•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

電脳名刺で名刺無料キャンペーン行っています

未払金と未払費用につきまして

質問 回答受付中

未払金と未払費用につきまして

2006/04/07 18:56

ちゃる

常連さん

回答数:15

編集

いつもお世話になり、大変助かっております。

『未払金』と『未払費用』の違いがわからなくなってしまい、お願い致します。

上司より、費用発生時に未払いとするものは『未払費用』として処理するよう指示を受けて参りました。

しかし、普段は『未払金』として処理をしておき、決算時の処理で『未払費用』とするような気がするのですが・・・?

普段の未払い発生時に、費用は『未払費用』として処理をしてもいいのでしょうか?

私の間違いだと思うのですが、正しい処理を理解したく、お願い致します。

いつもお世話になり、大変助かっております。

『未払金』と『未払費用』の違いがわからなくなってしまい、お願い致します。

上司より、費用発生時に未払いとするものは『未払費用』として処理するよう指示を受けて参りました。

しかし、普段は『未払金』として処理をしておき、決算時の処理で『未払費用』とするような気がするのですが・・・?

普段の未払い発生時に、費用は『未払費用』として処理をしてもいいのでしょうか?

私の間違いだと思うのですが、正しい処理を理解したく、お願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜15件 (全15件)
| 1 |

1. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/07 19:23

くろまる

すごい常連さん

編集

Tyarubouさんのお書きの通り、決算時に計上する科目ですが、月度の損益作成時にも未払費用勘定を利用した方が、より正確な月次損益が把握する事ができます。ですので、決算時以外でも使用されています。

その使用方法は、上司さんの考え方で良いと思います。
支払期限が到来していないけど、すでに費用として発生している時に未払費用を使用します。(本来は継続的な役務のものに使用する科目の様ですが、費用計上するもの全てでも問題ないと思います。)
ただ、未払費用は支払期限を過ぎて未決済の場合は、未払金に振替える必要があります。

Tyarubouさんのお書きの通り、決算時に計上する科目ですが、月度の損益作成時にも未払費用勘定を利用した方が、より正確な月次損益が把握する事ができます。ですので、決算時以外でも使用されています。

その使用方法は、上司さんの考え方で良いと思います。
支払期限が到来していないけど、すでに費用として発生している時に未払費用を使用します。(本来は継続的な役務のものに使用する科目の様ですが、費用計上するもの全てでも問題ないと思います。)
ただ、未払費用は支払期限を過ぎて未決済の場合は、未払金に振替える必要があります。

返信

2. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/08 13:48

ちゃる

常連さん

編集

dio960さん、解答ありがとうございます。

普段から『未払費用』計上をしていれば、決算の時、繁雑にならなくてすみますよね。

上司の指示通り、業務をしていきたいと思います。

dio960さん、解答ありがとうございます。

普段から『未払費用』計上をしていれば、決算の時、繁雑にならなくてすみますよね。

上司の指示通り、業務をしていきたいと思います。

返信

3. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/09 21:20

おけ

さらにすごい常連さん

編集

いやぁ、上司の方の考え方では、
大半の未払いが「未払費用」計上と
なってしまい、マズいっす。

「未払費用」は、dio960さんが「本来は〜」
とお書きになっているその範囲に限定して使わないと、
「未払金」との区別がアヤしくなってしまいますよん。

むしろ、「未払費用」とせないかんのを「未払金」で
やってました〜いうほうが、しゃあないな〜の範囲内かな、
と思います。

いやぁ、上司の方の考え方では、
大半の未払いが「未払費用」計上と
なってしまい、マズいっす。

未払費用」は、dio960さんが「本来は〜」
とお書きになっているその範囲に限定して使わないと、
未払金」との区別がアヤしくなってしまいますよん。

むしろ、「未払費用」とせないかんのを「未払金」で
やってました〜いうほうが、しゃあないな〜の範囲内かな、
と思います。

返信

4. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/10 15:03

ちゃる

常連さん

編集

o_kさん、ありがとうございます。

o_kさんの述べられたように、ほぼ『未払費用』計上になっております。
『未払金』としているのは、クレジットカードで支払ったものだけです。

会計士さんへ相談するべきでしょうか?

o_kさん、ありがとうございます。

o_kさんの述べられたように、ほぼ『未払費用』計上になっております。
未払金』としているのは、クレジットカードで支払ったものだけです。

会計士さんへ相談するべきでしょうか?

返信

5. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/10 16:02

編集

御社の業務内容次第なのですが、
仕入から売上のサイクル上で発生するものは、
買掛金とすることを習ったことがあります。
悪くとも未払金でしょうか。。。

未払費用は経過勘定と呼ばれるものなので、
使わない方が、、、と思います。
http://www3.bus.osaka-cu.ac.jp/mslab/accstandards/acc101.htm#note05
↑の(3)に未払費用と、これらの経過勘定の使い方が書いてありますので、
これを参考にして頂き、会計士さんへご相談しても良いのかなと思います。

・・・あまり上司さんをいじめないようにです(笑)。

御社の業務内容次第なのですが、
仕入から売上のサイクル上で発生するものは、
買掛金とすることを習ったことがあります。
悪くとも未払金でしょうか。。。

未払費用は経過勘定と呼ばれるものなので、
使わない方が、、、と思います。
http://www3.bus.osaka-cu.ac.jp/mslab/accstandards/acc101.htm#note05
↑の(3)に未払費用と、これらの経過勘定の使い方が書いてありますので、
これを参考にして頂き、会計士さんへご相談しても良いのかなと思います。

・・・あまり上司さんをいじめないようにです(笑)。

返信

6. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/10 16:55

くろまる

すごい常連さん

編集

o_kさん copapaさん いつもお世話になってます。
Tyarubouさん すいません。調べなおしました。
やはり会計上はキッチリ分けるべきみたいです。

実務上は、未払金と未払費用どちらでもそれほど違いがないかなと私自身思っています。(経理マンとしては問題発言かな?)

企業会計原則注解
〔注5〕経過勘定項目について(損益計算書原則一のAの二項)
(3) 未払費用
『未払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、すでに提供された役務に対して、いまだその対価の支払が終らないものをいう。
 従って、このような役務に対する対価は、時間の経過に伴いすでに当期の費用として発生しているものであるから、これを当期の損益計算に計上するとともに貸借対照表の負債の部に計上しなければならない。
 また、未払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による未払金とは区別しなければならない。』
内容はcopapaさんのページと一緒になりますが。

未払費用の要件は、
 ^貭蠅侶戚
 継続して役務の提供を受ける
 すでに提供された役務
 いい泙世修梁于舛了拱Г終わらない

となっています。

o_kさん copapaさん いつもお世話になってます。
Tyarubouさん すいません。調べなおしました。
やはり会計上はキッチリ分けるべきみたいです。

実務上は、未払金と未払費用どちらでもそれほど違いがないかなと私自身思っています。(経理マンとしては問題発言かな?)

企業会計原則注解
〔注5〕経過勘定項目について(損益計算書原則一のAの二項)
(3) 未払費用
未払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、すでに提供された役務に対して、いまだその対価の支払が終らないものをいう。
 従って、このような役務に対する対価は、時間の経過に伴いすでに当期の費用として発生しているものであるから、これを当期の損益計算に計上するとともに貸借対照表の負債の部に計上しなければならない。
 また、未払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による未払金とは区別しなければならない。』
内容はcopapaさんのページと一緒になりますが。

未払費用の要件は、
 ^貭蠅侶戚
 継続して役務の提供を受ける
 すでに提供された役務
 いい泙世修梁于舛了拱Г終わらない

となっています。

返信

7. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/13 00:13

ちゃる

常連さん

編集

copapaさん、o_kさん、dio960さん、いつもいつもありがとうございます。

あ〜・・・、どうしようかな・・・という心境です・・・。
上司をいじめているわけではありませんが(笑)、どこから仕入れた情報で処理をしているの〜!!、と叫びたい・・・。

継続して発生する費用で、時間が経過すれば当期の費用となる、というものが前提の費用を処理するのが『未払費用』ということでしょうか?
というと、毎月『未払費用』が発生するのもが必然と出てきますよね?
(例えば、水道光熱費などでしょうか?)

突発で発生するものは『未払金』になりますね?
(例えば、修繕費、消耗品費などでしょうか?)

私の解釈、間違っておりますでしょうか?

copapaさん、o_kさん、dio960さん、いつもいつもありがとうございます。

あ〜・・・、どうしようかな・・・という心境です・・・。
上司をいじめているわけではありませんが(笑)、どこから仕入れた情報で処理をしているの〜!!、と叫びたい・・・。

継続して発生する費用で、時間が経過すれば当期の費用となる、というものが前提の費用を処理するのが『未払費用』ということでしょうか?
というと、毎月『未払費用』が発生するのもが必然と出てきますよね?
(例えば、水道光熱費などでしょうか?)

突発で発生するものは『未払金』になりますね?
(例えば、修繕費、消耗品費などでしょうか?)

私の解釈、間違っておりますでしょうか?

返信

8. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/13 12:41

編集

定義から言いますと、未払費用は当期の費用となる時間が経過しているのに
(例えば、決算時点までとかです)、
債務が確定していないものです。
例としては、3ヶ月先に後払いする支払利息を、
当期分だけ「支払利息/未払利息」として費用計上するものです。

>というと、毎月『未払費用』が発生するのもが必然と出てきますよね?
>(例えば、水道光熱費などでしょうか?)
厳密な処理を行うとすれば、お書きの通りとなるでしょうね。
しかしながら、簿記会計では、
手間の割に金額が小さいものは簡単な方法で処理してもいーよ☆
という考え方を示していることから、
水道光熱費など金額が少額な場合は、
月単位での処理が可能になってくるわけです。 ←一例です。

>突発で発生するものは『未払金』になりますね?
先にも書きましたように、
原則として、通常の営業活動上で発生する費用は買掛金で処理し、
固定資産の購入など通常でない出費、あるいは、
支払期日が過ぎてしまったものが未払金となります。
ただ、実務上では買掛金も未払金処理しているケースもあります。
また、dio960さんがお書きになったように、
未払金と未払費用の区別が曖昧な現実もあるようです。

従いまして、原則を原則としてとらえて頂いた上で、
御社の状況における実務においては、
未払金が良いのかなと思います。
未払費用は、やはり経過勘定なので。。。

定義から言いますと、未払費用は当期の費用となる時間が経過しているのに
(例えば、決算時点までとかです)、
債務が確定していないものです。
例としては、3ヶ月先に後払いする支払利息を、
当期分だけ「支払利息/未払利息」として費用計上するものです。

>というと、毎月『未払費用』が発生するのもが必然と出てきますよね?
>(例えば、水道光熱費などでしょうか?)
厳密な処理を行うとすれば、お書きの通りとなるでしょうね。
しかしながら、簿記会計では、
手間の割に金額が小さいものは簡単な方法で処理してもいーよ☆
という考え方を示していることから、
水道光熱費など金額が少額な場合は、
月単位での処理が可能になってくるわけです。 ←一例です。

>突発で発生するものは『未払金』になりますね?
先にも書きましたように、
原則として、通常の営業活動上で発生する費用は買掛金で処理し、
固定資産の購入など通常でない出費、あるいは、
支払期日が過ぎてしまったものが未払金となります。
ただ、実務上では買掛金未払金処理しているケースもあります。
また、dio960さんがお書きになったように、
未払金と未払費用の区別が曖昧な現実もあるようです。

従いまして、原則を原則としてとらえて頂いた上で、
御社の状況における実務においては、
未払金が良いのかなと思います。
未払費用は、やはり経過勘定なので。。。

返信

9. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/13 16:42

くろまる

すごい常連さん

編集

Tyarubouさん だいぶ悩まれていますね。

企業会計原則には適合していませんが、こんなページもありました。
中小企業では厳密になっていない場合が多いみたいです。(当社も!)参考まで
http://www.narashino-cci.or.jp/keieishien/keieishien-9/keieishien-9_31.html

Tyarubouさん だいぶ悩まれていますね。

企業会計原則には適合していませんが、こんなページもありました。
中小企業では厳密になっていない場合が多いみたいです。(当社も!)参考まで
http://www.narashino-cci.or.jp/keieishien/keieishien-9/keieishien-9_31.html

返信

10. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/15 23:28

おけ

さらにすごい常連さん

編集

結局のところ、Tyarubouさんが最も知りたいと
お思いになっている「正しい」処理というのが
どういう正しさなのか、それによって
返答が変わってくるんです。

copapaさんや私は簿記会計の基本としての正しさ、
dio960さんは中小企業の実務で使っても大丈夫だ
という範囲での正しさを、それぞれ記しています。

なお、すぐ上でdio960さんが紹介なすっているURLは、
小資本で創業した創業者向けに書かれているもののようなので、
そのページ自体に汎用性があるかどうか、
ちょっと疑問符が残ります。ハイ。

結局のところ、Tyarubouさんが最も知りたいと
お思いになっている「正しい」処理というのが
どういう正しさなのか、それによって
返答が変わってくるんです。

copapaさんや私は簿記会計の基本としての正しさ、
dio960さんは中小企業の実務で使っても大丈夫だ
という範囲での正しさを、それぞれ記しています。

なお、すぐ上でdio960さんが紹介なすっているURLは、
小資本で創業した創業者向けに書かれているもののようなので、
そのページ自体に汎用性があるかどうか、
ちょっと疑問符が残ります。ハイ。

返信

11. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/17 12:55

ちゃる

常連さん

編集

copapaさん、o_kさん、dio960さん、ありがとうございます。

簿記会計の正しさと、実務上の許容範囲を私は知りたいのです。

最初に『未払費用』の処理をした時に、この質問と同じことを上司に聞いたところ、「あんた勘違いしてる。間違って覚えちゃあかんで」と言われましたから…。

逆に、皆さんの実務上を処理を教えていただきたいのです。

それによって、会計士さんへの相談を考えております。

たびたび申し訳ないです…。

copapaさん、o_kさん、dio960さん、ありがとうございます。

簿記会計の正しさと、実務上の許容範囲を私は知りたいのです。

最初に『未払費用』の処理をした時に、この質問と同じことを上司に聞いたところ、「あんた勘違いしてる。間違って覚えちゃあかんで」と言われましたから…。

逆に、皆さんの実務上を処理を教えていただきたいのです。

それによって、会計士さんへの相談を考えております。

たびたび申し訳ないです…。

返信

12. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/17 13:18

beck

おはつ

編集

間違えているかいないかは別として。。。

当社では、未払費用として計上しているのは
利息
給与(20日締め)
社会保険(事業主負担分)
です。

間違えているかいないかは別として。。。

当社では、未払費用として計上しているのは
利息
給与(20日締め)
社会保険(事業主負担分)
です。

返信

13. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/17 14:10

くろまる

すごい常連さん

編集

Tyarubouさん こんにちは。

先にo_kさんが書かれていますが、
copapaさん、o_kさんが言われている処理方法が正しい処理です。(この正しいは、企業会計原則にしたがっているという事です。)
私が、初めに記載したものと3回目に記載した内容は、企業会計原則に沿ったものではありませんが、中小企業でこの処理をしていたからといって、税務署から指摘をうけることはないと思います。(現に当社は指摘されてきていません。税金計算に関係ないので特に指摘はないのだと思います。)
問題としては、貸借対照表の「未払金」と「未払費用」の金額が変るということです。
貸借対照表を見慣れている人がみれば、未払金が少なく、未払費用が多いと感じるかもしれませんが、決まったルールで計上していれば、特に問題ないのかなと個人的に思っています。

Tyarubouさん こんにちは。

先にo_kさんが書かれていますが、
copapaさん、o_kさんが言われている処理方法が正しい処理です。(この正しいは、企業会計原則にしたがっているという事です。)
私が、初めに記載したものと3回目に記載した内容は、企業会計原則に沿ったものではありませんが、中小企業でこの処理をしていたからといって、税務署から指摘をうけることはないと思います。(現に当社は指摘されてきていません。税金計算に関係ないので特に指摘はないのだと思います。)
問題としては、貸借対照表の「未払金」と「未払費用」の金額が変るということです。
貸借対照表を見慣れている人がみれば、未払金が少なく、未払費用が多いと感じるかもしれませんが、決まったルールで計上していれば、特に問題ないのかなと個人的に思っています。

返信

14. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/17 15:37

編集

>皆さんの実務上を処理を教えていただきたいのです。

beckさんの会社も月次決算とか年次決算で使われていると思いますが、
弊社では決算時の給与のみです。
また、通常の買掛金は未払金としているヘッポコ会社だったりします(笑)。

さて、許容範囲ということになりますと、
これは難しいことになると思うのですが、
最初にTyarubouさんが投稿された内容で、

>上司より、費用発生時に未払いとするものは『未払費用』として処理するよう指示を受けて参りました。

という内容がありましたよね。
これについては上司さんの解釈に無理があるように思われます。
というのも、会計における当期間中に発生した費用を財務諸表へ計上する考え方を、
簿記の技術によって、どのように帳簿へ載せるかという解決の方法として、
未払費用が作られたのではと考えられるからです。
これは、未払費用を決算整理に属する科目として解説する簿記の書籍も多い
ことからも言えるのではと思います。
従いまして仕訳上での許容範囲としては、超えちゃったかな。。
と思われます。

なお、財務諸表へ表示する際もあまりお勧めはできませんが、
それを見た人の判断を誤らせない程度であれば、、、とは思います。
(企業会計原則の引用みたいで↑申し訳ないっすm(_ _)m)
つまり、表示としての許容範囲であれば、dio960さんもお書きのように、
これ位でしょうかね〜。

>皆さんの実務上を処理を教えていただきたいのです。

beckさんの会社も月次決算とか年次決算で使われていると思いますが、
弊社では決算時の給与のみです。
また、通常の買掛金未払金としているヘッポコ会社だったりします(笑)。

さて、許容範囲ということになりますと、
これは難しいことになると思うのですが、
最初にTyarubouさんが投稿された内容で、

>上司より、費用発生時に未払いとするものは『未払費用』として処理するよう指示を受けて参りました。

という内容がありましたよね。
これについては上司さんの解釈に無理があるように思われます。
というのも、会計における当期間中に発生した費用を財務諸表へ計上する考え方を、
簿記の技術によって、どのように帳簿へ載せるかという解決の方法として、
未払費用が作られたのではと考えられるからです。
これは、未払費用決算整理に属する科目として解説する簿記の書籍も多い
ことからも言えるのではと思います。
従いまして仕訳上での許容範囲としては、超えちゃったかな。。
と思われます。

なお、財務諸表へ表示する際もあまりお勧めはできませんが、
それを見た人の判断を誤らせない程度であれば、、、とは思います。
企業会計原則の引用みたいで↑申し訳ないっすm(_ _)m)
つまり、表示としての許容範囲であれば、dio960さんもお書きのように、
これ位でしょうかね〜。

返信

15. Re: 未払金と未払費用につきまして

2006/04/21 00:28

ちゃる

常連さん

編集

copapaさん、beckさん、dio960さん、ありがとうございます。
いつもお礼が遅くなり申し訳ないです。

私ほどバカみたいに細かく考えることではないかな〜と思っておりますが、「未払金」という勘定科目を使用することが間違っている、というような言い方で、以前上司に言われましたので、私の考えがあながち間違っていないことがわかり、ホッとしております。

「未払金」となるものを、現在もすべて「未払費用」で処理しております。

大きな問題にならないとしても、現在行っている処理が間違っているのだとしたら、会計士さんの判断に任せたいと思っております。

たくさんのご回答、ありがとうございました。

copapaさん、beckさん、dio960さん、ありがとうございます。
いつもお礼が遅くなり申し訳ないです。

私ほどバカみたいに細かく考えることではないかな〜と思っておりますが、「未払金」という勘定科目を使用することが間違っている、というような言い方で、以前上司に言われましたので、私の考えがあながち間違っていないことがわかり、ホッとしております。

「未払金」となるものを、現在もすべて「未払費用」で処理しております。

大きな問題にならないとしても、現在行っている処理が間違っているのだとしたら、会計士さんの判断に任せたいと思っております。

たくさんのご回答、ありがとうございました。

返信

1件〜15件 (全15件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています