•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

未払費用計上について

質問 回答受付中

未払費用計上について

2005/04/20 18:33

小桃

すごい常連さん

回答数:12

編集

決算時に、諸々の費用については、その支払いが済んでいなくても、債務が確定していれば、未払費用を計上して費用処理しますよね?これは、節税の為だと思うのですが・・・。

費用計上しなくても、納める税金がない場合は未払費用の計上はしなくてもよいものなのでしょうか?
例えば、給料の計算期間が当月21日〜翌月20日で、支払日が25日となっている会社なら、21日からその月の末日までの給与について、未払給料を計上するんですよね。
過去レスを見ていても、みんさんは計上するのを前提としてお話をしているような気がするのですが・・・。

未払費用として、必ず計上しなければいけないものがあれば教えてください。
よろしくお願いします。 :cry:

決算時に、諸々の費用については、その支払いが済んでいなくても、債務が確定していれば、未払費用を計上して費用処理しますよね?これは、節税の為だと思うのですが・・・。

費用計上しなくても、納める税金がない場合は未払費用の計上はしなくてもよいものなのでしょうか?
例えば、給料の計算期間が当月21日〜翌月20日で、支払日が25日となっている会社なら、21日からその月の末日までの給与について、未払給料を計上するんですよね。
過去レスを見ていても、みんさんは計上するのを前提としてお話をしているような気がするのですが・・・。

未払費用として、必ず計上しなければいけないものがあれば教えてください。
よろしくお願いします。 :cry:

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜12件 (全12件)
| 1 |

1. Re: 未払費用計上について

2005/04/20 19:37

編集

原則として、公共料金などの自動振替をのぞき
3月以前の請求書すべてが対象

未払い費用を利益操作の手段というのはかかがなものですかね。

原則として、公共料金などの自動振替をのぞき
3月以前の請求書すべてが対象

未払い費用を利益操作の手段というのはかかがなものですかね。

返信

2. Re: 未払費用計上について

2005/04/21 10:36

小桃

すごい常連さん

編集

umesan様

お返事ありがとうございます。

>未払い費用を利益操作の手段というのはかかがなものですかね。
利益操作とは、全く考えていません。他のWebサイトで「未払費用を計上して、節税しよう!」と書いてあったのでそのまま書いてしまいました。スミマセン。私の不注意でした。

>3月以前の請求書すべてが対象
給与手当は、請求書はないですよね?とすると、計上するかどうかは企業に任せるということでしょうか???

よろしくお願いします。

umesan様

お返事ありがとうございます。

>未払い費用を利益操作の手段というのはかかがなものですかね。
利益操作とは、全く考えていません。他のWebサイトで「未払費用を計上して、節税しよう!」と書いてあったのでそのまま書いてしまいました。スミマセン。私の不注意でした。

>3月以前の請求書すべてが対象
給与手当は、請求書はないですよね?とすると、計上するかどうかは企業に任せるということでしょうか???

よろしくお願いします。

返信

3. Re: 未払費用計上について

2005/04/23 22:24

むむむ

常連さん

編集

こんばんは

>3月以前の請求書すべてが対象

これはちょっと言い回しが違うのではないでしょうかね?
企業会計原則の中に、以下の文言があります。

未払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
既に提供された役務に対していまだその対価の支払が終らないものをいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過に伴い既に当期の
費用として発生しているものであるから、これを当期の損益計算に計上
するとともに貸借対照表の負債の部に計上しなければならない。(後略)

という事は、komomoさんが労働の提供を受けているか? 
それに対する支払の義務があるか?が重要で、請求書を出した出さない
で判断すべきではないと思います。

なお、企業会計原則の中には「重要性の原則」や「継続性の原則」なども
ありますので、それを併せて考える必要があると思います。

こんばんは

>3月以前の請求書すべてが対象

これはちょっと言い回しが違うのではないでしょうかね?
企業会計原則の中に、以下の文言があります。

未払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
既に提供された役務に対していまだその対価の支払が終らないものをいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過に伴い既に当期の
費用として発生しているものであるから、これを当期の損益計算に計上
するとともに貸借対照表の負債の部に計上しなければならない。(後略)

という事は、komomoさんが労働の提供を受けているか? 
それに対する支払の義務があるか?が重要で、請求書を出した出さない
で判断すべきではないと思います。

なお、企業会計原則の中には「重要性の原則」や「継続性の原則」なども
ありますので、それを併せて考える必要があると思います。

返信

4. Re: 未払費用計上について

2005/04/23 23:53

おけ

さらにすごい常連さん

編集

少し補足しますと、
いったん未払費用を計上したものについては、
「今期は利益が少ないから」などという理由で計上しない処理に
戻してしまうことは、認められません。

というのも、
a.同じ処理を継続させないのは一種の違法行為ですし、
b.未払費用を計上したほうがより望ましいので、
  望ましい処理から次善の処理へと戻すのは
  歓迎出来ない
からです。

従って、未払費用を計上することに決めた期は節税になりますが、
翌期以降は節税になりません。

少し補足しますと、
いったん未払費用を計上したものについては、
「今期は利益が少ないから」などという理由で計上しない処理に
戻してしまうことは、認められません。

というのも、
a.同じ処理を継続させないのは一種の違法行為ですし、
b.未払費用を計上したほうがより望ましいので、
  望ましい処理から次善の処理へと戻すのは
  歓迎出来ない
からです。

従って、未払費用を計上することに決めた期は節税になりますが、
翌期以降は節税になりません。

返信

5. Re: 未払費用計上について

2005/04/24 01:02

むむむ

常連さん

編集

こちらこそ。 :-D

補足をありがとうございます。

こちらこそ。 :-D

補足をありがとうございます。

返信

6. Re: 未払費用計上について

2005/04/25 17:12

小桃

すごい常連さん

編集

mumum様 o_k様

お返事が遅れ申し訳ございません&書き込みありがとうございます。

皆さんからの回答を読んでいてまた一つ疑問が・・・
未払費用の計上について、「未払給与」を計上することにしました。そこで、「役員報酬」の取扱いはどうなるのでしょうか?
給与同様に未払費用で計上するのでしょうか?

よろしくお願いします。

mumum様 o_k様

お返事が遅れ申し訳ございません&書き込みありがとうございます。

皆さんからの回答を読んでいてまた一つ疑問が・・・
未払費用の計上について、「未払給与」を計上することにしました。そこで、「役員報酬」の取扱いはどうなるのでしょうか?
給与同様に未払費用で計上するのでしょうか?

よろしくお願いします。

返信

7. Re: 未払費用計上について

2005/04/25 17:47

編集

こんにちは。

役員報酬の日割り分は計上することは可能と思いますが、
弊社では計上しておりません。
   ↑珍しく私の考えと一致してたりします(笑)。

と申し上げますのは、
役員報酬は月額や年額単位で定められることが多く、
日額とする契約はあまりないと思われ、
また、報酬額を月額や年額とした場合に日割りの計算をすると、
役員改選の総会の日付が毎年異なる場合、
月額年額と実支給額に差額が生じることになります。

もっとも、そのあたりをクリアーできるならば、
冒頭に申し上げたように日割りも可能と思います。
他の会社さんの事例もお聞きしてみたいところですね。

こんにちは。

役員報酬の日割り分は計上することは可能と思いますが、
弊社では計上しておりません。
   ↑珍しく私の考えと一致してたりします(笑)。

と申し上げますのは、
役員報酬は月額や年額単位で定められることが多く、
日額とする契約はあまりないと思われ、
また、報酬額を月額や年額とした場合に日割りの計算をすると、
役員改選の総会の日付が毎年異なる場合、
月額年額と実支給額に差額が生じることになります。

もっとも、そのあたりをクリアーできるならば、
冒頭に申し上げたように日割りも可能と思います。
他の会社さんの事例もお聞きしてみたいところですね。

返信

8. Re: 未払費用計上について

2005/04/25 18:09

小桃

すごい常連さん

編集

kopapa殿
お返事ありがとうございます。

そぅですね。
>月額年額と実支給額に差額が生じることになります。
これは、避けたいので計上しない方向で考えます。

しかし、弊社では運営資金のために役員報酬を支払っていない月があったのですが、その月に

役員報酬 ******/ 未払金 ******
と、処理していました。今現在も上記の支払は行われていません。役員報酬の未払い分については、未払金処理のままでよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

kopapa殿
お返事ありがとうございます。

そぅですね。
>月額年額と実支給額に差額が生じることになります。
これは、避けたいので計上しない方向で考えます。

しかし、弊社では運営資金のために役員報酬を支払っていない月があったのですが、その月に

役員報酬 ******/ 未払金 ******
と、処理していました。今現在も上記の支払は行われていません。役員報酬の未払い分については、未払金処理のままでよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

返信

9. Re: 未払費用計上について

2005/04/26 17:49

編集

この場合、未払金処理のままで差し支えないと思います。
また、翌事業年度の実際に支払った月に、法人税法上役員賞与とされないことを
どこかで読んだのですが、根拠が見つけられていないので、
できれば税務署へご確認をお願いできますでしょうか。。。
所得税は未払の場合でも発生することもどこかで読んだのですが、
ご存じであれば全くの蛇足なので、読み流してくださいね。

この場合、未払金処理のままで差し支えないと思います。
また、翌事業年度の実際に支払った月に、法人税法上役員賞与とされないことを
どこかで読んだのですが、根拠が見つけられていないので、
できれば税務署へご確認をお願いできますでしょうか。。。
所得税は未払の場合でも発生することもどこかで読んだのですが、
ご存じであれば全くの蛇足なので、読み流してくださいね。

返信

10. Re: 未払費用計上について

2005/04/26 17:59

小桃

すごい常連さん

編集

copapa殿

早速のお返事ありがとうございます。

所得税については、知りませんでした :roll:
未払いの場合でも発生するというのはどういうことでしょうか?
昨年度分(H16年度)は、年末調整時に支払が確定しているものについては計算に入れました。本年1月〜3月中の報酬については、どういう処理になるのでしょうか?
※弊社は、納期の特例適用事業者です。したがって、所得税の納付は年2回です。

copapa殿

早速のお返事ありがとうございます。

所得税については、知りませんでした :roll:
未払いの場合でも発生するというのはどういうことでしょうか?
昨年度分(H16年度)は、年末調整時に支払が確定しているものについては計算に入れました。本年1月〜3月中の報酬については、どういう処理になるのでしょうか?
※弊社は、納期の特例適用事業者です。したがって、所得税の納付は年2回です。

返信

11. Re: 未払費用計上について

2005/04/26 18:39

編集

タックスアンサーを探してみました。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2526.htm

どうやら年末調整時の計算に未払分が使われるようです。
私も詳しくないのでこれくらいしか判りませんm(_ _)m

タックスアンサーを探してみました。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2526.htm

どうやら年末調整時の計算に未払分が使われるようです。
私も詳しくないのでこれくらいしか判りませんm(_ _)m

返信

12. Re: 未払費用計上について

2005/04/26 19:06

小桃

すごい常連さん

編集

copapa殿

お返事ありがとうございます。

年末調整時には、未払い分も計算に入れたので大丈夫だと思います。

本年分については、全額未払いなので支給時に源泉徴収します。

ありがとうございました。 :-D

copapa殿

お返事ありがとうございます。

年末調整時には、未払い分も計算に入れたので大丈夫だと思います。

本年分については、全額未払いなので支給時に源泉徴収します。

ありがとうございました。 :-D

返信

1件〜12件 (全12件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています