•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

401k

質問 回答受付中

401k

2009/03/12 19:18

スコール

おはつ

回答数:4

編集

皆さん教えてください!
会社側では、401Kのと言う制度を考えている様なんですが、401kとはそもそも何ですか?
 私みたいな、従業員にはどの様な所に、メリット?が有るんですか?
その反面どの様なデメリットが有るんですか?
また、皆様は401kの導入を賛成しますか?それとも反対しますか?
 因みに、会社側では、3月31日に説明に来るみたいですが、その時に、ここを聞いておいたほうが良いよ。とか質問のポイントが有れば教えて下さい。
 宜しくお願い致します。

皆さん教えてください!
会社側では、401Kのと言う制度を考えている様なんですが、401kとはそもそも何ですか?
 私みたいな、従業員にはどの様な所に、メリット?が有るんですか?
その反面どの様なデメリットが有るんですか?
また、皆様は401kの導入を賛成しますか?それとも反対しますか?
 因みに、会社側では、3月31日に説明に来るみたいですが、その時に、ここを聞いておいたほうが良いよ。とか質問のポイントが有れば教えて下さい。
 宜しくお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 401k

2009/03/16 08:41

PTA

すごい常連さん

編集

401Kという呼び名は、アメリカの年金法?の401条のK項に記載されている退職年金からきているようです。
日本的には「確定拠出型退職年金」と言われるものです。日本版401Kとも言われます。
簡単に言えば、会社は退職金を毎月少しずつ定額(確定額)で支払う(拠出する)ので、あとは従業員個人が自己責任で運用して増やしてください、ただし、運用で損をしても、会社は知りません、というものです。

従来の日本的な退職金は、何年働いたら、いくらもらえると、計算式が決まっていて、会社が支給額を保証していることが一般的でした。

その後、会社が倒産したら何もかもが消滅という事態を避けるため、退職年金という制度が一般的になり、会社は外部の金融機関に年金資産を預けて運用するようになりました。たとえ会社が倒産しても、この退職年金積み立て分は完全に守られる仕組みです。

このような退職金は、何が起きても退職給付額が確定していることから「確定給付型退職年金」と呼ばれます。

結局、経済環境が悪化する状況では、会社が年金資産を運用して、従業員との約束を果たすというのが厳しくなり、中には、何億円もの積立不足が生じてしまった企業も珍しくないのです。企業の存続にもかかわることから、企業はこれ以上リスクを負いたくないという風潮の中で、401Kの導入が加速しました。

この制度は、信託銀行、生命保険、証券会社などの金融機関とのタイアップで導入されることが一般的で、リスクの高いものから元本保証のものまで、様々な商品をラインナップして、従業員に十分な商品説明をした上で、その運用をさせることが必須条件とされています。現在の投資環境では、定期預金か国債のようなローリスク・ローリターン商品を選択するしか無いかもしれませんが、いずれ景気が回復したら勝負できる状況が生じるかもしれません。年金は、20年、30年スパンで考えるもので、短期的に損とか不利とか、決めつけるものではないことは確かですが、素人に自己責任で運用をさせて良いかどうかは議論が尽きないところです。

いずれにしても、御社の現在の退職金制度に比べて、どこが有利になり、どこがリスクとなるのか、よく考えるべきだと思います。退職金のベース自体が減額されるような設計であれば、反論したほうが良いかなと思います。
また、本当に401Kしかないのか、確定給付と確定拠出の中間的なシステム設計もあります、会社も多少のリスクは負うべきという意見もぶつけてみるのも選択肢かもしれません。会社と十分に議論をするべき問題だと思います。

401Kという呼び名は、アメリカの年金法?の401条のK項に記載されている退職年金からきているようです。
日本的には「確定拠出型退職年金」と言われるものです。日本版401Kとも言われます。
簡単に言えば、会社は退職金を毎月少しずつ定額(確定額)で支払う(拠出する)ので、あとは従業員個人が自己責任で運用して増やしてください、ただし、運用で損をしても、会社は知りません、というものです。

従来の日本的な退職金は、何年働いたら、いくらもらえると、計算式が決まっていて、会社が支給額を保証していることが一般的でした。

その後、会社が倒産したら何もかもが消滅という事態を避けるため、退職年金という制度が一般的になり、会社は外部の金融機関に年金資産を預けて運用するようになりました。たとえ会社が倒産しても、この退職年金積み立て分は完全に守られる仕組みです。

このような退職金は、何が起きても退職給付額が確定していることから「確定給付型退職年金」と呼ばれます。

結局、経済環境が悪化する状況では、会社が年金資産を運用して、従業員との約束を果たすというのが厳しくなり、中には、何億円もの積立不足が生じてしまった企業も珍しくないのです。企業の存続にもかかわることから、企業はこれ以上リスクを負いたくないという風潮の中で、401Kの導入が加速しました。

この制度は、信託銀行、生命保険、証券会社などの金融機関とのタイアップで導入されることが一般的で、リスクの高いものから元本保証のものまで、様々な商品をラインナップして、従業員に十分な商品説明をした上で、その運用をさせることが必須条件とされています。現在の投資環境では、定期預金か国債のようなローリスク・ローリターン商品を選択するしか無いかもしれませんが、いずれ景気が回復したら勝負できる状況が生じるかもしれません。年金は、20年、30年スパンで考えるもので、短期的に損とか不利とか、決めつけるものではないことは確かですが、素人に自己責任で運用をさせて良いかどうかは議論が尽きないところです。

いずれにしても、御社の現在の退職金制度に比べて、どこが有利になり、どこがリスクとなるのか、よく考えるべきだと思います。退職金のベース自体が減額されるような設計であれば、反論したほうが良いかなと思います。
また、本当に401Kしかないのか、確定給付と確定拠出の中間的なシステム設計もあります、会社も多少のリスクは負うべきという意見もぶつけてみるのも選択肢かもしれません。会社と十分に議論をするべき問題だと思います。

返信

2. Re: 401k

2009/03/16 22:35

スコール

おはつ

編集

 とても、丁寧に教えて頂きありがとう御座います。

もう1つ教えて下さい。

教えて頂いた中に「様々な商品をラインナップ」と有りますが、どれも・これも・納得の出来ない商品を会社側で並べられた場合は、全ての商品を却下し、違う商品を選択(用意させる事)する事が可能なのでしょうか?

ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

 とても、丁寧に教えて頂きありがとう御座います。

もう1つ教えて下さい。

教えて頂いた中に「様々な商品をラインナップ」と有りますが、どれも・これも・納得の出来ない商品を会社側で並べられた場合は、全ての商品を却下し、違う商品を選択(用意させる事)する事が可能なのでしょうか?

ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

返信

3. Re: 401k

2009/03/17 08:26

PTA

すごい常連さん

編集

自ら勝手に金融商品を選ぶというのは、無理かと思います。
提携金融機関が扱えないものは、急に言っても対応できないと思います。最初の設計時点でラインナップしておかないと難しいという認識を持っています。
なので、31日の説明会のときに、本件についてどのように対応できるのか質問されたら良いと思います。
金融機関に運用を指示するのは社員自身なので、投資とか金融に詳しい人は自分でいろいろ試してみることはできますが、そのようなことをやったことがない方が大半だと思います。金融商品を並べられてもどこがどう違うのか判断が難しく、せいぜい元本保証かどうか、金利がどのくらい見込めるのか程度の判断基準しかなく、10種類も並べられたら、どれも気に入らないから自分で探すとまで言える人はかなりのプロではないかと思います。

ちなみに、当社でも401Kを検討した時には、現場一筋でやってきた人に、今から自分の退職金は自分で運用して稼ぐのですよなんてできるわけない!そんなに会社はリスクを避ける必要があるのか、そこまで経営が悪化しているなら説明責任を果たすべき!と、組合に相談する以前の社内の幹部同士の相談の段階で却下しました。

結局、今までの5%保証の運用は、いくらなんでも時勢に合わず、そこまで会社が自腹を切って支給するのはどうかということで、金利連動タイプの年金を取り入れました。まあ、あいだを取って妥協したというところです。今までは世間の金利以上に退職金を保証していたが、これからは、金利並みの運用で退職金を保証するというものです。401Kは下手すれば、退職金ゼロという極端な例もあるので、それはいくらなんでも・・・ということでの妥協案です。

それでも、世間並みの金利では満足しない、俺は倍にする自信がある!という社員もいて、なかなかこういう制度は、全員が納得するというのは難しいです。

401Kのメリットの一つは、転職を繰り返しても、401Kを導入している会社であれば、つながるという点です。従来は、転職したら、また勤続年数が1年目からスタートで、細切れになるのですが、401Kは累計できる点です。
ただし、これを売り物にして、雇用の流動化を流行スタイルにした政策は、最近の派遣切りなどで見直しを迫られているようですが。

蛇足ばかり長々とすみません。

自ら勝手に金融商品を選ぶというのは、無理かと思います。
提携金融機関が扱えないものは、急に言っても対応できないと思います。最初の設計時点でラインナップしておかないと難しいという認識を持っています。
なので、31日の説明会のときに、本件についてどのように対応できるのか質問されたら良いと思います。
金融機関に運用を指示するのは社員自身なので、投資とか金融に詳しい人は自分でいろいろ試してみることはできますが、そのようなことをやったことがない方が大半だと思います。金融商品を並べられてもどこがどう違うのか判断が難しく、せいぜい元本保証かどうか、金利がどのくらい見込めるのか程度の判断基準しかなく、10種類も並べられたら、どれも気に入らないから自分で探すとまで言える人はかなりのプロではないかと思います。

ちなみに、当社でも401Kを検討した時には、現場一筋でやってきた人に、今から自分の退職金は自分で運用して稼ぐのですよなんてできるわけない!そんなに会社はリスクを避ける必要があるのか、そこまで経営が悪化しているなら説明責任を果たすべき!と、組合に相談する以前の社内の幹部同士の相談の段階で却下しました。

結局、今までの5%保証の運用は、いくらなんでも時勢に合わず、そこまで会社が自腹を切って支給するのはどうかということで、金利連動タイプの年金を取り入れました。まあ、あいだを取って妥協したというところです。今までは世間の金利以上に退職金を保証していたが、これからは、金利並みの運用で退職金を保証するというものです。401Kは下手すれば、退職金ゼロという極端な例もあるので、それはいくらなんでも・・・ということでの妥協案です。

それでも、世間並みの金利では満足しない、俺は倍にする自信がある!という社員もいて、なかなかこういう制度は、全員が納得するというのは難しいです。

401Kのメリットの一つは、転職を繰り返しても、401Kを導入している会社であれば、つながるという点です。従来は、転職したら、また勤続年数が1年目からスタートで、細切れになるのですが、401Kは累計できる点です。
ただし、これを売り物にして、雇用の流動化を流行スタイルにした政策は、最近の派遣切りなどで見直しを迫られているようですが。

蛇足ばかり長々とすみません。

返信

4. Re: 401k

2009/03/17 22:57

スコール

おはつ

編集

 自分が、金融商品を却下(自分で選択)する以前の問題でした。
なにせ、「信託銀行・証券会社」と聞くと、全て(退職金)が無くなるとしか、頭に思い浮かびませんでし、20年〜30年を見据えた投資なんかは、無知な自分が却下する以前の問題でした。
 でも、ご説明頂いた401kのメリットを考えた場合、今の世の中では、リストラが当たり前の様になって来て、今の会社をリストラされ、次の会社もリストラされた場合は、何年か後(65歳定年)になった時に、細切れで退職金をもらうよりも、当てにならない年金の事を考えれば、401kも良いかな?と思える様になりました。



素人の自分に対して、いろいろ詳しく教えて頂きまして本当に感謝しています。
 教えて頂いた事を会社側に、色々と質問し議論を交わそうと思います。
 また、困ったときはご質問させて頂くかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

 

 自分が、金融商品を却下(自分で選択)する以前の問題でした。
なにせ、「信託銀行・証券会社」と聞くと、全て(退職金)が無くなるとしか、頭に思い浮かびませんでし、20年〜30年を見据えた投資なんかは、無知な自分が却下する以前の問題でした。
 でも、ご説明頂いた401kのメリットを考えた場合、今の世の中では、リストラが当たり前の様になって来て、今の会社をリストラされ、次の会社もリストラされた場合は、何年か後(65歳定年)になった時に、細切れで退職金をもらうよりも、当てにならない年金の事を考えれば、401kも良いかな?と思える様になりました。



素人の自分に対して、いろいろ詳しく教えて頂きまして本当に感謝しています。
 教えて頂いた事を会社側に、色々と質問し議論を交わそうと思います。
 また、困ったときはご質問させて頂くかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

 

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています