•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

領収書の金額

質問 回答受付中

領収書の金額

2005/08/29 15:00

nachy

おはつ

回答数:12

編集

はじめまして。経理2年目、簿記2級勉強中です。
簿記も知らないところからはじめたので、今までやってきたことの中に
間違いを見つけることが多くなりました。
立替金を100円現金で払い、あとでお客様に工事代金900円を合算して1000円の請求書を出しました。

このときの仕分けが
立替金 100/現金 100

お客様からもらった代金1000円を
現金 1000/売上 900
         立替金 100
としました。

でも、請求書の金額は
工事代金 900円
立替金  100円
合計   1000円 
なので、領収書は1000円できりました。

問題はこのあとですが・・・・・
立替金を払ったときの領収書はお客様に渡してしまっていて
つまりお客様には1000円と100円の領収書がわたっています。

もしかして、立替金を払ったときの領収書は
うちの会社で保管しなければならないものだったのでしょうか?

あるいは、工事代金分のみの領収書(900円)をきるべきだったでしょうか?

もう一年こんな調子でやってきたので、時すでに遅しでしょうが・・・
どなたか教えてください。

はじめまして。経理2年目、簿記2級勉強中です。
簿記も知らないところからはじめたので、今までやってきたことの中に
間違いを見つけることが多くなりました。
立替金を100円現金で払い、あとでお客様に工事代金900円を合算して1000円の請求書を出しました。

このときの仕分けが
立替金 100/現金 100

お客様からもらった代金1000円を
現金 1000/売上 900
         立替金 100
としました。

でも、請求書の金額は
工事代金 900円
立替金  100円
合計   1000円 
なので、領収書は1000円できりました。

問題はこのあとですが・・・・・
立替金を払ったときの領収書はお客様に渡してしまっていて
つまりお客様には1000円と100円の領収書がわたっています。

もしかして、立替金を払ったときの領収書
うちの会社で保管しなければならないものだったのでしょうか?

あるいは、工事代金分のみの領収書(900円)をきるべきだったでしょうか?

もう一年こんな調子でやってきたので、時すでに遅しでしょうが・・・
どなたか教えてください。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜12件 (全12件)
| 1 |

1. Re: 領収書の金額

2005/08/29 15:19

おはつ

編集

こんにちは
他の件で相談に乗って頂いてまして
目に付いたもので、うちの会社での処理の仕方を
書かせて頂きます。

うちでは、そのような場合
1,000円の請求書の中に、立替金100円を明記した上で
立替金を支払った時の領収書のコピーを添付しています。

領収書は、直接支払った方が出金の証憑書類として
保存しておくのが通常だと思います(保存年数7年)

…と、偉そうなことを書きましたが
私も以前、立替払いする請求書の本紙の方を、コピーと間違え
先方に送ってしまい、電話で連絡して、戻して頂いたことが…
お互い頑張りましょう〜。

こんにちは
他の件で相談に乗って頂いてまして
目に付いたもので、うちの会社での処理の仕方を
書かせて頂きます。

うちでは、そのような場合
1,000円の請求書の中に、立替金100円を明記した上で
立替金を支払った時の領収書のコピーを添付しています。

領収書は、直接支払った方が出金の証憑書類として
保存しておくのが通常だと思います(保存年数7年)

…と、偉そうなことを書きましたが
私も以前、立替払いする請求書の本紙の方を、コピーと間違え
先方に送ってしまい、電話で連絡して、戻して頂いたことが…
お互い頑張りましょう〜。

返信

2. Re: 領収書の金額

2005/08/30 09:40

nachy

おはつ

編集

ありがとうございます。

やはり、立替金の領収書を渡していたのは間違いだったんですね・・・

原本どころかコピーも残っていないのですが

これって、どうしたらいいでしょうね・・・・

立替金の支払先はわかっているのですが再発行してもらうべきでしょうか?

それが無理だとすると、この先何か弊害が出てきますか?

ありがとうございます。

やはり、立替金の領収書を渡していたのは間違いだったんですね・・・

原本どころかコピーも残っていないのですが

これって、どうしたらいいでしょうね・・・・

立替金の支払先はわかっているのですが再発行してもらうべきでしょうか?

それが無理だとすると、この先何か弊害が出てきますか?

返信

3. Re: 領収書の金額

2005/08/30 12:32

おはつ

編集

こんにちは〜

支払った時の請求書は保存してありますか?
請求書が保存してあり、銀行への振込依頼書など
出金の事実を証明出来るエビデンスが存在していれば
監査とか税務調査とかでもおそらく大丈夫かと。
(そこまで細かいところは見ないはずです)

ただ、現金で手渡し…みたいな場合だと
領収書がないと架空支払に見えなくもなく
渡してしまった領収書のコピーを
相手先にお願いした方が良いですね。
原本が戻ってくれば理想的ですけれど
時間が経ってしまっていると言い難いですよね;

支払先からの領収書は、何枚も切ると脱税になったりするので
多分、切ってはくれないと思います。

ですが、実は当社では基本的に、領収書は貰っていません。
何故かと言いますと、当社だけの言い方かもしれませんが
「差入書」というものを、支払先に送り、押印して頂いたものを
当社で保存しているのですが…何の為のものかと言いますと

\禅畚颪本当にその会社から発行されたものかを確認する為
(「差入書」には会社名、代表社名、口座番号を明記した上
社印を押してもらいます)
→例えば、小さな会社ですと、
私が会社宛に通常取引のある会社を裝い請求書を発行して
自分自身で作った架空口座に支払も出来てしまうわけで
それを防止する、というのが「差入書」の一番の理由らしいです。

∪禅畚颪函∋拱Щ慊蠧の支払をもって、金銭の授受を完了させる為
(領収書発行しなくて良いですよ、ということです)

バックデートででも、面倒で無ければ、支払先から差入書を取る
というのも一案ではありますけど、会社の経理の方針もありますしね。
そんなやり方もありますよ〜という程度に書いてみました。

ちなみに、下にうちの「差入書」の一例を貼っておきます。
御参考までに。

…………………………………………………………………………

取引代金受領に関する依頼書

1.貴社(自社のこと)より当方(支払先のこと)に支払われる御取引代金は
振込手数料差引のうえ、下記記載の預金口座へ御振込下さい。
御振込と同時に当方は、上記御取引代金を受領したものと認めます。

2.前項以外の方法にて御取引代金を受領する場合は、
下記記載の金銭領収用印鑑使用の領収証を発行致します。

3.前各項の手続による御取引代金受領のうえは、
如何なる事故が生じましても、一切当方に於て責任を負い、
貴社に対しいささかも御迷惑をおかけ致しません。

4.本書記載事項に変更のあった場合は
改めて取引代金受領に関する依頼書を提出致します。


   年   月   日(取引開始日)

株式会社○○○○(自社名) 御中

住所:(これ以下、支払先の情報になります)
商号:
郵便番号:
代表者氏名:
電話番号:
振込銀行名:
銀行取引口座名義:
預金種別:
口座番号:
金銭領収用印鑑:

(書類の内容が、支払先→自社宛、となっているので
何社からか、貴社と当社が逆なのでは?と、問合せも…
いきなり送られてもちょっと分かりませんよね、実際のところ)

こんにちは〜

支払った時の請求書は保存してありますか?
請求書が保存してあり、銀行への振込依頼書など
出金の事実を証明出来るエビデンスが存在していれば
監査とか税務調査とかでもおそらく大丈夫かと。
(そこまで細かいところは見ないはずです)

ただ、現金で手渡し…みたいな場合だと
領収書がないと架空支払に見えなくもなく
渡してしまった領収書のコピーを
相手先にお願いした方が良いですね。
原本が戻ってくれば理想的ですけれど
時間が経ってしまっていると言い難いですよね;

支払先からの領収書は、何枚も切ると脱税になったりするので
多分、切ってはくれないと思います。

ですが、実は当社では基本的に、領収書は貰っていません。
何故かと言いますと、当社だけの言い方かもしれませんが
「差入書」というものを、支払先に送り、押印して頂いたものを
当社で保存しているのですが…何の為のものかと言いますと

\禅畚颪本当にその会社から発行されたものかを確認する為
(「差入書」には会社名、代表社名、口座番号を明記した上
社印を押してもらいます)
→例えば、小さな会社ですと、
私が会社宛に通常取引のある会社を裝い請求書を発行して
自分自身で作った架空口座に支払も出来てしまうわけで
それを防止する、というのが「差入書」の一番の理由らしいです。

∪禅畚颪函∋拱Щ慊蠧の支払をもって、金銭の授受を完了させる為
領収書発行しなくて良いですよ、ということです)

バックデートででも、面倒で無ければ、支払先から差入書を取る
というのも一案ではありますけど、会社の経理の方針もありますしね。
そんなやり方もありますよ〜という程度に書いてみました。

ちなみに、下にうちの「差入書」の一例を貼っておきます。
御参考までに。

…………………………………………………………………………

取引代金受領に関する依頼書

1.貴社(自社のこと)より当方(支払先のこと)に支払われる御取引代金は
振込手数料差引のうえ、下記記載の預金口座へ御振込下さい。
御振込と同時に当方は、上記御取引代金を受領したものと認めます。

2.前項以外の方法にて御取引代金を受領する場合は、
下記記載の金銭領収用印鑑使用の領収証を発行致します。

3.前各項の手続による御取引代金受領のうえは、
如何なる事故が生じましても、一切当方に於て責任を負い、
貴社に対しいささかも御迷惑をおかけ致しません。

4.本書記載事項に変更のあった場合は
改めて取引代金受領に関する依頼書を提出致します。


   年   月   日(取引開始日)

株式会社○○○○(自社名) 御中

住所:(これ以下、支払先の情報になります)
商号:
郵便番号:
代表者氏名:
電話番号:
振込銀行名:
銀行取引口座名義:
預金種別:
口座番号:
金銭領収用印鑑:

(書類の内容が、支払先→自社宛、となっているので
何社からか、貴社と当社が逆なのでは?と、問合せも…
いきなり送られてもちょっと分かりませんよね、実際のところ)

返信

4. Re: 領収書の金額

2005/09/01 11:31

nachy

おはつ

編集

詳しい説明をありがとうございます

立替金の支払先はわかっているので
再発行を申し出たら、ちょっと難しいという言い方をされました

それで、わたしてしまったお客様に申し出て
原本を返してもらうことになりました(ホッ)
しかし、一件だけ、回収不能なところがありました・・・

その立替金は請求書というのは存在しません
その代わりになるかどうかわかりませんが
立替金というのはある行事の電気料金なんですけど
その行事の電気工事申請書類ならあります

ここに来て、もうひとつ伺いたいことがあります
請求書1000円(売上900円、立替金100円)に対し、
お客様から1000円お預りしました

その際の領収書の金額というのは900円でよいのでしょうか?
立替金100円のコピーをつけて合計1000円という考え方ですか?

それとも、1000円できって、100円の立替金のコピーを添えるのでしょうか?

詳しい説明をありがとうございます

立替金の支払先はわかっているので
再発行を申し出たら、ちょっと難しいという言い方をされました

それで、わたしてしまったお客様に申し出て
原本を返してもらうことになりました(ホッ)
しかし、一件だけ、回収不能なところがありました・・・

その立替金は請求書というのは存在しません
その代わりになるかどうかわかりませんが
立替金というのはある行事の電気料金なんですけど
その行事の電気工事申請書類ならあります

ここに来て、もうひとつ伺いたいことがあります
請求書1000円(売上900円、立替金100円)に対し、
お客様から1000円お預りしました

その際の領収書の金額というのは900円でよいのでしょうか?
立替金100円のコピーをつけて合計1000円という考え方ですか?

それとも、1000円できって、100円の立替金のコピーを添えるのでしょうか?

返信

5. Re: 領収書の金額

2005/09/01 12:54

編集

横からすみません。
一つの方法ということで記させていただきますね。

領収証の宛名によって若干変わってくると思います。

【宛名が当社の場合】
お客様へ1000円の当社発行領収証を渡すと共に、
立替金額を示す資料として、立替の領収証のコピーを渡します。
なお、このコピーは請求内訳を表しているだけなので、
お客様次第では渡さなくとも良い場合もあると思います。

【宛名がお客様の場合】
お客様へ900円の当社発行領収証と100円の立替の領収証を渡します。
当社では立替時の出金の目的を残すために、立替のコピーを保管します。

こんなところが考えつきました :-)

横からすみません。
一つの方法ということで記させていただきますね。

領収証の宛名によって若干変わってくると思います。

【宛名が当社の場合】
お客様へ1000円の当社発行領収証を渡すと共に、
立替金額を示す資料として、立替の領収証のコピーを渡します。
なお、このコピーは請求内訳を表しているだけなので、
お客様次第では渡さなくとも良い場合もあると思います。

【宛名がお客様の場合】
お客様へ900円の当社発行領収証と100円の立替の領収証を渡します。
当社では立替時の出金の目的を残すために、立替のコピーを保管します。

こんなところが考えつきました :-)

返信

6. Re: 領収書の金額

2005/09/01 13:43

nachy

おはつ

編集

>領収証の宛名によって若干変わってくると思います。

領収書の宛名は、お客様です。
当社はあくまで立て替えて払っただけで、お客様の手間を減らすために
当社で売上とともに集金する・・・というものです。

そう考えると、お客様宛ての領収書の原本をうちが保管するべきではないのでしょうか?

今、総合的に判断すると、

当社発行の領収書の金額は900円
立替金の領収書の原本100円
  をお客様へ渡し、現金1000円を受け取る・・・というのが
  わかりやすい気がしてきました。

>領収証の宛名によって若干変わってくると思います。

領収書の宛名は、お客様です。
当社はあくまで立て替えて払っただけで、お客様の手間を減らすために
当社で売上とともに集金する・・・というものです。

そう考えると、お客様宛ての領収書の原本をうちが保管するべきではないのでしょうか?

今、総合的に判断すると、

当社発行の領収書の金額は900円
立替金の領収書の原本100円
  をお客様へ渡し、現金1000円を受け取る・・・というのが
  わかりやすい気がしてきました。

返信

7. Re: 領収書の金額

2005/09/01 15:26

編集

>領収書の宛名は、お客様です。

わかりました。
そううすると、nachyさんの会社で支出した立替金は、
お客様がお金を支払ったことになりまして、
御社が買った行動さえも、お客様が行動したと捉えることになります。
従いまして、購入によって得た物もお客様の物となります。
その得た物の中には領収証も含まれます。

従いまして、1000円を請求しますが、
立替の100円については、お客様が宛名である領収証を渡すことになります。
(領収証はお客様の物ですよね♪)
残り900円につきましては御社発行の領収証を渡すことになります。

なお、これはぎちぎちな考え方ですので、
場合によっては柔軟な対応も可能かと思います。

また、先ほども書きましたがこの方法をとる場合、
立替の領収証のコピーを取っておき、
出金時の証拠として残しておいた方がよいかと思います。

>領収書の宛名は、お客様です。

わかりました。
そううすると、nachyさんの会社で支出した立替金は、
お客様がお金を支払ったことになりまして、
御社が買った行動さえも、お客様が行動したと捉えることになります。
従いまして、購入によって得た物もお客様の物となります。
その得た物の中には領収証も含まれます。

従いまして、1000円を請求しますが、
立替の100円については、お客様が宛名である領収証を渡すことになります。
(領収証はお客様の物ですよね♪)
残り900円につきましては御社発行の領収証を渡すことになります。

なお、これはぎちぎちな考え方ですので、
場合によっては柔軟な対応も可能かと思います。

また、先ほども書きましたがこの方法をとる場合、
立替の領収証のコピーを取っておき、
出金時の証拠として残しておいた方がよいかと思います。

返信

8. Re: 領収書の金額

2005/09/01 16:51

おはつ

編集

>copapa様

ご助言恐れ入ります。

実際に直面したことがないのでよく分からないのですが…
立て替えた費用だとしても、自社で支払った費用に関して
第三者の宛名にしてもらう、ということは出来るのでしょうか?

例えば、自社がA社として、B社の費用を立て替えて
C商店に支払ったとして…
もし、C商店がA社が支払った費用について
B社宛に領収書を切って、本当はA社からB社に
請求が行われなかったとしたら…B社の脱税に協力してしまった
形になってしまうのでは?と考えてしまったのですが…

そ、それはそれとして
宛名が自社でないのに、添付して請求書に明記するのも変ですね。
自社の売上に関しては、900円の領収書を出す
ということになりますね、何か混乱させてしまってすみません。。。
(1,000円の請求書に対し、900円の領収書を発行しても
良いものなのでしょうか…?)

立替払い時は
立替金 100/現金預金 100
入金された時点で
現金預金 100/立替金 100
でしょうか…?

支払う会社との間に、立て替え払いに関する契約書や覚書があったら
copapaさんの言う通りでまるきり大丈夫ですよね。
若しくは、領収書の明細に「A社様立て替え○○代」とかあれば
出金のエビデンスにもなりうるのか…ヴーん。。。
会社毎にいろいろ事情も違うので
ひとえに「こう」とか言い切れないのですよね。
もっと勉強してまいります。


>nachy様

よく聞きもしないで
本当にいろいろ混乱させてしまいすみませんでした。

>copapa様

ご助言恐れ入ります。

実際に直面したことがないのでよく分からないのですが…
立て替えた費用だとしても、自社で支払った費用に関して
第三者の宛名にしてもらう、ということは出来るのでしょうか?

例えば、自社がA社として、B社の費用を立て替えて
C商店に支払ったとして…
もし、C商店がA社が支払った費用について
B社宛に領収書を切って、本当はA社からB社に
請求が行われなかったとしたら…B社の脱税に協力してしまった
形になってしまうのでは?と考えてしまったのですが…

そ、それはそれとして
宛名が自社でないのに、添付して請求書に明記するのも変ですね。
自社の売上に関しては、900円の領収書を出す
ということになりますね、何か混乱させてしまってすみません。。。
(1,000円の請求書に対し、900円の領収書を発行しても
良いものなのでしょうか…?)

立替払い時は
立替金 100/現金預金 100
入金された時点で
現金預金 100/立替金 100
でしょうか…?

支払う会社との間に、立て替え払いに関する契約書や覚書があったら
copapaさんの言う通りでまるきり大丈夫ですよね。
若しくは、領収書の明細に「A社様立て替え○○代」とかあれば
出金のエビデンスにもなりうるのか…ヴーん。。。
会社毎にいろいろ事情も違うので
ひとえに「こう」とか言い切れないのですよね。
もっと勉強してまいります。


>nachy様

よく聞きもしないで
本当にいろいろ混乱させてしまいすみませんでした。

返信

9. Re: 領収書の金額

2005/09/01 17:29

編集

>ご助言恐れ入ります。

とんでもありません、お恥ずかしい限りです。

>立て替えた費用だとしても、自社で支払った費用に関して
>第三者の宛名にしてもらう、ということは出来るのでしょうか?

これは可能と思います。
今回のケースにおいては「代理」という制度を適用することができると思います。
簡単な例を申し上げますと、たとえば、会社で切手1枚が必要になったとしますが、
その時、買いに行く人は個人ですが、領収証の宛名は法人名で発行してもらいます。
個人も法人も人格があることから、個人が法人名で領収証を発行してもらうことは、
第三者の宛名にしてもらう、ということになると思います。
(↑は「履行補助」になりますが。。)

>請求が行われなかったとしたら…B社の脱税に協力してしまった

税務にも疎い私ですので、税務の詳しいことは判りませんが、
条件によっては「代理」より「債務引受け」として処理し、
B社に債務免除益なるものが発生することになると思われます。
これを意図的に発生させない場合は、税務上にも影響が出てくるでしょう。

>宛名が自社でないのに、添付して請求書に明記するのも変ですね。

請求書に明記する内容は、売上に関する内容とは限りませんよね。
例えば・・・家賃とあわせて敷金の請求書が取引の最初に送られてくる時がありますが、
敷金を受け取る相手は敷金を売上として計上せず、
預かり金として処理することになります。

仕訳として立替払い時は
立替金 100/現金預金 100
売上計上時に
売掛金900/売上900
入金された時点で
現金預金 1000/立替金 100
        売掛金 900
が、処理方法として考えられます。
これはお書きいただいたものと同じですね。

さておいて、makuzu様のご丁寧な書き方は見習う所が多数あります。
横入りして申し訳なく思っておりますが、ご容赦いただくと共に、
今後もmakuzu様の書き込みをお願いしたいと思いますm(_ _)m

>ご助言恐れ入ります。

とんでもありません、お恥ずかしい限りです。

>立て替えた費用だとしても、自社で支払った費用に関して
>第三者の宛名にしてもらう、ということは出来るのでしょうか?

これは可能と思います。
今回のケースにおいては「代理」という制度を適用することができると思います。
簡単な例を申し上げますと、たとえば、会社で切手1枚が必要になったとしますが、
その時、買いに行く人は個人ですが、領収証の宛名は法人名で発行してもらいます。
個人も法人も人格があることから、個人が法人名で領収証を発行してもらうことは、
第三者の宛名にしてもらう、ということになると思います。
(↑は「履行補助」になりますが。。)

>請求が行われなかったとしたら…B社の脱税に協力してしまった

税務にも疎い私ですので、税務の詳しいことは判りませんが、
条件によっては「代理」より「債務引受け」として処理し、
B社に債務免除益なるものが発生することになると思われます。
これを意図的に発生させない場合は、税務上にも影響が出てくるでしょう。

>宛名が自社でないのに、添付して請求書に明記するのも変ですね。

請求書に明記する内容は、売上に関する内容とは限りませんよね。
例えば・・・家賃とあわせて敷金の請求書が取引の最初に送られてくる時がありますが、
敷金を受け取る相手は敷金を売上として計上せず、
預かり金として処理することになります。

仕訳として立替払い時は
立替金 100/現金預金 100
売上計上時に
売掛金900/売上900
入金された時点で
現金預金 1000/立替金 100
        売掛金 900
が、処理方法として考えられます。
これはお書きいただいたものと同じですね。

さておいて、makuzu様のご丁寧な書き方は見習う所が多数あります。
横入りして申し訳なく思っておりますが、ご容赦いただくと共に、
今後もmakuzu様の書き込みをお願いしたいと思いますm(_ _)m

返信

10. Re: 領収書の金額

2005/09/02 11:04

nachy

おはつ

編集

makuzu様
kopapa様

詳しい解説をありがとうございます
何せ、一年前までは簿記の「ぼ」の字も知らないような状況でしたので
ようやく3級を6月に取得し、今2級の勉強をはじめている段階ですので
仕分けも基本的なことしかわかりません

ちなみに私が今回のような場合に行っている仕分けを全部かきますと

立替金 100/現金 100
売掛金 1000/立替金 100
        売上 900
現金 1000/売掛金 1000です

これ自体正解なのかどうかかも、よくわからなくなってきました。


請求書には立替金も合算して1000円の請求となっていますが
これも、900円のみの記載にして、立替金とは区別するほうが良いのでしょうか?

そうすれば領収書も迷うことなく900円でいいわけですよね?

makuzu様
kopapa様

詳しい解説をありがとうございます
何せ、一年前までは簿記の「ぼ」の字も知らないような状況でしたので
ようやく3級を6月に取得し、今2級の勉強をはじめている段階ですので
仕分けも基本的なことしかわかりません

ちなみに私が今回のような場合に行っている仕分けを全部かきますと

立替金 100/現金 100
売掛金 1000/立替金 100
        売上 900
現金 1000/売掛金 1000です

これ自体正解なのかどうかかも、よくわからなくなってきました。


請求書には立替金も合算して1000円の請求となっていますが
これも、900円のみの記載にして、立替金とは区別するほうが良いのでしょうか?

そうすれば領収書も迷うことなく900円でいいわけですよね?

返信

11. Re: 領収書の金額

2005/09/02 13:04

編集

>立替金 100/現金 100
>売掛金 1000/立替金 100
>         売上 900
>現金 1000/売掛金 1000です
>これ自体正解なのかどうかかも、よくわからなくなってきました。

迷わせてしまい申し訳なく思っております。
上記仕訳については、厳密に書きますと、
立替金を売掛金への振替はいたしません。
売掛金は売上関連の未回収を表す科目ですので、
その構成は売上や消費税が主な内容となります。

仮に反対事例の場合を書きますと、
お客様から先にお金を預かった時は、
預り金勘定で処理しますよね。
買掛金では処理しないはずです。
↓も参考にされてみてくださいね。
http://www.otasuke.ne.jp/modules/xwords/entry.php?entryID=51

但し、最初に「厳密に」と書きましたように、
nachyさんの仕訳も利益額には影響しませんので、
利益額が合えばOKとされるならば、お書きの処理でも可能かと思われます。

>請求書には立替金も合算して1000円の請求となっていますが
>これも、900円のみの記載にして、立替金とは区別するほうが良いのでしょうか?

請求書の合計額と売掛金の額を一致させる必要はなく、
請求書に含まれる売掛金部分や立替部分などの合計を請求合計と一致させます。
なので、請求書の書き方を例えば、
○○作業900円
△△費立替100円
請求合計1000円
とすることにより、売掛金900円と立替金100円として計上できると思います。

>そうすれば領収書も迷うことなく900円でいいわけですよね?

上記のような請求書であれば、御社発行の領収書900円と立替100円の領収証を渡し、
1000円を受領したことが明確になるかと思います。

>立替金 100/現金 100
>売掛金 1000/立替金 100
>         売上 900
>現金 1000/売掛金 1000です
>これ自体正解なのかどうかかも、よくわからなくなってきました。

迷わせてしまい申し訳なく思っております。
上記仕訳については、厳密に書きますと、
立替金売掛金への振替はいたしません。
売掛金は売上関連の未回収を表す科目ですので、
その構成は売上や消費税が主な内容となります。

仮に反対事例の場合を書きますと、
お客様から先にお金を預かった時は、
預り金勘定で処理しますよね。
買掛金では処理しないはずです。
↓も参考にされてみてくださいね。
http://www.otasuke.ne.jp/modules/xwords/entry.php?entryID=51

但し、最初に「厳密に」と書きましたように、
nachyさんの仕訳も利益額には影響しませんので、
利益額が合えばOKとされるならば、お書きの処理でも可能かと思われます。

>請求書には立替金も合算して1000円の請求となっていますが
>これも、900円のみの記載にして、立替金とは区別するほうが良いのでしょうか?

請求書の合計額と売掛金の額を一致させる必要はなく、
請求書に含まれる売掛金部分や立替部分などの合計を請求合計と一致させます。
なので、請求書の書き方を例えば、
○○作業900円
△△費立替100円
請求合計1000円
とすることにより、売掛金900円と立替金100円として計上できると思います。

>そうすれば領収書も迷うことなく900円でいいわけですよね?

上記のような請求書であれば、御社発行の領収書900円と立替100円の領収証を渡し、
1000円を受領したことが明確になるかと思います。

返信

12. Re: 領収書の金額

2005/09/02 15:04

nachy

おはつ

編集

昨年一年間処理してきたものは仕方ないとして

これからは立替金と、売上は区別するようにします

すこしずつ霧が晴れたように思います

ありがとうございました!

昨年一年間処理してきたものは仕方ないとして

これからは立替金と、売上は区別するようにします

すこしずつ霧が晴れたように思います

ありがとうございました!

返信

1件〜12件 (全12件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています