•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

電脳名刺で名刺無料キャンペーン行っています

別表8受取配当金の益金不算入 総資産の金額について

質問 回答受付中

別表8受取配当金の益金不算入 総資産の金額について

2007/10/17 23:10

kitikiti

おはつ

回答数:1

編集

きちといいます。
法人税申告書 別表8受取配当金の益金不算入の計算で負債利子の計算で分母にくる総資産の金額についての質問です。

総資産の帳簿価額は原則として、確定した決算に基づいて貸借対照表に計上されている金額によることとされています。(法人税法施行令第22条第1項1号)

その条文より
イ 固定資産の帳簿価額を損金経理により減算することに代えて損金経理により引当金として経理している金額又は利益処分により積立金として積み立てている金額(=圧縮積立金部分)は帳簿価額より減算するにことなっています。また
ニ その他有価証券に係る評価益等相当額は減算する。
ヘ その他有価証券に係る評価損等相当額は加算する。
ことになっています。

ところで、圧縮記帳ではなく、固定資産の減損を行った場合(税務上の否認額)は帳簿価額(分母)に加算してもよいのでしょうか。上記、時価評価した有価証券の加減算と同じように減損した固定資産の差額分も加算してよいでしょうか。限定列挙であれば加算不可のような気がします・・・

いろいろ調べましたがどの解説書にも書いていません、よろしくお願いします。

きちといいます。
法人税申告書 別表8受取配当金の益金不算入の計算で負債利子の計算で分母にくる総資産の金額についての質問です。

総資産の帳簿価額は原則として、確定した決算に基づいて貸借対照表に計上されている金額によることとされています。(法人税法施行令第22条第1項1号)

その条文より
イ 固定資産の帳簿価額を損金経理により減算することに代えて損金経理により引当金として経理している金額又は利益処分により積立金として積み立てている金額(=圧縮積立金部分)は帳簿価額より減算するにことなっています。また
ニ その他有価証券に係る評価益等相当額は減算する。
ヘ その他有価証券に係る評価損等相当額は加算する。
ことになっています。

ところで、圧縮記帳ではなく、固定資産の減損を行った場合(税務上の否認額)は帳簿価額(分母)に加算してもよいのでしょうか。上記、時価評価した有価証券の加減算と同じように減損した固定資産の差額分も加算してよいでしょうか。限定列挙であれば加算不可のような気がします・・・

いろいろ調べましたがどの解説書にも書いていません、よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: 別表8受取配当金の益金不算入 総資産の金額について

2007/10/18 01:40

karz

すごい常連さん

編集

確実な答えではないのですが、参考にしてください

会計上
減損損失 / 建物等 として直接減額するか
       / 減損損失累計額 として間接減額(両建表示)
がありますが、表示の相違によって総資産の金額が
異なるため、法令や通達で決められています。

通常の減価償却と同じですが、条文で損金経理により引当金として経理している金額は
帳簿価額より減算する、とあるので直接減額している場合は、加算はできないと思います。
(間接減額している場合は、減算)

総資産の帳簿価額が増加すれば、負債利子が減少するため、
両建表示を認めれば、国としては税収が減ります。
あと、できる限り両建表示などをして、帳簿価額を増やすことも
考えられます。

また、帳簿価額とは税務上の帳簿価額とは書いていません。
あくまで、確定した決算に基づいて〜と書いていますので、
税務上の否認額などは関係ないと思います。
(否認額を加算→帳簿価額が増える→税収が減る)

申告書の手引きにも、両建勘定は帳簿価額に含まれないと書いています。

税務署、税理士等に確認するのが一番です。

自身ないので補足お願いいたします。

確実な答えではないのですが、参考にしてください

会計上
減損損失 / 建物等 として直接減額するか
       / 減損損失累計額 として間接減額(両建表示)
がありますが、表示の相違によって総資産の金額が
異なるため、法令や通達で決められています。

通常の減価償却と同じですが、条文で損金経理により引当金として経理している金額は
帳簿価額より減算する、とあるので直接減額している場合は、加算はできないと思います。
(間接減額している場合は、減算)

総資産の帳簿価額が増加すれば、負債利子が減少するため、
両建表示を認めれば、国としては税収が減ります。
あと、できる限り両建表示などをして、帳簿価額を増やすことも
考えられます。

また、帳簿価額とは税務上の帳簿価額とは書いていません。
あくまで、確定した決算に基づいて〜と書いていますので、
税務上の否認額などは関係ないと思います。
(否認額を加算→帳簿価額が増える→税収が減る)

申告書の手引きにも、両建勘定は帳簿価額に含まれないと書いています。

税務署、税理士等に確認するのが一番です。

自身ないので補足お願いいたします。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています