plokij

積極参加

回答数:2

編集

役員退職金額の決め方に、功績倍率法があります。

損金算入限度額=最終月額報酬×勤続年数×功績倍率

となっています。

この、勤続年数なのですが、
    /憩社員からの勤続年数
   ◆〔魄になってからの勤続年数
    社長になってからの勤続年数
 のいづれに当たりますでしょうか。

 よろしくお願いします。

役員退職金額の決め方に、功績倍率法があります。

損金算入限度額=最終月額報酬×勤続年数×功績倍率

となっています。

この、勤続年数なのですが、
    /憩社員からの勤続年数
   ◆役員になってからの勤続年数
    社長になってからの勤続年数
 のいづれに当たりますでしょうか。

 よろしくお願いします。

お礼

2015/04/11 09:53

編集

役員になってからの勤続年数、で理解できました。

ありがとうございました。