•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

ETC前払金の期末残額の経理処理について

質問 回答受付中

ETC前払金の期末残額の経理処理について

2006/03/02 09:38

ワン太

おはつ

回答数:4

編集

こんにちは。

 昨年末の終了間際に払い込んだETC前払割引サービスの残額が、期末時点で10万円以上の残ってしまっています。
 前払金を払った時点で『車両費・高速料金』として経費に計上しているのですが、そのままその期の経費としてしまってよいものなのでしょうか?
 それとも、何かの形で残額を資産計上したほうが良いのでしょうか?

 そもそも、『車両費』で経費として処理をしたことが誤りかもしれないと思い始めてもいます。

 ETC前払金の正しい経理処理の方法をご教示頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。 :-(

こんにちは。

 昨年末の終了間際に払い込んだETC前払割引サービスの残額が、期末時点で10万円以上の残ってしまっています。
 前払金を払った時点で『車両費・高速料金』として経費に計上しているのですが、そのままその期の経費としてしまってよいものなのでしょうか?
 それとも、何かの形で残額を資産計上したほうが良いのでしょうか?

 そもそも、『車両費』で経費として処理をしたことが誤りかもしれないと思い始めてもいます。

 ETC前払金の正しい経理処理の方法をご教示頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。 :-(

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: ETC前払金の期末残額の経理処理について

2006/03/02 13:03

nishi1225

常連さん

編集

支払時には「車輌費」ではなく、「前払費用」とすべきだったと思います。

期中でしたら前払費用されてはいかがでしょうか。

支払時には「車輌費」ではなく、「前払費用」とすべきだったと思います。

期中でしたら前払費用されてはいかがでしょうか。

返信

2. Re: ETC前払金の期末残額の経理処理について

2006/03/02 14:31

Ivy

常連さん

編集

期中払ったとき
前払金 100/現金 100
使ったとき
車輌費とか旅費交通費 70/前払金 70

・・が、基本的な方法ですが。

払ったときに車輌費にしている場合には

期末に
前払金 30/車輌費 30
・・として戻しいれればOKです。

毎月の経営成績を正確に把握したい!という場合には
基本的な方法が良いですが
決算だけ正しく組めればいーの!という場合には
後者でも問題ないと思います。


前払費用は、時間の経過とともに費用化していく経費の
前払に使います。期末には1年以内と1年以上で流動資産、固定資産に振り分けますので
ETCの前払の場合には前払金勘定が良いと思います。






期中払ったとき
前払金 100/現金 100
使ったとき
車輌費とか旅費交通費 70/前払金 70

・・が、基本的な方法ですが。

払ったときに車輌費にしている場合には

期末に
前払金 30/車輌費 30
・・として戻しいれればOKです。

毎月の経営成績を正確に把握したい!という場合には
基本的な方法が良いですが
決算だけ正しく組めればいーの!という場合には
後者でも問題ないと思います。


前払費用は、時間の経過とともに費用化していく経費の
前払に使います。期末には1年以内と1年以上で流動資産、固定資産に振り分けますので
ETCの前払の場合には前払金勘定が良いと思います。






返信

3. Re: ETC前払金の期末残額の経理処理について

2006/03/07 08:39

ワン太

おはつ

編集

ご回答ありがとうございました。
出張中だったため、お礼が遅くなり失礼いたしました。

ご回答ありがとうございました。
出張中だったため、お礼が遅くなり失礼いたしました。

返信

4. Re: ETC前払金の期末残額の経理処理について

2006/03/08 22:39

おけ

さらにすごい常連さん

編集

今さらですが、あー、この場合は、「前払費用」のほうがベターですね。

「前払金」という勘定科目は、
その字面からよく勘違いされてしまうのですが、
(というか私自身、始めのころは何度も間違えたのですが、)
仮に後払いだったなら「買掛金」を使うべき場合、
つまりは相手科目が「仕入」や「外注費」などのときにのみ、
使うべき科目とされているんです。
(「前払金」の代わりに「前渡金」という科目名でもOKです。)

今回のwantaさんのケースでは、
「仕入」や「外注費」ではなく「車両費」が相手科目ですから、
「前払金」を使うのはう〜ん・・・です。

じゃあ何が適当な科目なのかというと、
「時とともに費用化」というのを
『断続的に』『不定期に』でもOKとした上で、
「前払費用」を使うのが、この場合はイチバンです。

加えて、先払いを表す適当な科目が他に無いため、
「前払費用」を使うしかないなぁ、ということでもあります。

過去ログのためにという意味も込めて、投稿しました。

今さらですが、あー、この場合は、「前払費用」のほうがベターですね。

「前払金」という勘定科目は、
その字面からよく勘違いされてしまうのですが、
(というか私自身、始めのころは何度も間違えたのですが、)
仮に後払いだったなら「買掛金」を使うべき場合、
つまりは相手科目が「仕入」や「外注費」などのときにのみ、
使うべき科目とされているんです。
(「前払金」の代わりに「前渡金」という科目名でもOKです。)

今回のwantaさんのケースでは、
「仕入」や「外注費」ではなく「車両費」が相手科目ですから、
前払金」を使うのはう〜ん・・・です。

じゃあ何が適当な科目なのかというと、
「時とともに費用化」というのを
『断続的に』『不定期に』でもOKとした上で、
前払費用」を使うのが、この場合はイチバンです。

加えて、先払いを表す適当な科目が他に無いため、
前払費用」を使うしかないなぁ、ということでもあります。

過去ログのためにという意味も込めて、投稿しました。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています