•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

原材料仕入の前払いの仕訳(前渡金を買掛金として仕訳する理由や記入方法について)

質問 解決済

原材料仕入の前払いの仕訳(前渡金を買掛金として仕訳する理由や記入方法について)

2019/08/13 01:23

xhaduier

おはつ

回答数:2

編集

仕入の前払いについて教えてください。

納品前に支払った場合、通常は,了徒をすると思います。
〜以Гせ点で前渡金として仕訳

しかし、実務上では、◆銑い里匹譴だと聞きました。
納品時点で仕入代金の全額を買掛金として仕訳
A以Гせ点で買掛金として仕訳
ち以Гせ点で買掛金として仕訳し、決算期末で前渡金に振替

これについて、質問が3つあります。
【質問1】◆銑い了徒は、下記の記入例で合ってますでしょうか?

【質問2】実務上で、買掛金とするのは、なぜですか?前渡金で記入する方が、簡単そうですが。経理のコンピューターの問題でしょうか?

【質問3】◆銑い諒法は、正しい仕訳方法ですか?それとも、間違いだけど、実務上ではこの方法なのでしょうか?

<記入例>代金10万円(前払1万円、残額を掛払い)

■記入例 通常の仕訳
(前払時)
前渡金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/前渡金1万円
ーーー  /買掛金9万円
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

■記入例◆納品時に全額を買掛金とする
・前払い時点で前渡金として仕訳
・納品時点で仕入全額を買掛金として仕訳

(前払時)

前渡金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/買掛金10万円(←仕入全額を買掛金とする仕訳)
買掛金1万円/前渡金1万円(←前払い済みの1万円を打ち消す仕訳)
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

■記入例:前払い時に買掛金とし、決算前に納品
・前払いした金額を買掛金として仕訳
・納品時点で全額を買掛金として仕訳
・決算時には前渡金に振替しない(納品済の為)

(前払時)
買掛金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/買掛金10万円
(決算期末)
振替なし
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

■記入例ぁЯ以Гせに買掛金とし、決算時に未納品
・前払いした金額を買掛金として仕訳
・決算期末で前渡金に振替(未納品の為)
・翌期首に買掛金に再振替

(前払時)
買掛金1万円/現金1万円
(決算期末・未納品)
前渡金1万円/買掛金1万円
(翌期首・未納品)
買掛金1万円/前渡金1万円
(納品時)
仕入10万円/買掛金10万円
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

長文ですみませんが、文頭の【質問1〜3】にご回答頂けますと幸いです。

仕入の前払いについて教えてください。

納品前に支払った場合、通常は,仕訳をすると思います。
〜以Гせ点で前渡金として仕訳

しかし、実務上では、◆銑い里匹譴だと聞きました。
納品時点で仕入代金の全額を買掛金として仕訳
A以Гせ点で買掛金として仕訳
ち以Гせ点で買掛金として仕訳し、決算期末で前渡金に振替

これについて、質問が3つあります。
【質問1】◆銑い仕訳は、下記の記入例で合ってますでしょうか?

【質問2】実務上で、買掛金とするのは、なぜですか?前渡金で記入する方が、簡単そうですが。経理のコンピューターの問題でしょうか?

【質問3】◆銑い諒法は、正しい仕訳方法ですか?それとも、間違いだけど、実務上ではこの方法なのでしょうか?

<記入例>代金10万円(前払1万円、残額を掛払い)

■記入例 通常の仕訳
(前払時)
前渡金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/前渡金1万円
ーーー  /買掛金9万円
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

■記入例◆納品時に全額を買掛金とする
・前払い時点で前渡金として仕訳
・納品時点で仕入全額を買掛金として仕訳

(前払時)

前渡金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/買掛金10万円(←仕入全額を買掛金とする仕訳
買掛金1万円/前渡金1万円(←前払い済みの1万円を打ち消す仕訳
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

■記入例:前払い時に買掛金とし、決算前に納品
・前払いした金額を買掛金として仕訳
・納品時点で全額を買掛金として仕訳
・決算時には前渡金に振替しない(納品済の為)

(前払時)
買掛金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/買掛金10万円
決算期末)
振替なし
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

■記入例ぁЯ以Гせに買掛金とし、決算時に未納品
・前払いした金額を買掛金として仕訳
・決算期末で前渡金に振替(未納品の為)
・翌期首に買掛金再振替

(前払時)
買掛金1万円/現金1万円
決算期末・未納品)
前渡金1万円/買掛金1万円
(翌期首・未納品)
買掛金1万円/前渡金1万円
(納品時)
仕入10万円/買掛金10万円
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

長文ですみませんが、文頭の【質問1〜3】にご回答頂けますと幸いです。

この質問は締め切られました
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re:原材料仕入の前払いの仕訳(前渡金を買掛金として仕訳する理由や記入方法について)

2019/08/13 12:51

efu

すごい常連さん

編集

私見が入りますことをご了承ください。

>しかし、実務上では、◆銑い里匹譴だと聞きました。
>納品時点で仕入代金の全額を買掛金として仕訳
>A以Гせ点で買掛金として仕訳
>ち以Гせ点で買掛金として仕訳し、決算期末で前渡金に振替

会計処理は会社ごとに異なる場合がありますが、一般的には◆銑い僚萢は普通に行われる処理ではないと思います(少なくとも私はやりません)。

前払い時に「前払金」もしくは「前渡金」を計上し、納品時に商品代金から「前渡金(あるいは前払金)」分を引いた金額で買掛金を計上するのが一般的だと思います。すなわち記入例,了徒が一般的ということになるのではないでしょうか。


<記入例>代金10万円(前払1万円、残額を掛払い)

■記入例 通常の仕訳
(前払時)
前渡金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/前渡金1万円
ーーー  /買掛金9万円
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

よって質問1、2、3ともに私的には回答不能(2の「なぜ?」と言われても困りますし、3もこれが実務上普通の処理とは思えませんから・・・)ということでご了承ください。

私見が入りますことをご了承ください。

>しかし、実務上では、◆銑い里匹譴だと聞きました。
>納品時点で仕入代金の全額を買掛金として仕訳
>A以Гせ点で買掛金として仕訳
>ち以Гせ点で買掛金として仕訳し、決算期末で前渡金に振替

会計処理は会社ごとに異なる場合がありますが、一般的には◆銑い僚萢は普通に行われる処理ではないと思います(少なくとも私はやりません)。

前払い時に「前払金」もしくは「前渡金」を計上し、納品時に商品代金から「前渡金(あるいは前払金)」分を引いた金額で買掛金を計上するのが一般的だと思います。すなわち記入例,仕訳が一般的ということになるのではないでしょうか。


<記入例>代金10万円(前払1万円、残額を掛払い)

■記入例 通常の仕訳
(前払時)
前渡金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/前渡金1万円
ーーー  /買掛金9万円
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

よって質問1、2、3ともに私的には回答不能(2の「なぜ?」と言われても困りますし、3もこれが実務上普通の処理とは思えませんから・・・)ということでご了承ください。

返信

2. Re:Re:原材料仕入の前払いの仕訳(前渡金を買掛金として仕訳する理由や記入方法について)

2019/08/18 01:59

xhaduier

おはつ

編集

ご回答ありがとうございます!
大変参考になりました^^

ご回答ありがとうございます!
大変参考になりました^^

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

1人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています

この質問に関連するキーワード