•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

還付金の科目と算出方法について

質問 回答受付中

還付金の科目と算出方法について

2008/06/10 15:52

namihei

おはつ

回答数:5

編集

経理超初心者です。
現在、決算書類の作成中です。
かなり初歩的なことなのかもしれませんが、どなたか教えて下さい。

現在、設立して2度目の決算期を迎えています。
昨年が初めての決算だったのですが、まるでわからなかったので税理士さんに決算書類作成だけお願いしました。

その後、平成19年7月に2つの還付金が振り込まれました。
決算書を見る限り、いずれも預貯金の利子に関して発生した、控除や還付を受ける所得税額・利子割額とのことのようです。どちらも少額です。
どう仕分けしていいのかわからなかったので、とりあえず雑収入にしておきましたが、決算期にあたり、やはり雑収入ではいけないような気がしています。
科目は何が適切なのでしょうか?

いずれの額も、昨年の決算期に決算書類上に出現しているので、税理士さんが計算して算出したもの?のように見えるのですが、その計算方法も分からず、困っています。
総勘定元帳の中には、この額はどこにも出てこないようです。

今年は税理士さんに依頼せずに自分で決算書類の作成に着手しているのですが、この還付金の額の科目と算出の方法がわからず、つまづいてしまいました。
下手な説明ですみません。もし、わかる方がいらっしゃったら、教えて下さい。また、根本的な間違いがあればご指摘お願いします。

経理超初心者です。
現在、決算書類の作成中です。
かなり初歩的なことなのかもしれませんが、どなたか教えて下さい。

現在、設立して2度目の決算期を迎えています。
昨年が初めての決算だったのですが、まるでわからなかったので税理士さんに決算書類作成だけお願いしました。

その後、平成19年7月に2つの還付金が振り込まれました。
決算書を見る限り、いずれも預貯金の利子に関して発生した、控除や還付を受ける所得税額・利子割額とのことのようです。どちらも少額です。
どう仕分けしていいのかわからなかったので、とりあえず雑収入にしておきましたが、決算期にあたり、やはり雑収入ではいけないような気がしています。
科目は何が適切なのでしょうか?

いずれの額も、昨年の決算期に決算書類上に出現しているので、税理士さんが計算して算出したもの?のように見えるのですが、その計算方法も分からず、困っています。
総勘定元帳の中には、この額はどこにも出てこないようです。

今年は税理士さんに依頼せずに自分で決算書類の作成に着手しているのですが、この還付金の額の科目と算出の方法がわからず、つまづいてしまいました。
下手な説明ですみません。もし、わかる方がいらっしゃったら、教えて下さい。また、根本的な間違いがあればご指摘お願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜5件 (全5件)
| 1 |

1. Re: 還付金の科目と算出方法について

2008/06/11 15:07

ast10

おはつ

編集

こんにちは。
私も昨年経験したところですので、その時に調べたものを以下に書きます。参考になれば幸いです。

1.計算方法について
 普通預金の利息は、15%の所得税と5%の地方税を差引かれて口座に振り込まれています。
 所得税とは個人の所得にかかるものですが、金融機関は個人法人の別なく源泉徴収しています。法人ではこれを法人税の前払いと捉え、法人税から控除することができますので、決算で赤字になった場合は還付申告をすることでこれらの金額を受け取ることができるわけです。

 税額を計算するのであれば、利息の入金額をその入金ごとに割り戻して算出する必要があります。

 例)160円の入金であれば
     160円 ÷ 80% = 200円

 受取利息 200円
 所得税(−)30円
 地方税(−)10円
 差引   160円ですね。

 大抵年に2回利息は受け取っているかと思いますので、ご注意ください。

2.仕訳について
 雑収入のままで大丈夫です。

 ただ、これは前期に引かれた税金が還付されてきたものですので、二重課税防止の観点から税務上は益金不算入となり、別表四で減算することになります。

こんにちは。
私も昨年経験したところですので、その時に調べたものを以下に書きます。参考になれば幸いです。

1.計算方法について
 普通預金の利息は、15%の所得税と5%の地方税を差引かれて口座に振り込まれています。
 所得税とは個人の所得にかかるものですが、金融機関は個人法人の別なく源泉徴収しています。法人ではこれを法人税の前払いと捉え、法人税から控除することができますので、決算で赤字になった場合は還付申告をすることでこれらの金額を受け取ることができるわけです。

 税額を計算するのであれば、利息の入金額をその入金ごとに割り戻して算出する必要があります。

 例)160円の入金であれば
     160円 ÷ 80% = 200円

 受取利息 200円
 所得税(−)30円
 地方税(−)10円
 差引   160円ですね。

 大抵年に2回利息は受け取っているかと思いますので、ご注意ください。

2.仕訳について
 雑収入のままで大丈夫です。

 ただ、これは前期に引かれた税金が還付されてきたものですので、二重課税防止の観点から税務上は益金不算入となり、別表四で減算することになります。

返信

2. Re: 還付金の科目と算出方法について

2008/06/11 16:30

yukim729

さらにすごい常連さん

編集

「いずれの額も、昨年の決算期に決算書類上に出現している」
と言う事は、「未収還付税」あたりで貸借対照表に計上されていると言う事でしょうか?
もしそうなら、そしてこのように金額が一致する項目を発見できたと言う事で還付加算金がなかったのであれば、入金時の仕訳は
預金/未収還付税
となります。
損益に関係ありませんから申告調整は不要です。

「いずれの額も、昨年の決算期に決算書類上に出現している」
と言う事は、「未収還付税」あたりで貸借対照表に計上されていると言う事でしょうか?
もしそうなら、そしてこのように金額が一致する項目を発見できたと言う事で還付加算金がなかったのであれば、入金時の仕訳
預金/未収還付税
となります。
損益に関係ありませんから申告調整は不要です。

返信

3. Re: 還付金の科目と算出方法について

2008/06/11 23:26

namihei

おはつ

編集

ast10さん、yukim729さん、ありがとうございます。

教えていただいたことを頼りに、いろいろ見直してみました。
以下に整理してみます。

問題の還付税額は、
・去年赤字になったために、還付申告されたものです。
・税理士さんにお願いした総勘定元帳には、全く出てきていません。
「租税公課」や「未収還付税」あるいは「仮払金」等としての可能性も探しましたが、
やはり記入漏れのようです。

・「貸借対照表」「損益計算書」には出てきません。
どの数字にもこの額は含まれていないようです。

・別表四「損金の額に算入した道府県民税利子割額」では加算されています。
・同じく別表四「法人税額から控除される所得税額」にも記載があります。

まず大前提として、総勘定元帳の中に、この税金額に関する仕訳がない、
というのがおかしいんですよね…。
だから今期に入って還付されたものがうまく仕訳できずに、
雑収入とかで処理するしかなくなってしまう。
本来、仮払金か未収還付税かなんかで出てくるべきなんですよね。
今期からは自分で作成するので、そうしようと思います。

次に、ast10さんに教えていただいた計算方法に従って計算してみましたが、
税理士さんの算出している数字が、これまた合わないんです。
この税理士さんの計算方式、ast10さんに教えていただいた計算方式となんだか違うんです。
ムリヤリこの税理士さんの算出した額に合わせようとして、
数字をひねくり回せば、合わせる事は可能なのですが、
あまりにスマートじゃない計算方法なので、
やっぱり今年からはast10さんに教えていただいた計算方式で計算しようと思います。

銀行に、「いくらの利息をウチにくれたんですか?」ってストレートに聞いてみたいところです。
この額がわかれば、たぶん税理士さんの計算違いって事も判明するような気がしています…。

とりあえず、この還付金に関しては、今期の決算書では雑収入にして別表四で減算、
がいいのかなぁ、と思っています。
今期振り込まれた銀行利息に関しては、ast10さん、yukim729さんに教えていただいた事をふまえて
税金部分を処理しようと思います。

長文ですみません。
メチャメチャ勉強になりました。
本当にありがとうございました。

ast10さん、yukim729さん、ありがとうございます。

教えていただいたことを頼りに、いろいろ見直してみました。
以下に整理してみます。

問題の還付税額は、
・去年赤字になったために、還付申告されたものです。
・税理士さんにお願いした総勘定元帳には、全く出てきていません。
租税公課」や「未収還付税」あるいは「仮払金」等としての可能性も探しましたが、
やはり記入漏れのようです。

・「貸借対照表」「損益計算書」には出てきません。
どの数字にもこの額は含まれていないようです。

・別表四「損金の額に算入した道府県民税利子割額」では加算されています。
・同じく別表四「法人税額から控除される所得税額」にも記載があります。

まず大前提として、総勘定元帳の中に、この税金額に関する仕訳がない、
というのがおかしいんですよね…。
だから今期に入って還付されたものがうまく仕訳できずに、
雑収入とかで処理するしかなくなってしまう。
本来、仮払金か未収還付税かなんかで出てくるべきなんですよね。
今期からは自分で作成するので、そうしようと思います。

次に、ast10さんに教えていただいた計算方法に従って計算してみましたが、
税理士さんの算出している数字が、これまた合わないんです。
この税理士さんの計算方式、ast10さんに教えていただいた計算方式となんだか違うんです。
ムリヤリこの税理士さんの算出した額に合わせようとして、
数字をひねくり回せば、合わせる事は可能なのですが、
あまりにスマートじゃない計算方法なので、
やっぱり今年からはast10さんに教えていただいた計算方式で計算しようと思います。

銀行に、「いくらの利息をウチにくれたんですか?」ってストレートに聞いてみたいところです。
この額がわかれば、たぶん税理士さんの計算違いって事も判明するような気がしています…。

とりあえず、この還付金に関しては、今期の決算書では雑収入にして別表四で減算、
がいいのかなぁ、と思っています。
今期振り込まれた銀行利息に関しては、ast10さん、yukim729さんに教えていただいた事をふまえて
税金部分を処理しようと思います。

長文ですみません。
メチャメチャ勉強になりました。
本当にありがとうございました。

返信

4. Re: 還付金の科目と算出方法について

2008/06/12 15:02

yukim729

さらにすごい常連さん

編集

「決算書類」と言うのは申告書類の事だったんですね。
お話をまとめると、次のように処理されていたと思われます。
(1)預金利息入金時
利息にかかる源泉税を省略し、正味(税引後)入金額だけを計上した。
(2)申告時
源泉税を別表調整し、税額控除を受けた。当期赤字で法人税額が生じなかったこともあいまって、還付金の発生についても経理処理はしなかった。

利息にかかる源泉税にまつわる処理にはいくつかのやり方があり、このようなやり方もその一つです。ですから税理士さんは別に間違っていたわけではなく、正しい処理をしてくれています。
これを受けて、還付金は雑収入で処理し、別表四で減算する事になりますが、それも決して間違いでも無理矢理でもなく、本来の正しい処理です。

源泉税額の計算は、ast10さんご教授の計算を基礎としますが、金額によっては1円未満の端数処理のために誤差が出ますから、正確に算出するにはもう一手間必要です。
http://www.otasuke.ne.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=13116&forum=1&post_id=51435#forumpost51435
多分、税理士さんの計算方式はこの手間を惜しまない正確な方式なんだと思います。プロなんだから見た目のスマートより正確性の方が大事ですよね。

決算書類」と言うのは申告書類の事だったんですね。
お話をまとめると、次のように処理されていたと思われます。
(1)預金利息入金時
利息にかかる源泉税を省略し、正味(税引後)入金額だけを計上した。
(2)申告時
源泉税を別表調整し、税額控除を受けた。当期赤字で法人税額が生じなかったこともあいまって、還付金の発生についても経理処理はしなかった。

利息にかかる源泉税にまつわる処理にはいくつかのやり方があり、このようなやり方もその一つです。ですから税理士さんは別に間違っていたわけではなく、正しい処理をしてくれています。
これを受けて、還付金は雑収入で処理し、別表四で減算する事になりますが、それも決して間違いでも無理矢理でもなく、本来の正しい処理です。

源泉税額の計算は、ast10さんご教授の計算を基礎としますが、金額によっては1円未満の端数処理のために誤差が出ますから、正確に算出するにはもう一手間必要です。
http://www.otasuke.ne.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=13116&forum=1&post_id=51435#forumpost51435
多分、税理士さんの計算方式はこの手間を惜しまない正確な方式なんだと思います。プロなんだから見た目のスマートより正確性の方が大事ですよね。

返信

5. Re: 還付金の科目と算出方法について

2008/06/19 19:04

namihei

おはつ

編集

なるほどですね。
税理士さんが間違ってるのかと思ってました。
本当、勉強になります。

とりあえず、今期の決算書類(申告書類というべきなんですかね?)、なんとかなりそうです。
参考までに、銀行に今期振り込まれた利息額とその源泉税額について聞いてみたところ、やっぱりおっしゃるとおり、単純な計算ではないようでした。こちらが経理ド素人なので、念のため今後はその明細を送ってもらうことにしました。

来年はもうちょっと手際よく決算終えれるといいなぁ〜って感じです。
いろいろ教えていただき、本当に助かりました。
ありがとうございました。

なるほどですね。
税理士さんが間違ってるのかと思ってました。
本当、勉強になります。

とりあえず、今期の決算書類(申告書類というべきなんですかね?)、なんとかなりそうです。
参考までに、銀行に今期振り込まれた利息額とその源泉税額について聞いてみたところ、やっぱりおっしゃるとおり、単純な計算ではないようでした。こちらが経理ド素人なので、念のため今後はその明細を送ってもらうことにしました。

来年はもうちょっと手際よく決算終えれるといいなぁ〜って感じです。
いろいろ教えていただき、本当に助かりました。
ありがとうございました。

返信

1件〜5件 (全5件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています