•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

電脳名刺で名刺無料キャンペーン行っています

法人税法・消費税法上問題ありそうで・・・

質問 回答受付中

法人税法・消費税法上問題ありそうで・・・

2007/11/08 11:31

amayusi

おはつ

回答数:5

編集

この度子会社を設立したのですが、その子会社の経費の処理で困っています。

(子会社は親会社に事務全般を委託しています。)

子会社における経費のうち、‥渡誕紂Ν⊂談徂(アスクル等)を親会社名義での契約で支払をしています。

 /堂饉厂承舛療渡辰鮖匆饉劼僕用させているので、当然電話代を子  会社に請求をする
◆〇匆饉劼両談徂覆旅愬(アスクル等)を親会社が親会社分の購入の都  度子会社分もまとめて購入しているので、当然子会社の消耗品代を
  子会社に請求する

この場合の親会社名義の契約で行った支払関係の処理としては、

ア 『子会社立替金』などとして、子会社に請求してお金をもらう
イ 親会社名義なので、親会社で『経費(各勘定科目)』として処理し、  同額を子会社に請求し、収入額を『雑収入』として処理する。

あとで税法上問題が起こるのが怖いので、イの処理方法がベストではないかなとは思うのですが、面倒くさい気もするのでアの処理方法も考えてみました。やっぱりイの処理方法でやったほうがよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

この度子会社を設立したのですが、その子会社の経費の処理で困っています。

(子会社は親会社に事務全般を委託しています。)

子会社における経費のうち、‥渡誕紂Ν⊂談徂(アスクル等)を親会社名義での契約で支払をしています。

 /堂饉厂承舛療渡辰鮖匆饉劼僕用させているので、当然電話代を子  会社に請求をする
◆〇匆饉劼両談徂覆旅愬(アスクル等)を親会社が親会社分の購入の都  度子会社分もまとめて購入しているので、当然子会社の消耗品代を
  子会社に請求する

この場合の親会社名義の契約で行った支払関係の処理としては、

ア 『子会社立替金』などとして、子会社に請求してお金をもらう
イ 親会社名義なので、親会社で『経費(各勘定科目)』として処理し、  同額を子会社に請求し、収入額を『雑収入』として処理する。

あとで税法上問題が起こるのが怖いので、イの処理方法がベストではないかなとは思うのですが、面倒くさい気もするのでアの処理方法も考えてみました。やっぱりイの処理方法でやったほうがよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜5件 (全5件)
| 1 |

1. Re: 法人税法・消費税法上問題ありそうで・・・

2007/11/08 12:36

PTA

すごい常連さん

編集

どちらの方法でも税法上の問題は変わらないと思います。
どちらの方法でも最終的には、子会社分を子会社に負担させることは同じなので、親会社の最終利益は変わらない。課税所得も同じではないかなと思います。
個人的には、アの処理方法で良いと思います。ただし、客観的にそれが子会社分であることが明確な証拠が必要でしょう。

何が変わるかといえば、
アは、営業利益利益計算で完結するが、
イは、販売管理費が多めに計上され、営業利益が低めに出て、営業外収益の計上で経常利益が増えて、結果としてアと同額になるということです。したがって、会計的には、アの処理の方が適正な利益の計上ではないかと思います。

でも一番良いのは、契約を別々にすることでしょうね。
何か問題があるのでしょうか。
税務署から見れば、現状のやり方自体が不自然ではないかと・・・

どちらの方法でも税法上の問題は変わらないと思います。
どちらの方法でも最終的には、子会社分を子会社に負担させることは同じなので、親会社の最終利益は変わらない。課税所得も同じではないかなと思います。
個人的には、アの処理方法で良いと思います。ただし、客観的にそれが子会社分であることが明確な証拠が必要でしょう。

何が変わるかといえば、
アは、営業利益利益計算で完結するが、
イは、販売管理費が多めに計上され、営業利益が低めに出て、営業外収益の計上で経常利益が増えて、結果としてアと同額になるということです。したがって、会計的には、アの処理の方が適正な利益の計上ではないかと思います。

でも一番良いのは、契約を別々にすることでしょうね。
何か問題があるのでしょうか。
税務署から見れば、現状のやり方自体が不自然ではないかと・・・

返信

2. Re: 法人税法・消費税法上問題ありそうで・・・

2007/11/08 12:37

dodo

常連さん

編集

法人税・消費税との関連でいえば、ア・イどちらの処理でもOKだと思います。

ただし、立替払いとするためには、立替え払いをする親会社側で、法人税・消費税の課税関係が生じないようにする必要があると思います。

ですので、仕訳の例をあげると、

・経費を立替た時
子会社立替金 100/現金 105
仮払消費税    5/

・子会社へ請求した時
未収入金 105/子会社立替金 100
          /仮払消費税 5
(上記の「仮払消費税」を「仮受消費税」としている方法も実務ではよく見受けられるように思います。)

・請求書を受け取った時の子会社の処理
諸経費   100/未払費用105
仮払消費税  5/

上記の例のように、最終的には課税仕入を行った子会社で仕入税額控除を行います。

後、イの処理だと親会社の経費が見かけ上過大計上されるので、親会社への請求時は、雑収入とはせずに、消耗品費・通信費等立替え払いを行ったときの勘定でマイナス(経費戻し)するほうがいいと思います。

また、蛇足ですが、親会社が立替え払いをし請求書等を発行する業務に対して、子会社から親会社に対して業務委託料を払っておいたほうがいいように思います。(業務の量にもよりますが・・)

法人税消費税との関連でいえば、ア・イどちらの処理でもOKだと思います。

ただし、立替払いとするためには、立替え払いをする親会社側で、法人税消費税の課税関係が生じないようにする必要があると思います。

ですので、仕訳の例をあげると、

・経費を立替た時
子会社立替金 100/現金 105
仮払消費税    5/

・子会社へ請求した時
未収入金 105/子会社立替金 100
          /仮払消費税 5
(上記の「仮払消費税」を「仮受消費税」としている方法も実務ではよく見受けられるように思います。)

・請求書を受け取った時の子会社の処理
諸経費   100/未払費用105
仮払消費税  5/

上記の例のように、最終的には課税仕入を行った子会社で仕入税額控除を行います。

後、イの処理だと親会社の経費が見かけ上過大計上されるので、親会社への請求時は、雑収入とはせずに、消耗品費通信費等立替え払いを行ったときの勘定でマイナス(経費戻し)するほうがいいと思います。

また、蛇足ですが、親会社が立替え払いをし請求書等を発行する業務に対して、子会社から親会社に対して業務委託料を払っておいたほうがいいように思います。(業務の量にもよりますが・・)

返信

3. Re: 法人税法・消費税法上問題ありそうで・・・

2007/11/17 11:58

amayusi

おはつ

編集

dodoさん、PTAさんありがとうございます。
一番良いのは契約自体を変更したほうがいいんですよね。
ただ、子会社の経理・総務業務は親会社で委託料ももらってやっていて、現金の出納も全部親会社でやってます。なのでどちらの方法をとるにしても一括請求という形になるのでその都度出すのが面倒だと・・・

締めが迫っているのでアの処理方法でやってみようと思います。ただ、dodoさんのあげていただいた例の立替え払いする場合に仮払消費税を計上する理由がよくわからいのですが・・・
立替えだとしても「親会社名義」の課税対象の経費を支払う場合は必要だということなのでしょうか?それとも名義は関係無しに必要だということなのでしょうか?
経理をやっているとはいえ、勉強不足な自分が情けないです。
よろしくお願いします。

dodoさん、PTAさんありがとうございます。
一番良いのは契約自体を変更したほうがいいんですよね。
ただ、子会社の経理・総務業務は親会社で委託料ももらってやっていて、現金出納も全部親会社でやってます。なのでどちらの方法をとるにしても一括請求という形になるのでその都度出すのが面倒だと・・・

締めが迫っているのでアの処理方法でやってみようと思います。ただ、dodoさんのあげていただいた例の立替え払いする場合に仮払消費税を計上する理由がよくわからいのですが・・・
立替えだとしても「親会社名義」の課税対象の経費を支払う場合は必要だということなのでしょうか?それとも名義は関係無しに必要だということなのでしょうか?
経理をやっているとはいえ、勉強不足な自分が情けないです。
よろしくお願いします。

返信

4. Re: 法人税法・消費税法上問題ありそうで・・・

2007/11/17 14:03

karz

すごい常連さん

編集

親会社と子会社は別々の会社なので
代金を立て替える時は子会社以外の会社と同様に消費税分も一緒に立て替えてくださいと言うことです。

他の会社から買い物を頼まれて代金を立て替えた。
当然消費税込みで立て替えますよね?。
立替金 100 現金105
仮払消費税 5←代金を立て替えているだけなので仕入税額控除はできません。
名義は関係ありません。

詳しくはdodoさんの仕訳を見てください。

消費税には連結と言う考え方がありませんので、親会社と子会社は別々に扱う必要があります(申告自体別々なので)
特別な場合を除き、連結ベースでは変わりません。

親会社と子会社は別々の会社なので
代金を立て替える時は子会社以外の会社と同様に消費税分も一緒に立て替えてくださいと言うことです。

他の会社から買い物を頼まれて代金を立て替えた。
当然消費税込みで立て替えますよね?。
立替金 100 現金105
仮払消費税 5←代金を立て替えているだけなので仕入税額控除はできません。
名義は関係ありません。

詳しくはdodoさんの仕訳を見てください。

消費税には連結と言う考え方がありませんので、親会社と子会社は別々に扱う必要があります(申告自体別々なので)
特別な場合を除き、連結ベースでは変わりません。

返信

5. Re: 法人税法・消費税法上問題ありそうで・・・

2007/11/19 19:16

dodo

常連さん

編集

>います。ただ、dodoさんのあげていただいた例の立替え払いする場合に仮払消費税を計上する理由がよくわからいのですが・・・
>立替えだとしても「親会社名義」の課税対象の経費を支払う場合は必要だということなのでしょうか?それとも名義は関係無しに必要だということなのでしょうか?

この場合、取引先(アスクル等)からは、親会社を名宛人とした(税込みの)請求書が発行されている訳ですから、親会社側で、いったんは課税仕入として取扱う(取扱わざるを得ない)のではないかと思います。(ただし、仕入税額控除はできない、消費税の計算には影響させない。)

amayusiさんが考えられているのは、以下のような仕訳でしょうか?

・親会社が経費を立替えたとき
子会社立替金 105/現金 105
(不課税)

・子会社へ請求するとき
未収入金 105/子会社立替金 105
          (不課税)

・請求書を受け取った時の子会社の処理
諸経費 100/未払費用 105
仮払消費税 5/

上記の場合、親会社が不課税取引として発行した請求書を基に、子会社が課税仕入を行うことになってしまい、非常に不自然に感じられます。(100%間違いとは言い切れませんが・・)
また、今までに数社、親子会社間で立替え払いを行っている例を知っていますが、上記のような処理を行っている例はありませんでした。

>います。ただ、dodoさんのあげていただいた例の立替え払いする場合に仮払消費税を計上する理由がよくわからいのですが・・・
>立替えだとしても「親会社名義」の課税対象の経費を支払う場合は必要だということなのでしょうか?それとも名義は関係無しに必要だということなのでしょうか?

この場合、取引先(アスクル等)からは、親会社を名宛人とした(税込みの)請求書が発行されている訳ですから、親会社側で、いったんは課税仕入として取扱う(取扱わざるを得ない)のではないかと思います。(ただし、仕入税額控除はできない、消費税の計算には影響させない。)

amayusiさんが考えられているのは、以下のような仕訳でしょうか?

・親会社が経費を立替えたとき
子会社立替金 105/現金 105
(不課税)

・子会社へ請求するとき
未収入金 105/子会社立替金 105
          (不課税)

・請求書を受け取った時の子会社の処理
諸経費 100/未払費用 105
仮払消費税 5/

上記の場合、親会社が不課税取引として発行した請求書を基に、子会社が課税仕入を行うことになってしまい、非常に不自然に感じられます。(100%間違いとは言い切れませんが・・)
また、今までに数社、親子会社間で立替え払いを行っている例を知っていますが、上記のような処理を行っている例はありませんでした。

返信

1件〜5件 (全5件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています