•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

相続の財産について

質問 回答受付中

相続の財産について

2007/08/01 17:49

predator

常連さん

回答数:6

編集

いつもお世話になってます。

相続財産になるかどうかで迷っています。
出資金があったのですが、これは相続財産になるでしょうか?また、その出資金を払い戻したときに配当金が入金されたのですが、これも財産になるでしょうか?

いつもお世話になってます。

相続財産になるかどうかで迷っています。
出資金があったのですが、これは相続財産になるでしょうか?また、その出資金を払い戻したときに配当金が入金されたのですが、これも財産になるでしょうか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: 相続の財産について

2007/08/01 18:00

dasrecht

さらにすごい常連さん

編集

なぜ迷われているのか不明なので断定は避けますが、普通は当然相続財産に含まれると思います。

なぜ迷われているのか不明なので断定は避けますが、普通は当然相続財産に含まれると思います。

返信

2. Re: 相続の財産について

2007/08/02 13:00

predator

常連さん

編集

dasrechtさん、御返事ありがとうございます。

なぜと言われると、単純に分からなかったので聞いてみたしだいです。ちなみに、配当金は税金が引かれているのですが、これは引かれる前の金額が財産の額になるんでしょうか?このときの税金は後で控除とか出来るのでしょうか?質問ばかりですいませんが、宜しく御願いします。

dasrechtさん、御返事ありがとうございます。

なぜと言われると、単純に分からなかったので聞いてみたしだいです。ちなみに、配当金は税金が引かれているのですが、これは引かれる前の金額が財産の額になるんでしょうか?このときの税金は後で控除とか出来るのでしょうか?質問ばかりですいませんが、宜しく御願いします。

返信

3. Re: 相続の財産について

2007/08/02 13:33

dasrecht

さらにすごい常連さん

編集

果実は原則として相続開始時までの期間に対応するものの手取り分が相続財産となります。
相続開始後の分は相続人の所得です。

果実は原則として相続開始時までの期間に対応するものの手取り分が相続財産となります。
相続開始後の分は相続人の所得です。

返信

4. Re: 相続の財産について

2007/08/02 13:48

ぱぱみっつー

常連さん

編集

横から補足しますね。
まず「出資金」ですが、一口に「出資金」といっても持分会社の「出資金」(旧合名・合資会社の出資金)、や一部の組合の出資金などは「持分の定めがある」出資金ですので、取引相場の無い株式(上場していない同族会社等)に準じて評価しますので、「額面」ではありません。(額面自身ないのもありますが)
一方「信用金庫」や「農協」などは「額面(払込額)」で評価してかまわないようです。

それと「配当」ですが、「出資金」に対する「配当」ですね(たまに漁協とかで「事業分量配当」ってのもありますので・・)
だとしたら、その配当の基準日(通常は直近の決算日だと思います)と配当の確定日(総代会なんかの日だと思います)を調べて、死亡の日が基準日以前なら、相続財産から外れます。
死亡の日が確定日以降ならもらった配当から源泉を控除した額を「未収金(配当)」として相続財産に加算です。
そしてその中間(基準日以降確定日前)の時は「配当期待権」というまた別個の財産になります。
金額的に実際もらう配当と違ってくる可能性もありますので専門家にお尋ね下さい。

dasrechtさん、またでしゃばってすいません。
私が素人だったら、「果実」(=利息配当) とか「相続開始」(=死亡日)ということをおそらく理解できないとおもいましたので・・・

それと「出資金」と俗称しているものの中には返ってこないのが前提となっているのも世の中には多いですから・・・

横から補足しますね。
まず「出資金」ですが、一口に「出資金」といっても持分会社の「出資金」(旧合名・合資会社の出資金)、や一部の組合の出資金などは「持分の定めがある」出資金ですので、取引相場の無い株式(上場していない同族会社等)に準じて評価しますので、「額面」ではありません。(額面自身ないのもありますが)
一方「信用金庫」や「農協」などは「額面(払込額)」で評価してかまわないようです。

それと「配当」ですが、「出資金」に対する「配当」ですね(たまに漁協とかで「事業分量配当」ってのもありますので・・)
だとしたら、その配当の基準日(通常は直近の決算日だと思います)と配当の確定日(総代会なんかの日だと思います)を調べて、死亡の日が基準日以前なら、相続財産から外れます。
死亡の日が確定日以降ならもらった配当から源泉を控除した額を「未収金配当)」として相続財産に加算です。
そしてその中間(基準日以降確定日前)の時は「配当期待権」というまた別個の財産になります。
金額的に実際もらう配当と違ってくる可能性もありますので専門家にお尋ね下さい。

dasrechtさん、またでしゃばってすいません。
私が素人だったら、「果実」(=利息配当) とか「相続開始」(=死亡日)ということをおそらく理解できないとおもいましたので・・・

それと「出資金」と俗称しているものの中には返ってこないのが前提となっているのも世の中には多いですから・・・

返信

5. Re: 相続の財産について

2007/08/02 14:01

dasrecht

さらにすごい常連さん

編集

papamituさん、どうもです。(^_^)

papamituさん、どうもです。(^_^)

返信

6. Re: 相続の財産について

2007/08/02 17:33

predator

常連さん

編集

dasrechtさん、papamituさん、御返事ありがとうございます。

配当金は入金された額を財産にすればいいんですね。出資金の評価が必要かどうかは調べてみたいと思います。
ありがとうございました。

dasrechtさん、papamituさん、御返事ありがとうございます。

配当金は入金された額を財産にすればいいんですね。出資金の評価が必要かどうかは調べてみたいと思います。
ありがとうございました。

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています