考えますが・・・

勘定奉行だと経過勘定は繰り越されないのでしょうか・・・?
勘定奉行には詳しくないので申し訳ありませんが、itiさんの言う

>19年4月1日(3月決算)に
>修繕費 100/ 未払費用 100
>この伝票をいれ、
>19年に実際支払うときに
>未払費用 100/ 現金 100
>この伝票をいれる・・ということになりますか?

この部分が理解できません。ここだけだと、18年度中に計上した修繕費が19年度にも発生していることとなりますので。

勘定奉行に詳しい方のレスを待ちたいと思います。

少し整理して考えてみましょう。

前払費用、未払金、未払費用などの貸借対照表の科目は、「経過勘定」というもので、ある取引に付随して発生するけれども、結果的には「ゼロ」なる性質のものです。

一方で、費用の発生の時期が問題になります。会計上、いつ費用が発生したと考えるか。←ここ重要!これがすべての判断のポイントとなるものです。

私は修繕費を例に挙げましたが、これだと修繕が完了した時です。契約上の仕事の条件を満たしたときが費用の発生時期です。消耗品などの物品を購入したときは、基本的に納品時となります。

決算時に問題となりそうなのは、
 孱隠固度中に修繕が終わるはずだったので、18年度内に修繕費として支払ったけど、3月31日までに終わらなかった。」
◆孱隠固度中に修繕は終わったけど、お金はまだ支払っていない。」
という場合かと思います。

,両豺隋
例えば、18年12月に
修繕費 100/ 現金 100
という仕訳が入っています。
年度末になっても修繕が終わらないので、18年度の修繕費としておいてはいけません。よって、19年3月31日に
前払費用 100/ 修繕費 100
という仕訳を入れることにより、18年度中の修繕費は消去されます。
19年度になってから、例えば5月20日に修繕が完了したならば、その時に
修繕費 100/ 前払費用 100
という仕訳を入れるのが原則でしょう。何が何でも4月1日に逆仕訳を入れる、というのはお薦めしません。

△両豺隋
18年度中に修繕が完了したのですから、18年度中に費用計上しなければなりません。例えば19年2月に修繕完了したら、
修繕費 100/ 未払費用 100
という仕訳を入れます。
このまま年度を越して、19年4月末にお金を支払う場合、その時に
未払費用 100/ 現金 100
とすれば、事足ります。

,皚△癲⊆敲貸方で重複する部分を消去すると、経過勘定はすべてなくなり、借方で修繕費 100 と 貸方で現金100が残ります。
修繕費が計上された年度は、,19年度、△18年度であることも確認できます。

・・・以上が原則的な会計処理だと考えますが・・・

勘定奉行だと経過勘定は繰り越されないのでしょうか・・・?
勘定奉行には詳しくないので申し訳ありませんが、itiさんの言う

>19年4月1日(3月決算)に
>修繕費 100/ 未払費用 100
>この伝票をいれ、
>19年に実際支払うときに
未払費用 100/ 現金 100
>この伝票をいれる・・ということになりますか?

この部分が理解できません。ここだけだと、18年度中に計上した修繕費が19年度にも発生していることとなりますので。

勘定奉行に詳しい方のレスを待ちたいと思います。

返信

5. Re: 決算後 仕訳

2007/04/05 13:03

maikero

すごい常連さん

編集

勘定奉行21Ver.兄藩兌圓任后
使いこなしていませんが…

未払金・未払費用は流動負債なので繰越されます。
18年度の貸借対照表には流動負債に載ってますよね?

ひとつ思いついたんですが、
勘定奉行で19年度を作った時を基準にします。
1.それ以降に18年度で決算仕訳(未払の計上など)
 を入力しましたか?
2.その後「繰越残高調整」をして後から入力した仕訳を
 19年度に反映させましたか?

これをしなければ後から入力したものは繰越されません。

勘定奉行21Ver.兄藩兌圓任后
使いこなしていませんが…

未払金・未払費用は流動負債なので繰越されます。
18年度の貸借対照表には流動負債に載ってますよね?

ひとつ思いついたんですが、
勘定奉行で19年度を作った時を基準にします。
1.それ以降に18年度で決算仕訳(未払の計上など)
 を入力しましたか?
2.その後「繰越残高調整」をして後から入力した仕訳
 19年度に反映させましたか?

これをしなければ後から入力したものは繰越されません。

返信

1件〜5件 (全5件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています