•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

未払の経費について

質問 回答受付中

未払の経費について

2008/01/30 15:30

sophia

積極参加

回答数:4

編集

初歩的なことをお尋ねしてしまって申し訳ありませんが
教えてください。

個人事業で飲食店をしています。

H19年分の消費税は未払いで租税公課へ計上しています。

しかし、H19年度の決算申告手数料を
税理士事務所へ2月に支払いますが
この決算申告手数料はH19年の支払手数料の
未払いとして計上してもいいでしょうか?

初歩的なことをお尋ねしてしまって申し訳ありませんが
教えてください。

個人事業で飲食店をしています。

H19年分の消費税は未払いで租税公課へ計上しています。

しかし、H19年度の決算申告手数料を
税理士事務所へ2月に支払いますが
この決算申告手数料はH19年の支払手数料
未払いとして計上してもいいでしょうか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 未払の経費について

2008/01/30 16:29

islandm

積極参加

編集

はい、大丈夫ですよ。未払いとして計上しても構いません。
2月の支払時に

  借  方         貸   方

 未払金 ****        普通預金 *****

で処理すれば良いでしょう!

はい、大丈夫ですよ。未払いとして計上しても構いません。
2月の支払時に

  借  方         貸   方

 未払金 ****        普通預金 *****

で処理すれば良いでしょう!

返信

2. Re: 未払の経費について

2008/01/31 08:23

らん

さらにすごい常連さん

編集

こんにちは。

横レスで失礼致します。

ちょっとだけ疑問に思ったもので・・・・

>この決算申告手数料はH19年の支払手数料の
未払いとして計上してもいいでしょうか?
これは具体的に、いつ未払いを計上しようとしているのでしょうか?
平成20年の1月ですか?
それとも平成19年12月末までですか?
どちらとも受取れる文章でしたので・・・
消費税などの税金関係の未払計上とはちょっと性質が違いますし。
未払金計上後の支払時の仕訳はislandmさんがお書きの通りですが。

個人事業ですから12月末日が年度最終日になると思いますが、
法人の場合でも決算日後に税理士に税務申告資料の作成等を依頼することになりますが、その費用はあくまでもその決算日の後の作業であることから、翌年度の費用計上となります。
但し会計伝票などの摘要には「第**期決算確定申告書作成業務費用」などとすることはありますが・・・。

個人事業の経理には全く疎い私めなので、ピントをはずしていたらお許し下さいませ(苦笑)。

こんにちは。

横レスで失礼致します。

ちょっとだけ疑問に思ったもので・・・・

>この決算申告手数料はH19年の支払手数料
未払いとして計上してもいいでしょうか?
これは具体的に、いつ未払いを計上しようとしているのでしょうか?
平成20年の1月ですか?
それとも平成19年12月末までですか?
どちらとも受取れる文章でしたので・・・
消費税などの税金関係の未払計上とはちょっと性質が違いますし。
未払金計上後の支払時の仕訳はislandmさんがお書きの通りですが。

個人事業ですから12月末日が年度最終日になると思いますが、
法人の場合でも決算日後に税理士に税務申告資料の作成等を依頼することになりますが、その費用はあくまでもその決算日の後の作業であることから、翌年度の費用計上となります。
但し会計伝票などの摘要には「第**期決算確定申告書作成業務費用」などとすることはありますが・・・。

個人事業の経理には全く疎い私めなので、ピントをはずしていたらお許し下さいませ(苦笑)。

返信

3. Re: 未払の経費について

2008/01/31 11:46

ZELDA

神の領域

編集

ranさんがおっしゃる通り、ちょっと気になりますね。

個人事業の場合、年度の最終日が12/31と強制的に決まっていますので、この日までに税理事務所が平成19年度決算を終了していれば平成19年度の未払金として計上するのもO.K.です。(それこそ平成19年の日付で税理士事務所から請求書でも来ていれば間違いなく未払金として計上できます。)

しかし、それはまず考えられませんので今期(平成20年)の費用とするのが妥当ではないでしょうか。

ranさんがおっしゃる通り、ちょっと気になりますね。

個人事業の場合、年度の最終日が12/31と強制的に決まっていますので、この日までに税理事務所が平成19年度決算を終了していれば平成19年度の未払金として計上するのもO.K.です。(それこそ平成19年の日付で税理士事務所から請求書でも来ていれば間違いなく未払金として計上できます。)

しかし、それはまず考えられませんので今期(平成20年)の費用とするのが妥当ではないでしょうか。

返信

4. Re: 未払の経費について

2008/01/31 14:02

sophia

積極参加

編集

遅くなって申し訳ありません。

H19年分の決算手数料をH20年の1月に支払いました。

請求書はH20年の日付で発行されていますので
ZELDAさんのおっしゃるようにH20年度の
費用とするようにしました。

みなさんありがとうございました。

遅くなって申し訳ありません。

H19年分の決算手数料をH20年の1月に支払いました。

請求書はH20年の日付で発行されていますので
ZELDAさんのおっしゃるようにH20年度の
費用とするようにしました。

みなさんありがとうございました。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています