•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

土地の時価評価について

質問 回答受付中

土地の時価評価について

2007/06/08 08:55

baggio10

おはつ

回答数:2

編集

いつもお世話になっております。

今回、当社で保有土地の一部を寄付することになったのですが、バブル期に購入した物件なので、簿価が時価よりも相当高い状態にあります。
寄付の場合には、簿価ではなく時価にて寄付したものとして処理することになると思いますが、鑑定評価はお金が係るし、公示地価も適当な地点のものがないので、公示地価に代わるものとして「路線価評価÷0.8」とか「倍率方式による評価額÷0.8」で計算した額を時価とすることは、法人税法上、問題あるのでしょうか?

いつもお世話になっております。

今回、当社で保有土地の一部を寄付することになったのですが、バブル期に購入した物件なので、簿価が時価よりも相当高い状態にあります。
寄付の場合には、簿価ではなく時価にて寄付したものとして処理することになると思いますが、鑑定評価はお金が係るし、公示地価も適当な地点のものがないので、公示地価に代わるものとして「路線価評価÷0.8」とか「倍率方式による評価額÷0.8」で計算した額を時価とすることは、法人税法上、問題あるのでしょうか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 土地の時価評価について

2007/06/10 07:14

しかしか

さらにすごい常連さん

編集

まず最初に、土地の寄付が「寄付金」になるということは、その土地を寄付することによって御社が何の利益も得ない、ということが前提です。

その土地を寄付することによって御社に何らかの利益が及ぶ場合には、また別の話ですので注意が必要です。


その前提の上で、たとえば、土地を寄付する相手が、国や地方公共団体で、寄付をすることによって御社には何の利益も得ないのでしたら、あんまり税務署もうるさくはいわないでしょう。

会社の資産を国などに寄付して偉いですね〜、という話ですから、これには税務署も文句つけようがないですから、時価算出の簡単な方法として、「路線価評価÷0.8(または0.7)」とか「倍率方式による評価額÷0.8(または0.7)」で計算した額を時価としてもあまり問題はないでしょう。

しかし、その寄付が御社の取引先ですとか、御社の親会社・子会社である場合には注意が必要です。

このように利害が関係する相手や身内が寄付の相手である場合には、慎重に取引を検討する必要があります。

また、金額の算定については、税務署に反論できないような根拠が必要です。
できればお金はかかっても、不動産鑑定士による鑑定評価をしたほうが無難かもしれません。

「路線価評価÷0.8(または0.7)」とか「倍率方式による評価額÷0.8(または0.7)」で計算した額を時価としても問題がない場合というのは、その金額を使って計算しても法人税の課税上弊害がないと税務署が判断した場合の話です。

場合によっては、税務署にもっと他の金額を持ち出してきて課税される危険性もまったくないわけではないので、取引の内容によっては慎重に判断する必要があります。

まず最初に、土地の寄付が「寄付金」になるということは、その土地を寄付することによって御社が何の利益も得ない、ということが前提です。

その土地を寄付することによって御社に何らかの利益が及ぶ場合には、また別の話ですので注意が必要です。


その前提の上で、たとえば、土地を寄付する相手が、国や地方公共団体で、寄付をすることによって御社には何の利益も得ないのでしたら、あんまり税務署もうるさくはいわないでしょう。

会社の資産を国などに寄付して偉いですね〜、という話ですから、これには税務署も文句つけようがないですから、時価算出の簡単な方法として、「路線価評価÷0.8(または0.7)」とか「倍率方式による評価額÷0.8(または0.7)」で計算した額を時価としてもあまり問題はないでしょう。

しかし、その寄付が御社の取引先ですとか、御社の親会社・子会社である場合には注意が必要です。

このように利害が関係する相手や身内が寄付の相手である場合には、慎重に取引を検討する必要があります。

また、金額の算定については、税務署に反論できないような根拠が必要です。
できればお金はかかっても、不動産鑑定士による鑑定評価をしたほうが無難かもしれません。

「路線価評価÷0.8(または0.7)」とか「倍率方式による評価額÷0.8(または0.7)」で計算した額を時価としても問題がない場合というのは、その金額を使って計算しても法人税の課税上弊害がないと税務署が判断した場合の話です。

場合によっては、税務署にもっと他の金額を持ち出してきて課税される危険性もまったくないわけではないので、取引の内容によっては慎重に判断する必要があります。

返信

2. Re: ありがとうございました。

2007/06/15 08:44

baggio10

おはつ

編集

お礼が遅くなりましたが、ご丁寧な回答ありがとうございました。再度、よく検討してみます。

お礼が遅くなりましたが、ご丁寧な回答ありがとうございました。再度、よく検討してみます。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています