•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

売上と仕入について

質問 回答受付中

売上と仕入について

2005/08/23 21:35

tomoya

ちょい参加

回答数:1

編集

伝票を見たら当座預金に入金がありました。
この入金が売上なのか、仕入の過入金の戻しなのか
どうしても判断できません。
1.(当座三菱)(売上)300,000
2.(当座三菱)(仕入)300,000
1.2.のどちらで処理しても当期利益は同じです。
消費税の計算や法人税の計算で税額は
変わってくるものなのでしょうか?
よろしくお願い致します。

伝票を見たら当座預金に入金がありました。
この入金が売上なのか、仕入の過入金の戻しなのか
どうしても判断できません。
1.(当座三菱)(売上)300,000
2.(当座三菱)(仕入)300,000
1.2.のどちらで処理しても当期利益は同じです。
消費税の計算や法人税の計算で税額は
変わってくるものなのでしょうか?
よろしくお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: 売上と仕入について

2005/08/24 10:41

TOKUJIN

すごい常連さん

編集

まず最初に、判断できないということはありえないと
思いますよ。
判断できないということは、そもそも、その入金は
受け取っていいものかどうかが怪しいということに
なります。
どうしても分からないのなら振り込んできた相手に
聞いてみるのが手っ取り早いでしょう。根拠があって
振り込んできているのでしょうから。

それで答えが出てしまえばこの質問は意味をなさなく
なってしまいますが、一般論としてレスします。
売上か仕入のマイナスか、では、損益的にはプラス
マイナスゼロですから、利益は不変です。
つまり、利益不変=所得不変で、法人税額には影響が
ありません。
(識者のツッコミ対策で細かい話をさせていただきますと、
例えば試験研究費の総額にかかる税額控除で売上高を
使って控除割合を出すところがありますので、何を売上高に
含めたかで税額計算に影響する場合があります。)

消費税においても、本則課税の場合は仮受消費税−
仮払消費税の差引計算ですから、売上処理であれば
仮受消費税がプラスか出ますし、仕入のマイナス処理で
あれば仮払消費税のマイナスが出ますから、どちらでも
差引計算はプラスマイナス影響無しです。
ただし、簡易課税の場合はずばり影響が出ます。
簡易課税は売上項目のみを使って「簡易」的に消費税を
計算する方法ですので、仕入のマイナス処理をした場合
には計算に使われません。
つまり、仕入のマイナス処理をした場合は、売上を
増やさない分、税額が少なくなることになります。

まず最初に、判断できないということはありえないと
思いますよ。
判断できないということは、そもそも、その入金は
受け取っていいものかどうかが怪しいということに
なります。
どうしても分からないのなら振り込んできた相手に
聞いてみるのが手っ取り早いでしょう。根拠があって
振り込んできているのでしょうから。

それで答えが出てしまえばこの質問は意味をなさなく
なってしまいますが、一般論としてレスします。
売上か仕入のマイナスか、では、損益的にはプラス
マイナスゼロですから、利益は不変です。
つまり、利益不変=所得不変で、法人税額には影響が
ありません。
(識者のツッコミ対策で細かい話をさせていただきますと、
例えば試験研究費の総額にかかる税額控除で売上高を
使って控除割合を出すところがありますので、何を売上高に
含めたかで税額計算に影響する場合があります。)

消費税においても、本則課税の場合は仮受消費税
仮払消費税の差引計算ですから、売上処理であれば
仮受消費税がプラスか出ますし、仕入のマイナス処理で
あれば仮払消費税のマイナスが出ますから、どちらでも
差引計算はプラスマイナス影響無しです。
ただし、簡易課税の場合はずばり影響が出ます。
簡易課税は売上項目のみを使って「簡易」的に消費税
計算する方法ですので、仕入のマイナス処理をした場合
には計算に使われません。
つまり、仕入のマイナス処理をした場合は、売上を
増やさない分、税額が少なくなることになります。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています