•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

法人を休眠して個人事業へ

質問 回答受付中

法人を休眠して個人事業へ

2011/03/03 16:48

ginsei

おはつ

回答数:6

編集

決算期が2月末の法人で会社をやっていましたが、利益が上がらず、経費の負担を軽くする為に 今期限りで個人へ戻りました。
会社の場所など変更はありません。
元々社長一人の会社です。

1.既に県税と税務署・社会保険事務所には 休眠の届けや、青色申告をする旨の届けは出して有ります。
 
2.国金から毎月5万の返済が残り4年くらいあります。(車の代金で、この車は今後も営業で使います)

3.個人名の前に屋号が入った個人会社専用のお通帳を新しくつくりました。

個人から法人なりと言う場合は良くあるようなのですが 景気の悪いこの様な話で 申し訳ございません。
いろいろとわからないので教えて頂けますか?

●法人としての2月末の現金残高と普通預金残高をそっくり個人に
3月1日付けで以降するのですか?それともそれはそのままにして 完全に新しくスタートすると 考えるのですか?

●償却資産の残がありますが、それも引き継げますか?

●法人のお通帳は国金からの引落用にとっておくように国金に言われましたが、青色申告の際に 経費に認められますか?


税理士さんがいらっしゃるのでが、確定申告時期でお忙しいのとやはり 長年のおつきあいをお断りすることもあって ちょっと質問し辛いので アドバイスをお願いします。

決算期が2月末の法人で会社をやっていましたが、利益が上がらず、経費の負担を軽くする為に 今期限りで個人へ戻りました。
会社の場所など変更はありません。
元々社長一人の会社です。

1.既に県税と税務署・社会保険事務所には 休眠の届けや、青色申告をする旨の届けは出して有ります。
 
2.国金から毎月5万の返済が残り4年くらいあります。(車の代金で、この車は今後も営業で使います)

3.個人名の前に屋号が入った個人会社専用のお通帳を新しくつくりました。

個人から法人なりと言う場合は良くあるようなのですが 景気の悪いこの様な話で 申し訳ございません。
いろいろとわからないので教えて頂けますか?

●法人としての2月末の現金残高と普通預金残高をそっくり個人に
3月1日付けで以降するのですか?それともそれはそのままにして 完全に新しくスタートすると 考えるのですか?

償却資産の残がありますが、それも引き継げますか?

●法人のお通帳は国金からの引落用にとっておくように国金に言われましたが、青色申告の際に 経費に認められますか?


税理士さんがいらっしゃるのでが、確定申告時期でお忙しいのとやはり 長年のおつきあいをお断りすることもあって ちょっと質問し辛いので アドバイスをお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: 法人を休眠して個人事業へ

2011/03/03 20:56

anoano

すごい常連さん

編集

法人が解散・清算結了しないで残っている以上は、
休眠であっても毎期決算をして申告をする必要があります。
そこで、法人の現預金はそのままにしておきます。

償却資産を個人の事業で使用するものであれば、
法人から時価で買い取る形になるでしょう。

国金(現、日公)に支払う利息は当然法人の経費であり、
個人の経費になりません。

法人が解散・清算結了しないで残っている以上は、
休眠であっても毎期決算をして申告をする必要があります。
そこで、法人の現預金はそのままにしておきます。

償却資産を個人の事業で使用するものであれば、
法人から時価で買い取る形になるでしょう。

国金(現、日公)に支払う利息は当然法人の経費であり、
個人の経費になりません。

返信

2. Re: 法人を休眠して個人事業へ

2011/03/03 23:24

かめへん

神の領域

編集

法人から個人事業への切り替えですが、必ずしも、法人を解散しなくても、それは可能です。

ただ、解散等していないだけに、なおさら、実質的に個人事業へ移行したのかどうか、客観的に証明されなければならないものと思います。

取引先等へは、2月末をもって個人事業へ移行した事は通知されたのでしょうか?

もしも、そうでなく、単に決算月の2月をもって、ご自身の中で個人事業へと切り替えられただけであれば、認められないもの(法人の事業と認定)と思います。

個人事業の通帳を作られたとの事ですが、法人の通帳は、国金分はとりあえず仕方ないとしても、各種引落等は、個人へと切り替えられるよう手続きはされたのでしょうか?

その他、諸々の名義変更等の手続きは進められているでしょうか?

その辺の客観的な部分が問題ないものとして、以下にご回答させて頂きます。

現金残高は、そのまま個人事業へ移行できます、もちろん、相手科目は必要ですから、法人側で言えば、個人への貸付、個人側で言えば、法人からの借入、という形になるものと思います。

預金残高は、基本的には法人名義のものは法人のものですから、移行できませんし、個人名義の通帳で取引すべきものですが、移行を前提として、便宜的に一時的なものと捉えれば不可能ではないと思います。

償却資産も、もちろん個人事業で使用されるでしょうから引き継ぐべき事となりますし、その際は、時価で処理すべき事となり、もちろん相手科目は、金銭で取引しない場合は、貸付金・借入金という事になると思います。

忘れてはいけないのは、資産の売買となりますので、法人の方では、消費税の課税売上として認識すべき事となります。

これは、棚卸資産についても同様の事となります。

基本的には、まるごと個人事業へ引き継がれるのでしょうから、それ以外の売掛金等の債権や、買掛金や未払金、借入金等の債務も引き継ぐべき事となります。

その相手科目が法人にとって、貸付金となる場合には、その返済がなされるまでは、法人の方では、貸付金利息を計上しなければならない事となります。

いずれにしても、休眠中であっても、法人の方は、基本的には毎期申告すべき事となります。
(3月1日で動かしたとして、資産の売買に伴い、消費税の課税売上も発生しますし、貸付金が残る限りは、受取利息が発生しますし。)

国金に絡んでの通帳は、とりあえずは仕方ないかもしれませんが、基本的には個人へ移行すべきものとはなります。

借入金を個人事業へ引き継ぎ、その対象となった車も個人事業へ引き継がれるのであれば、借入金の名義そのものは法人であっても、実質的に個人事業に移ったものとなりますので、その利息についても、当然、必要経費として認められる事となります。

いずれにしても、あくまでも実質で判断するものですから、本当に、個人事業へ移行したのか、客観的に認められるものでなければ、解散した訳ではないので、なおさら難しいものとは思います。
(休眠状態というのは、登記を要しませんので、逆に言えば、当事者の意思でどうにでもなる、という部分もありますから。)

法人から個人事業への切り替えですが、必ずしも、法人を解散しなくても、それは可能です。

ただ、解散等していないだけに、なおさら、実質的に個人事業へ移行したのかどうか、客観的に証明されなければならないものと思います。

取引先等へは、2月末をもって個人事業へ移行した事は通知されたのでしょうか?

もしも、そうでなく、単に決算月の2月をもって、ご自身の中で個人事業へと切り替えられただけであれば、認められないもの(法人の事業と認定)と思います。

個人事業の通帳を作られたとの事ですが、法人の通帳は、国金分はとりあえず仕方ないとしても、各種引落等は、個人へと切り替えられるよう手続きはされたのでしょうか?

その他、諸々の名義変更等の手続きは進められているでしょうか?

その辺の客観的な部分が問題ないものとして、以下にご回答させて頂きます。

現金残高は、そのまま個人事業へ移行できます、もちろん、相手科目は必要ですから、法人側で言えば、個人への貸付、個人側で言えば、法人からの借入、という形になるものと思います。

預金残高は、基本的には法人名義のものは法人のものですから、移行できませんし、個人名義の通帳で取引すべきものですが、移行を前提として、便宜的に一時的なものと捉えれば不可能ではないと思います。

償却資産も、もちろん個人事業で使用されるでしょうから引き継ぐべき事となりますし、その際は、時価で処理すべき事となり、もちろん相手科目は、金銭で取引しない場合は、貸付金・借入金という事になると思います。

忘れてはいけないのは、資産の売買となりますので、法人の方では、消費税の課税売上として認識すべき事となります。

これは、棚卸資産についても同様の事となります。

基本的には、まるごと個人事業へ引き継がれるのでしょうから、それ以外の売掛金等の債権や、買掛金未払金、借入金等の債務も引き継ぐべき事となります。

その相手科目が法人にとって、貸付金となる場合には、その返済がなされるまでは、法人の方では、貸付金利息を計上しなければならない事となります。

いずれにしても、休眠中であっても、法人の方は、基本的には毎期申告すべき事となります。
(3月1日で動かしたとして、資産の売買に伴い、消費税の課税売上も発生しますし、貸付金が残る限りは、受取利息が発生しますし。)

国金に絡んでの通帳は、とりあえずは仕方ないかもしれませんが、基本的には個人へ移行すべきものとはなります。

借入金を個人事業へ引き継ぎ、その対象となった車も個人事業へ引き継がれるのであれば、借入金の名義そのものは法人であっても、実質的に個人事業に移ったものとなりますので、その利息についても、当然、必要経費として認められる事となります。

いずれにしても、あくまでも実質で判断するものですから、本当に、個人事業へ移行したのか、客観的に認められるものでなければ、解散した訳ではないので、なおさら難しいものとは思います。
(休眠状態というのは、登記を要しませんので、逆に言えば、当事者の意思でどうにでもなる、という部分もありますから。)

返信

3. Re: 法人を休眠して個人事業へ

2011/03/04 12:54

ginsei

おはつ

編集

anoanoさま。
早速教えてくださってありがとうございます。
車は時価で買い取る形ですね。
利息分が個人の経費とみなされないなら、日公へは(余裕があれば)全額返済で考えてみます。

解散するのが、本当はスッキリしそうなのですが、愛着もあり踏ん切りがつかないでいます。

ありがとうございました。

anoanoさま。
早速教えてくださってありがとうございます。
車は時価で買い取る形ですね。
利息分が個人の経費とみなされないなら、日公へは(余裕があれば)全額返済で考えてみます。

解散するのが、本当はスッキリしそうなのですが、愛着もあり踏ん切りがつかないでいます。

ありがとうございました。

返信

4. Re: 法人を休眠して個人事業へ

2011/03/04 15:07

ginsei

おはつ

編集

Kamehen様。
初めての質問でドキドキして待っていましたら、大変詳しいアドバイスをありがとうございます。

県税(市)税務署には休眠の届けをして社会保険は脱退の手続きをして来ました。
それで安心してましたが、水道光熱費の自動引落などは気がつきませんでした。
まだまだつめが甘かったです。
もう一度漏れがないか、チェックしてみます。

現金はそのまま 引き継げるんですね。
思い出したのですが・・
元々個人から法人にしたのですが、その時、個人からそっくり引き継いだので 資産全て、社長借入を起こしました。
その後も赤字続きだったので、社長借入が増えるばかりでした。

個人事業に戻ってしまうので、会社へ貸した分を返済してもらうという考えで・・預金・現金残を・・

法人として 社長借入/現金 摘要(返済)
個人として 現金/資本金(ですか??)

と言うのは有り得ますか?
      
法人として 貸付金/現金 摘要(個人名)
個人として 現金/借入 摘要(会社名)
と どうちがうのですか?

また、償却資産・棚卸資産を簿価ではなくて時価で会社から個人に売却するということですね。

売上が立つと言うことは 簡易課税をとっているので、予定外の消費税の追加が出るということですね。
本当に気がつかなかったことばかりです。

国金の支払ですが、それがあるので法人のお通帳を〆られないので余計に複雑になるのですね。
何とかかき集めて、返済してしまうのがベストですよね?

今さらですが、いっその事解散手続きにすればよかった・・と後悔してしまいます。

がんばって、もう一度、教えて頂いたことを一つ一つ良く考えて実際に移行してみます。
引き続き 教えて頂ければ、大変ありがたいです。
よろしくお願いします。

Kamehen様。
初めての質問でドキドキして待っていましたら、大変詳しいアドバイスをありがとうございます。

県税(市)税務署には休眠の届けをして社会保険は脱退の手続きをして来ました。
それで安心してましたが、水道光熱費の自動引落などは気がつきませんでした。
まだまだつめが甘かったです。
もう一度漏れがないか、チェックしてみます。

現金はそのまま 引き継げるんですね。
思い出したのですが・・
元々個人から法人にしたのですが、その時、個人からそっくり引き継いだので 資産全て、社長借入を起こしました。
その後も赤字続きだったので、社長借入が増えるばかりでした。

個人事業に戻ってしまうので、会社へ貸した分を返済してもらうという考えで・・預金・現金残を・・

法人として 社長借入/現金 摘要(返済)
個人として 現金/資本金(ですか??)

と言うのは有り得ますか?
      
法人として 貸付金/現金 摘要(個人名)
個人として 現金/借入 摘要(会社名)
と どうちがうのですか?

また、償却資産棚卸資産を簿価ではなくて時価で会社から個人に売却するということですね。

売上が立つと言うことは 簡易課税をとっているので、予定外の消費税の追加が出るということですね。
本当に気がつかなかったことばかりです。

国金の支払ですが、それがあるので法人のお通帳を〆られないので余計に複雑になるのですね。
何とかかき集めて、返済してしまうのがベストですよね?

今さらですが、いっその事解散手続きにすればよかった・・と後悔してしまいます。

がんばって、もう一度、教えて頂いたことを一つ一つ良く考えて実際に移行してみます。
引き続き 教えて頂ければ、大変ありがたいです。
よろしくお願いします。

返信

5. Re: 法人を休眠して個人事業へ

2011/03/04 19:56

かめへん

神の領域

編集

あっ、社長借入がたくさん残っているならば、貸付金ではなく、社長借入で仕訳されて大丈夫です。

結果的に、社長借入がまだ残るならば、借入の方はあえて利息は計上しなくても大丈夫です。
(貸付金の方であれば、法人は原則として利益を追求しているものと考えられますので、計上は不可避ですが)

ただ、個人側の仕訳は、違いますね。

実際の元手は一緒だとしても、あくまでも、法人と個人は別人格ですから、資本金(個人の場合は「元入金」と言います)とはなりえません。

>現金/借入 摘要(会社名)
こちらの仕訳が正しい事となります。

>また、償却資産・棚卸資産を簿価ではなくて時価で会社から個人に売却するということですね。

その通りです。
ただ、償却資産も、建物等じゃなくて、機械や備品等であれば、今まできちんと償却していっているのであれば、帳簿価額を時価と考えても、さほど問題は無いとは思います。
(ただ、車や一部の機械等、明らかに簿価と時価が違うと思われるものであれば、問題となりますが)

車については、ディーラー等で価額を査定してもらうのが無難とは思います。

>売上が立つと言うことは 簡易課税をとっているので、予定外の消費税の追加が出るということですね。

この場合、償却資産等の売却については、第四種の事業区分となります。

商品等については、相手が個人事業主ですから、基本的には第一種で良いと思います。

>国金の支払ですが、それがあるので法人のお通帳を〆られないので余計に複雑になるのですね。
>何とかかき集めて、返済してしまうのがベストですよね?

国金については、意外と名義はそのままで、返済し続けている所はあったりすると思います。
もちろん、基本的には可能であれば、一括返済された方が良いとは思いますが、無理にまでする必要は無いかな、という気はします。

>今さらですが、いっその事解散手続きにすればよかった・・と後悔してしまいます。

解散となれば、登記や申告等、大変ですし、費用もかかりますし、将来的に含みを持たせている(別事業で復活等)のであれば、休眠という選択肢も有りだとは思います。
ただ、客観的な実態が、より必要となる、という部分はありますけど。

あっ、社長借入がたくさん残っているならば、貸付金ではなく、社長借入で仕訳されて大丈夫です。

結果的に、社長借入がまだ残るならば、借入の方はあえて利息は計上しなくても大丈夫です。
(貸付金の方であれば、法人は原則として利益を追求しているものと考えられますので、計上は不可避ですが)

ただ、個人側の仕訳は、違いますね。

実際の元手は一緒だとしても、あくまでも、法人と個人は別人格ですから、資本金(個人の場合は「元入金」と言います)とはなりえません。

現金/借入 摘要(会社名)
こちらの仕訳が正しい事となります。

>また、償却資産棚卸資産を簿価ではなくて時価で会社から個人に売却するということですね。

その通りです。
ただ、償却資産も、建物等じゃなくて、機械や備品等であれば、今まできちんと償却していっているのであれば、帳簿価額を時価と考えても、さほど問題は無いとは思います。
(ただ、車や一部の機械等、明らかに簿価と時価が違うと思われるものであれば、問題となりますが)

車については、ディーラー等で価額を査定してもらうのが無難とは思います。

>売上が立つと言うことは 簡易課税をとっているので、予定外の消費税の追加が出るということですね。

この場合、償却資産等の売却については、第四種の事業区分となります。

商品等については、相手が個人事業主ですから、基本的には第一種で良いと思います。

>国金の支払ですが、それがあるので法人のお通帳を〆られないので余計に複雑になるのですね。
>何とかかき集めて、返済してしまうのがベストですよね?

国金については、意外と名義はそのままで、返済し続けている所はあったりすると思います。
もちろん、基本的には可能であれば、一括返済された方が良いとは思いますが、無理にまでする必要は無いかな、という気はします。

>今さらですが、いっその事解散手続きにすればよかった・・と後悔してしまいます。

解散となれば、登記や申告等、大変ですし、費用もかかりますし、将来的に含みを持たせている(別事業で復活等)のであれば、休眠という選択肢も有りだとは思います。
ただ、客観的な実態が、より必要となる、という部分はありますけど。

返信

6. Re: 法人を休眠して個人事業へ

2011/03/05 19:28

ginsei

おはつ

編集

Kamehen さま。
またまた詳しく教えて下さってありがとうございます。

会社から引き継ぐ現金は・・
>現金/借入 摘要(会社名)
>こちらの仕訳が正しい事となります
ありがとうございました。
最初から間違うところでした。

償却資産もいつも限度額いっぱいまで償却しています。
車は簿価の半分以下の時価のようですが、ディーラーさんで早速見積もりをとります。
>償却資産等の売却については、第四種の事業区分となります。
0.02
>商品等については、相手が個人事業主ですから、基本的には第一種で良いと思います
0.005
の税率で消費税の追加と考えて良いのですね?

>国金については、意外と名義はそのままで、返済し続けている所はあったりすると思います。
はい、無理はせずに行きます。お通帳は動きがないように、この支払いの分だけ入金・引き落としを繰り返して完済しようと思います。

個人に戻って力をつけて、もう一度法人で復活したいと思います。ご親切に教えて下さって、その上、勇気を有り難うございました。

Kamehen さま。
またまた詳しく教えて下さってありがとうございます。

会社から引き継ぐ現金は・・
現金/借入 摘要(会社名)
>こちらの仕訳が正しい事となります
ありがとうございました。
最初から間違うところでした。

償却資産もいつも限度額いっぱいまで償却しています。
車は簿価の半分以下の時価のようですが、ディーラーさんで早速見積もりをとります。
償却資産等の売却については、第四種の事業区分となります。
0.02
商品等については、相手が個人事業主ですから、基本的には第一種で良いと思います
0.005
の税率で消費税の追加と考えて良いのですね?

>国金については、意外と名義はそのままで、返済し続けている所はあったりすると思います。
はい、無理はせずに行きます。お通帳は動きがないように、この支払いの分だけ入金・引き落としを繰り返して完済しようと思います。

個人に戻って力をつけて、もう一度法人で復活したいと思います。ご親切に教えて下さって、その上、勇気を有り難うございました。

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

2人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています