•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

相殺の仕訳について

質問 回答受付中

相殺の仕訳について

2005/08/12 10:33

yellow

積極参加

回答数:4

編集

相殺の仕訳について教えて下さい。

例えば、会社:Aとの内容です。

ヽ庵軾顱50万<決算のため未払金処理>
 外注費/未払金

***新年度***
月末売上(その1)たてる:30万
 売掛金/売上

A者と同行の飛行機代立替:10万
 立替/現金

し酲売上(その2)たてる:30万
 売掛金/売上

相殺のための仕訳
〔なФ50万/売掛金30万
 ???20万/N替金10万
         /で箜欟30万

※支払期限はなく、基本的には相殺します。
※売上>外注費、売上<外注費 金額がどちらが多いかわかりません。
※上の仕訳は、正しいですか?20万円は、未払金、立替金、何で処理する方法が良いですか?

相殺の仕訳について教えて下さい。

例えば、会社:Aとの内容です。

ヽ庵軾顱50万<決算のため未払金処理>
 外注費/未払金

***新年度***
月末売上(その1)たてる:30万
 売掛金/売上

A者と同行の飛行機代立替:10万
 立替/現金

し酲売上(その2)たてる:30万
 売掛金/売上

相殺のための仕訳
〔なФ50万/売掛金30万
 ???20万/立替金10万
         /売掛金30万

※支払期限はなく、基本的には相殺します。
※売上>外注費、売上<外注費 金額がどちらが多いかわかりません。
※上の仕訳は、正しいですか?20万円は、未払金、立替金、何で処理する方法が良いですか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 相殺の仕訳について

2005/08/12 12:11

konta

すごい常連さん

編集

「売掛金と立替金の合計」と「未払金」の残高を月末時点で
補助簿等で確認して少ない方の残が0になるように仕訳する。
「売掛金と立替金の合計」に残が残る場合はどちらを優先するかは
会社さんの事情でしょうが、一般的には立替金を早く消すかな?

しかし場合によっては相殺処理をせずお互いに支払をした方が
判りやすく各方面に事情説明が容易な場合もありますので
良く検討してみてください。

売掛金立替金の合計」と「未払金」の残高を月末時点で
補助簿等で確認して少ない方の残が0になるように仕訳する。
売掛金立替金の合計」に残が残る場合はどちらを優先するかは
会社さんの事情でしょうが、一般的には立替金を早く消すかな?

しかし場合によっては相殺処理をせずお互いに支払をした方が
判りやすく各方面に事情説明が容易な場合もありますので
良く検討してみてください。

返信

2. Re: 相殺の仕訳について

2005/08/12 17:37

編集

こんにちは。

仕訳の一つとしては次の例があります。
1.未払金50万/2.売掛金30万
        /3.立替金10万
        /4.売掛金10万
あえて全額相殺する必要はないとお考えならば、
以上のようになり、残額20万円は現金等で回収することになります。
また、何を相殺するかは法定充当云々の方法もありますが、相手と相談して
決めた方がよいとも思います。

こんにちは。

仕訳の一つとしては次の例があります。
1.未払金50万/2.売掛金30万
        /3.立替金10万
        /4.売掛金10万
あえて全額相殺する必要はないとお考えならば、
以上のようになり、残額20万円は現金等で回収することになります。
また、何を相殺するかは法定充当云々の方法もありますが、相手と相談して
決めた方がよいとも思います。

返信

3. Re: 相殺の仕訳について

2005/08/13 00:36

おけ

さらにすごい常連さん

編集

相殺は、具体的に何と何とを相殺すると取り決めていなかった場合には、
相殺するぞと言ってきたほうが
「どれとどれとを相殺」と指定してきたら基本的にそれに従い、
指定してこなかったら言われた側が逆指名して
「これとこれとを相殺するから」と言った側に伝えるしくみになります。

お互い特に伝えていない場合には、
言われた側が自由に決めてしまって大丈夫です。
(ただ、決めた内容を言った側へ伝えたほうが良いかと思います。)


売掛金と立替金のどちらから相殺させたほうが良いのかについては、
状況を詳細に見ないことには何とも言えません。


なお、相殺という手法を使うかどうかについては、
諸般の事情を総合判断した場合に、たいていは、
お互いに支払い合うよりも相殺をしたほうが
はるかに有利となりますヨ。
(文書等をきちんと残しておくことを前提としての話です。)


最後に、マル1、マル2などの丸囲み文字は、
Web上では文字化けの原因となるそうでして、
使わないのがネチケットです。

相殺は、具体的に何と何とを相殺すると取り決めていなかった場合には、
相殺するぞと言ってきたほうが
「どれとどれとを相殺」と指定してきたら基本的にそれに従い、
指定してこなかったら言われた側が逆指名して
「これとこれとを相殺するから」と言った側に伝えるしくみになります。

お互い特に伝えていない場合には、
言われた側が自由に決めてしまって大丈夫です。
(ただ、決めた内容を言った側へ伝えたほうが良いかと思います。)


売掛金立替金のどちらから相殺させたほうが良いのかについては、
状況を詳細に見ないことには何とも言えません。


なお、相殺という手法を使うかどうかについては、
諸般の事情を総合判断した場合に、たいていは、
お互いに支払い合うよりも相殺をしたほうが
はるかに有利となりますヨ。
(文書等をきちんと残しておくことを前提としての話です。)


最後に、マル1、マル2などの丸囲み文字は、
Web上では文字化けの原因となるそうでして、
使わないのがネチケットです。

返信

4. Re: 相殺の仕訳について

2005/08/15 16:19

編集

o_kさん、充当の件につきフォロー頂きありがとうございました :-D

o_kさん、充当の件につきフォロー頂きありがとうございました :-D

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています