•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

電脳名刺で名刺無料キャンペーン行っています

法人税別表五(二)の納税充当金について

質問 回答受付中

法人税別表五(二)の納税充当金について

2013/07/01 22:25

maximum

ちょい参加

回答数:7

編集

お疲れ様です。
いつもこの掲示板で勉強させてもらっています。

現在、法人税別表の書き方を勉強しています。
そこで、分からないことがありましたので、
教えて頂けたらと思いまして、投稿しました。

別表五(二)32(損金経理をした納税充当金)と33(任意の繰入額)に金額を入力したら、その33に入力した金額分だけ、別表四と別表五(一)の差異金額になっています。

32は別表四(5)へ転記されて、33は別表五(一)27に転記しています。33が別表四に反映されていないので差異になっているように思います。
何かの資料で、別表四に反映させないとあったので、別表五(一)27△覇嘘曚鯑力してみたところ、差異はなくなったのですが、別表五(一)と(二)で期末納税充当金が合わなくなりました。。。

何か入力の仕方が間違えているように思うのですが、、、
皆様のお知恵を教えて頂けたらと思います。

よろしくお願いします。

お疲れ様です。
いつもこの掲示板で勉強させてもらっています。

現在、法人税別表の書き方を勉強しています。
そこで、分からないことがありましたので、
教えて頂けたらと思いまして、投稿しました。

別表五(二)32(損金経理をした納税充当金)と33(任意の繰入額)に金額を入力したら、その33に入力した金額分だけ、別表四と別表五(一)の差異金額になっています。

32は別表四(5)へ転記されて、33は別表五(一)27に転記しています。33が別表四に反映されていないので差異になっているように思います。
何かの資料で、別表四に反映させないとあったので、別表五(一)27△覇嘘曚鯑力してみたところ、差異はなくなったのですが、別表五(一)と(二)で期末納税充当金が合わなくなりました。。。

何か入力の仕方が間違えているように思うのですが、、、
皆様のお知恵を教えて頂けたらと思います。

よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜7件 (全7件)
| 1 |

1. Re: 法人税別表五(二)の納税充当金について

2013/07/03 09:51

ikkai

積極参加

編集

おじゃまします。参加させてください。

>33(任意の繰入額)に金額を入力したら、

現実にどのような仕訳をされたのでしょうか。これに関連する会計仕訳を教えてください。

おじゃまします。参加させてください。

>33(任意の繰入額)に金額を入力したら、

現実にどのような仕訳をされたのでしょうか。これに関連する会計仕訳を教えてください。

返信

2. Re: 法人税別表五(二)の納税充当金について

2013/07/18 22:44

ikkai

積極参加

編集

単なる受験生かな?

単なる受験生かな?

返信

3. Re: 法人税別表五(二)の納税充当金について

2013/08/29 18:40

maximum

ちょい参加

編集

ikkai様

せっかく御連絡を頂いていたのに、返信をしていなくて申し訳ございません。色々と有りまして、手についていませんでした。

今更ながらですが、仕訳を確認しましたので、
もし、宜しければ、アドバイスを頂ければと思います。

入力した金額は、前期法人税の還付分になります。
 ヾ塢佞あったので、
   (借方)現預金 /(貸方)未払法人税等
 還付金を法人税に振替たので、
   (借方)未払法人税等 /(貸方)法人税等

で、△了徒の金額を、別表五(二)33に、マイナス金額で入力しました。

別表四でも調整が必要なのかなとも考えています。

何卒、よろしくお願い致します。

ikkai様

せっかく御連絡を頂いていたのに、返信をしていなくて申し訳ございません。色々と有りまして、手についていませんでした。

今更ながらですが、仕訳を確認しましたので、
もし、宜しければ、アドバイスを頂ければと思います。

入力した金額は、前期法人税の還付分になります。
 ヾ塢佞あったので、
   (借方)現預金 /(貸方)未払法人税
 還付金を法人税に振替たので、
   (借方)未払法人税等 /(貸方)法人税

で、△仕訳の金額を、別表五(二)33に、マイナス金額で入力しました。

別表四でも調整が必要なのかなとも考えています。

何卒、よろしくお願い致します。

返信

4. Re: 法人税別表五(二)の納税充当金について

2013/08/30 15:45

ikkai

積極参加

編集

検算式が合わないという状況がよくわからないので、再度質問させてください。

(1)前期末には、本件還付にかかわる仕訳は何もしていないのでしょうか。

(2)当期の別表5(1)の期首現在利益積立金のところに、「未収還付法人税」、「仮払法人税」などの項目はありませんか。

(3)△了徒の金額を別表五(二)33にマイナス金額で入力した、ということですが、では、,了徒の金額は、別表五(二)のどこへ反映されているのでしょうか。

(4)本件還付に関し、別表4にはどの欄に還付額を記載したのですか。そして、その金額を別表5(1)のどの箇所に転記したのですか。


(追記)
あるいは、見方を変えて、´△了徒は、結局
(借方)現預金 /(貸方)法人税等
と同じなので、納税充当金を表に出さないで別表4、別表5(1)を作成してみてはどうでしょうか。

検算式が合わないという状況がよくわからないので、再度質問させてください。

(1)前期末には、本件還付にかかわる仕訳は何もしていないのでしょうか。

(2)当期の別表5(1)の期首現在利益積立金のところに、「未収還付法人税」、「仮払法人税」などの項目はありませんか。

(3)△仕訳の金額を別表五(二)33にマイナス金額で入力した、ということですが、では、,仕訳の金額は、別表五(二)のどこへ反映されているのでしょうか。

(4)本件還付に関し、別表4にはどの欄に還付額を記載したのですか。そして、その金額を別表5(1)のどの箇所に転記したのですか。


(追記)
あるいは、見方を変えて、´△仕訳は、結局
(借方)現預金 /(貸方)法人税
と同じなので、納税充当金を表に出さないで別表4、別表5(1)を作成してみてはどうでしょうか。

返信

5. Re: 法人税別表五(二)の納税充当金について

2013/09/07 11:56

maximum

ちょい参加

編集

ikkai様

返信頂きまして、ありがとうございました。

追加の質問について、ご連絡します。
検算式が合わないというのは、EXCELで作られた法人税別表の検算とあっていないというものです。
それが正しいと思っていましたが、こうしてやり取りをさせてもらって、考え方が違うのかな?と思っています。

(1)前期末には、仕訳はしていません。
(2)別表5(1)に作成していません。
(3),了徒の金額は、当期純利益で調整していました。
(4)利益で調整していたので、別表四に記載はありません。

今回、色々な方に話を聞いて、ikkai様と同じような回答もありました。結局、別表四、五に載せず、利益で調整するという考えが違ったと思います。
今後は、追記にある考えでいくか、別表に記載するかは、上司や先生等と相談したいと思います。

ありがとうございました。

ikkai様

返信頂きまして、ありがとうございました。

追加の質問について、ご連絡します。
検算式が合わないというのは、EXCELで作られた法人税別表の検算とあっていないというものです。
それが正しいと思っていましたが、こうしてやり取りをさせてもらって、考え方が違うのかな?と思っています。

(1)前期末には、仕訳はしていません。
(2)別表5(1)に作成していません。
(3),了徒の金額は、当期純利益で調整していました。
(4)利益で調整していたので、別表四に記載はありません。

今回、色々な方に話を聞いて、ikkai様と同じような回答もありました。結局、別表四、五に載せず、利益で調整するという考えが違ったと思います。
今後は、追記にある考えでいくか、別表に記載するかは、上司や先生等と相談したいと思います。

ありがとうございました。

返信

6. Re: 法人税別表五(二)の納税充当金について

2013/09/07 21:25

ikkai

積極参加

編集

せっかくですので、"雑音"を入れておきます。
すこしでもお役に立てば幸いかと(毒にならないように祈念します)。

(1)前期末には、仕訳はしていません。
(2)別表5(1)に作成していません。

上記前提であれば、私なら下記のように作成します。
但し、話を単純化するために、当期の取引(仕訳)は、法人税の還付(仮に、金額=100)のみだったと仮定します。また、科目等の名称は、厳密性に欠けている部分があるかもしれませんが無視してください。

■P/L
・税前純利益=0
・還付法人税=△100
------------------------
・当期純利益=+100

となりますね。

■別表4
・1欄(当期利益)=100(加算留保)
・18欄(法人税等の還付金額)=100(減算留保)
当期の課税所得は当然0のままとなっており、辻褄は合っています。

■別表5(1)
・適当な空欄に「未収還付法人税」などと書き、その(増加)=100・・・・・(A)
・同上欄の◆文詐)=100・・・・・(B)
・26欄(繰越損益金)の(増加)=100・・・・・(C)
・因みに27欄(納税充当金)=記入するものは何もない
なお、(B)と(C)は別表4からの転記によるものですが、(A)は別表4には関わりなく直接記入します。
((A)と(B)は相殺されますので、期末利益積立金は結局(C)の分100だけ増加し、辻褄が合います)

■別表5(2)
・何も記入しない。

(参考1)
別表の書き方にはいろんなバリエーションがあり、唯一無二のものではありません。
実務上は、要は、別表1で納税額が間違っていないこと、別表5(1)の期末利益積立金の額が間違っていないこと、をクリアできていれば問題はないと思います。
それと、本件、税金還付が分かった時点で前期申告書を修正するのが本筋かも知れません。この場合、別表4や別表5(1)も変わってきて、本例では、前期末時点ですでに利益積立金が100増加していたことになります(この場合は、勿論当期に利益積立金がさらに100増加する訳ではありません)。

(参考2)
還付された中に事業税が含まれている場合は、課税所得が発生し、別表4、5(1)にはさらに付け加える箇所が発生するなど、若干ややこしくなります。

(参考3)
別表4及び別表5(1)は、その構造の本質を理解しない限り、断片的な知識だけでは問題を解くことは出来ません。
  ヒント:別表4や別表5(1)は、「答」が先に分かっているのです。「答」とは、
   ・別表4:最下段の「所得金額」
   ・別表5(1):最下段・最右欄の「期末利益積立金額」
です。あとはその答えになるように、適当に加算・減算してゆけばよいのです。
(断片的な知識:例えば、「法人税は損金不算入だから別表4の加算欄に記入する」などという個別論などのことです。個別論をいくら集積しても、別表4、5(1)の構造の本質を理解しない限り、問題は解けません。世の中に、「法人税申告書の書き方」に類する参考書が無数に存在しますが、それらを読んで素人さんが別表4と5(1)の構造の本質が理解できると思われる参考書には殆どお目にかかれません。本当に分かっている人か、若しくは思考せずとも"体で覚えてしまっている"人にしか通用しない書き方なんです。みんな、個別論の振り回しなんです)

せっかくですので、"雑音"を入れておきます。
すこしでもお役に立てば幸いかと(毒にならないように祈念します)。

(1)前期末には、仕訳はしていません。
(2)別表5(1)に作成していません。

上記前提であれば、私なら下記のように作成します。
但し、話を単純化するために、当期の取引(仕訳)は、法人税の還付(仮に、金額=100)のみだったと仮定します。また、科目等の名称は、厳密性に欠けている部分があるかもしれませんが無視してください。

■P/L
・税前純利益=0
・還付法人税=△100
------------------------
当期純利益=+100

となりますね。

■別表4
・1欄(当期利益)=100(加算留保)
・18欄(法人税等の還付金額)=100(減算留保)
当期の課税所得は当然0のままとなっており、辻褄は合っています。

■別表5(1)
・適当な空欄に「未収還付法人税」などと書き、その(増加)=100・・・・・(A)
・同上欄の◆文詐)=100・・・・・(B)
・26欄(繰越損益金)の(増加)=100・・・・・(C)
・因みに27欄(納税充当金)=記入するものは何もない
なお、(B)と(C)は別表4からの転記によるものですが、(A)は別表4には関わりなく直接記入します。
((A)と(B)は相殺されますので、期末利益積立金は結局(C)の分100だけ増加し、辻褄が合います)

■別表5(2)
・何も記入しない。

(参考1)
別表の書き方にはいろんなバリエーションがあり、唯一無二のものではありません。
実務上は、要は、別表1で納税額が間違っていないこと、別表5(1)の期末利益積立金の額が間違っていないこと、をクリアできていれば問題はないと思います。
それと、本件、税金還付が分かった時点で前期申告書を修正するのが本筋かも知れません。この場合、別表4や別表5(1)も変わってきて、本例では、前期末時点ですでに利益積立金が100増加していたことになります(この場合は、勿論当期に利益積立金がさらに100増加する訳ではありません)。

(参考2)
還付された中に事業税が含まれている場合は、課税所得が発生し、別表4、5(1)にはさらに付け加える箇所が発生するなど、若干ややこしくなります。

(参考3)
別表4及び別表5(1)は、その構造の本質を理解しない限り、断片的な知識だけでは問題を解くことは出来ません。
  ヒント:別表4や別表5(1)は、「答」が先に分かっているのです。「答」とは、
   ・別表4:最下段の「所得金額」
   ・別表5(1):最下段・最右欄の「期末利益積立金額」
です。あとはその答えになるように、適当に加算・減算してゆけばよいのです。
(断片的な知識:例えば、「法人税は損金不算入だから別表4の加算欄に記入する」などという個別論などのことです。個別論をいくら集積しても、別表4、5(1)の構造の本質を理解しない限り、問題は解けません。世の中に、「法人税申告書の書き方」に類する参考書が無数に存在しますが、それらを読んで素人さんが別表4と5(1)の構造の本質が理解できると思われる参考書には殆どお目にかかれません。本当に分かっている人か、若しくは思考せずとも"体で覚えてしまっている"人にしか通用しない書き方なんです。みんな、個別論の振り回しなんです)

返信

7. Re: 法人税別表五(二)の納税充当金について

2013/09/15 16:22

maximum

ちょい参加

編集

ikkai様

色々と教えて頂きまして、ありがとうございました。

自分には、まだまだ難しい内容ですが、この件については理解が深まってきました。
ikkaiさんのコメントや、今回他の人からアドバイスを頂いたことを参考にして、勉強していきます。

また、質問をするかもしれませんが、よろしくお願いします。

ikkai様

色々と教えて頂きまして、ありがとうございました。

自分には、まだまだ難しい内容ですが、この件については理解が深まってきました。
ikkaiさんのコメントや、今回他の人からアドバイスを頂いたことを参考にして、勉強していきます。

また、質問をするかもしれませんが、よろしくお願いします。

返信

1件〜7件 (全7件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています