テントス

おはつ

回答数:0

編集

初めて投稿します。 よろしくお願いします。

前提として、
弊社の決算は12月です。
事業の特性上事業保険に加入しており、弊社商品によって最長で7年リスクの保険契約があります。保険契約時は、最長7年のリスクがある保険料を一括で費用計上しています。(売上も一括計上の為)
また、保険契約している保険会社が2社あります。弊社商品によって振り分けています。

ここからが質問です。
2020年期中に、A保険会社で過去に保険化した契約のうち、まだリスクが到来していない、契約(未経過分)を解約し、解約返礼金を受け取り、すぐにB保険会社に全額移し替えました。ようは保険会社を変更したのです。(B保険会社の方が保険料が安い)

その際の仕訳は下記の通りです。
1、A保険会社解約時(解約返礼金)
現金/前受  
2、B保険会社へ保険料支払い
仮払/現金

2020年決算時
1,前受/前期修正益(当年度既経過分)

2,前期修正損/仮払(当年度既経過分)

解約金受け取りの際は損益では一括収益とはせず、リスク到来する期間(既経過保険料)に応じて収益、および費用化する計画でしたので、一旦前受、仮払いとしていました。
ただし、法人所得では安全性を鑑み解約返礼金全額を収益とするよう、2020年度は加算し、法人税を支払い、2021年以降既経過に応じて減算する予定で決算を終えました。

ところが2021年に入り、A保険会社から解約の取消しの要請があった為、解約を取消す事になりました。(解約の取消しについては色々と複雑な事情がある為、割愛します。)

ただし会計上保険解約の取消しがあったとしても、従来の計画通りリスク到来したら(既経過化)特別収益と、費用に計上する事は変わりないので、大きな修正は必要ないと社長に説明しましたが全く理解してもらえません。A社とB社で保険料額が違うのでその点では修正します。

社長的には2020年に全額収益、費用化しなかった=未経過分はPLに通してないのだから、
解約取消でもそのままBS内で、前受と、借払いが消えるだけでしょ。という感じです。さらに、法人税の減額も今回の解約取消しをしたら、それ以降は減算しないで良い。と思っています。法人所得は2020年に解約分全額所得としたので、既経過化と同時に減算処理しないと、2重で法人税が加算される事になります。
そのあたりをどう説明すれば良いのかわからなくなってしまいました。

私の考えが間違っているのかの確認と、経営にどう説明すればわかりやすいかなアドバイスをお願いします。
長々と書いてしまいましたがよろしくお願いします。

初めて投稿します。 よろしくお願いします。

前提として、
弊社の決算は12月です。
事業の特性上事業保険に加入しており、弊社商品によって最長で7年リスクの保険契約があります。保険契約時は、最長7年のリスクがある保険料を一括で費用計上しています。(売上も一括計上の為)
また、保険契約している保険会社が2社あります。弊社商品によって振り分けています。

ここからが質問です。
2020年期中に、A保険会社で過去に保険化した契約のうち、まだリスクが到来していない、契約(未経過分)を解約し、解約返礼金を受け取り、すぐにB保険会社に全額移し替えました。ようは保険会社を変更したのです。(B保険会社の方が保険料が安い)

その際の仕訳は下記の通りです。
1、A保険会社解約時(解約返礼金)
現金/前受  
2、B保険会社へ保険料支払い
仮払/現金

2020年決算
1,前受/前期修正益(当年度既経過分)

2,前期修正損/仮払(当年度既経過分)

解約金受け取りの際は損益では一括収益とはせず、リスク到来する期間(既経過保険料)に応じて収益、および費用化する計画でしたので、一旦前受、仮払いとしていました。
ただし、法人所得では安全性を鑑み解約返礼金全額を収益とするよう、2020年度は加算し、法人税を支払い、2021年以降既経過に応じて減算する予定で決算を終えました。

ところが2021年に入り、A保険会社から解約の取消しの要請があった為、解約を取消す事になりました。(解約の取消しについては色々と複雑な事情がある為、割愛します。)

ただし会計上保険解約の取消しがあったとしても、従来の計画通りリスク到来したら(既経過化)特別収益と、費用に計上する事は変わりないので、大きな修正は必要ないと社長に説明しましたが全く理解してもらえません。A社とB社で保険料額が違うのでその点では修正します。

社長的には2020年に全額収益、費用化しなかった=未経過分はPLに通してないのだから、
解約取消でもそのままBS内で、前受と、借払いが消えるだけでしょ。という感じです。さらに、法人税の減額も今回の解約取消しをしたら、それ以降は減算しないで良い。と思っています。法人所得は2020年に解約分全額所得としたので、既経過化と同時に減算処理しないと、2重で法人税が加算される事になります。
そのあたりをどう説明すれば良いのかわからなくなってしまいました。

私の考えが間違っているのかの確認と、経営にどう説明すればわかりやすいかなアドバイスをお願いします。
長々と書いてしまいましたがよろしくお願いします。