•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

現金を多く引き出したときの返金処理について

質問 回答受付中

現金を多く引き出したときの返金処理について

2018/07/12 17:39

みっしー

おはつ

回答数:1

編集

初めて投稿させていただきます。
経理初心者のものです。できたばかりの労働組合で、会計を担当しております。

提出された経費精算書(科目:福利厚生費)をもとに、
普通預金から現金を引き出し支払いました。
その後、経費精算の金額が間違っていたことが判明し、
差額分を普通預金へ入金(返金)しました。

この場合の、一般的な経理処理の流れを教えていただけないでしょうか。
(起票する伝票など)

組合では会計ソフトを使用しています。
また、使用している経費関連の帳票は、経費精算書、出張旅費精算書のみです。
伝票として、振替伝票はありますが、これまで使用していません。
入金・出金伝票もない状態です。

どうぞよろしくお願いいたします。

初めて投稿させていただきます。
経理初心者のものです。できたばかりの労働組合で、会計を担当しております。

提出された経費精算書(科目:福利厚生費)をもとに、
普通預金から現金を引き出し支払いました。
その後、経費精算の金額が間違っていたことが判明し、
差額分を普通預金へ入金(返金)しました。

この場合の、一般的な経理処理の流れを教えていただけないでしょうか。
起票する伝票など)

組合では会計ソフトを使用しています。
また、使用している経費関連の帳票は、経費精算書、出張旅費精算書のみです。
伝票として、振替伝票はありますが、これまで使用していません。
入金・出金伝票もない状態です。

どうぞよろしくお願いいたします。

この質問に回答
回答

Re:現金を多く引き出したときの返金処理について

2018/07/14 11:59

らん

さらにすごい常連さん

編集

こんにちは。

仕訳では・・・(金額は適当な額です)

(1) 50,000  現金/ 普通預金 50,000  ・預からの払い戻し

(2) 46,000 福利厚生費/ 現金 46,000  ・経費の正しい金額を支払い

(3)  4,000 普通預金 / 現金 4,000  ・正誤の差額を普通預金に戻し入れ

各勘定科目を貸借(左右)関係で消込をしてみてください。

・現   金  50,000が入ってきて、50,000が出て行った=0 (手持ちゼロ)
・普通預金  50,000が出て行って、 4,000が戻ってきた =▲46,000 (預金減)
・福利厚生費 46,000が出て行った              =  46,000 (経費の増)

こんな感じです。
頑張ってくださいね!

こんにちは。

仕訳では・・・(金額は適当な額です)

(1) 50,000  現金/ 普通預金 50,000  ・預からの払い戻し

(2) 46,000 福利厚生費/ 現金 46,000  ・経費の正しい金額を支払い

(3)  4,000 普通預金 / 現金 4,000  ・正誤の差額を普通預金に戻し入れ

勘定科目を貸借(左右)関係で消込をしてみてください。

・現   金  50,000が入ってきて、50,000が出て行った=0 (手持ちゼロ)
普通預金  50,000が出て行って、 4,000が戻ってきた =▲46,000 (預金減)
福利厚生費 46,000が出て行った              =  46,000 (経費の増)

こんな感じです。
頑張ってくださいね!

返信

回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re:現金を多く引き出したときの返金処理について

2018/07/14 11:59

らん

さらにすごい常連さん

編集

こんにちは。

仕訳では・・・(金額は適当な額です)

(1) 50,000  現金/ 普通預金 50,000  ・預からの払い戻し

(2) 46,000 福利厚生費/ 現金 46,000  ・経費の正しい金額を支払い

(3)  4,000 普通預金 / 現金 4,000  ・正誤の差額を普通預金に戻し入れ

各勘定科目を貸借(左右)関係で消込をしてみてください。

・現   金  50,000が入ってきて、50,000が出て行った=0 (手持ちゼロ)
・普通預金  50,000が出て行って、 4,000が戻ってきた =▲46,000 (預金減)
・福利厚生費 46,000が出て行った              =  46,000 (経費の増)

こんな感じです。
頑張ってくださいね!

こんにちは。

仕訳では・・・(金額は適当な額です)

(1) 50,000  現金/ 普通預金 50,000  ・預からの払い戻し

(2) 46,000 福利厚生費/ 現金 46,000  ・経費の正しい金額を支払い

(3)  4,000 普通預金 / 現金 4,000  ・正誤の差額を普通預金に戻し入れ

勘定科目を貸借(左右)関係で消込をしてみてください。

・現   金  50,000が入ってきて、50,000が出て行った=0 (手持ちゼロ)
普通預金  50,000が出て行って、 4,000が戻ってきた =▲46,000 (預金減)
福利厚生費 46,000が出て行った              =  46,000 (経費の増)

こんな感じです。
頑張ってくださいね!

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています

この質問に関連するキーワード