mimimi

おはつ

回答数:4

編集

講義をするために福岡へ従業員を出張させるのですが、実際に掛かった旅費経費と売上とで相殺してほしいと言われました。
講義先へは実費費用の金額に関係なく一律で200,000円(別税)を請求できることになってます。
これらの費用を相殺させるために、以下のような仕訳を転記しようと思っているのですが問題ありまか?
従業員が会社へ経費精算申請をした時
借方
交通費 100,000
宿泊費 40,000
日当 10,000
貸方
現金 150,000

講義先へ講義料として請求書を発行した時
借方
売掛金 216,000
貸方
売上 200,000
仮受け消費税 16,000

経費と売上を相殺
借方
売上 150,000
貸方
交通費 100,000
宿泊費 40,000
日当 10,000

もし、上記の仕訳が問題ないようなら請求書を発行した時と相殺するときの仕訳を纏めても大丈夫でしょうか?
借方
売掛金 216,000
貸方
交通費 100,000
宿泊費 40,000
日当 10,000
売上 50,000
仮受け消費税 16,000

経理初心者なもので、お門違いな質問をしていたらお恥ずかしい限りですが、
仕訳で困っているので、お力添え頂ければ幸いです。