•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

輸入仕入時のレートについて

質問 回答受付中

輸入仕入時のレートについて

2010/06/16 15:57

kotori13

おはつ

回答数:3

編集

何度もトピックに上がっているかもしれませんので、重複していたら申し訳ないのですが、海外からの仕入について、質問があります。

以前は為替予約をして、そのレートでの仕入&送金をしていたのですが、諸事情により予約せずに仕入を行うことになりました。

仕入時のTTSで仕入をしようとしたのですが、会計士さんから「輸入通関時のレートで仕入をしてください。そうしないと、仕入の金額と仮払消費税との整合性がなくなりますので。」と言われました。それは必要なのでしょうか?

当社の場合、売上が決まってから輸入するということがたまに起こり、通関レートが確定するまで仕入の計上ができないので困っています。また、輸入申告書の中には、建値がFOBで運賃が別途計上されているものもあり、その分にも消費税がかかってくるので会計士さんに相談したところ、それも仕入金額に含めてくださいと言われました。

輸出入についてあまり詳しくないのですが、多くの会社で通関レートではなく社内的に決められたレート(仕入日や前月末日のレートなど)で仕入をされているように思います。もしそれで問題ないのであれば、何か会計士さんに説明することのできる法律や基準などあれば教えていただきたいのですが。

長々と申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

何度もトピックに上がっているかもしれませんので、重複していたら申し訳ないのですが、海外からの仕入について、質問があります。

以前は為替予約をして、そのレートでの仕入&送金をしていたのですが、諸事情により予約せずに仕入を行うことになりました。

仕入時のTTSで仕入をしようとしたのですが、会計士さんから「輸入通関時のレートで仕入をしてください。そうしないと、仕入の金額と仮払消費税との整合性がなくなりますので。」と言われました。それは必要なのでしょうか?

当社の場合、売上が決まってから輸入するということがたまに起こり、通関レートが確定するまで仕入の計上ができないので困っています。また、輸入申告書の中には、建値がFOBで運賃が別途計上されているものもあり、その分にも消費税がかかってくるので会計士さんに相談したところ、それも仕入金額に含めてくださいと言われました。

輸出入についてあまり詳しくないのですが、多くの会社で通関レートではなく社内的に決められたレート(仕入日や前月末日のレートなど)で仕入をされているように思います。もしそれで問題ないのであれば、何か会計士さんに説明することのできる法律や基準などあれば教えていただきたいのですが。

長々と申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜3件 (全3件)
| 1 |

1. Re: 輸入仕入時のレートについて

2010/06/17 23:47

koensu

すごい常連さん

編集

輸入仕入についてどの時点で仕入を計上するかの問題とどの時点のレートで計上するかは別の問題です。
FOB契約であれば、船積み時に所有権が移転するので船積み案内を入手した時点で、その時のレートで仕入計上するのが原則です。運賃、保険、通関費用等は追加で仕入計上します。
CIF契約であれば、船積み書類入手時に仕入計上するので、結果的に通関時に近い時点でのレートで計上することになるかもしれません。
なお、輸入申告のレートは週単位に前週の平均レートを基として税関長が公示したレートであって、実際のレートとは違います。
また代金の一部について前払する場合には、仕入計上時に前渡金については換算し直さないのが原則です(外貨建取引実務指針§25,26)。

質問内容で疑問点があります。
>当社の場合、売上が決まってから輸入するということがたまに起こり、通関レートが確定するまで仕入の計上ができないので困っています。

これだと、商品を引渡す前に売上を計上しているように読めます。
????

輸入仕入についてどの時点で仕入を計上するかの問題とどの時点のレートで計上するかは別の問題です。
FOB契約であれば、船積み時に所有権が移転するので船積み案内を入手した時点で、その時のレートで仕入計上するのが原則です。運賃、保険、通関費用等は追加で仕入計上します。
CIF契約であれば、船積み書類入手時に仕入計上するので、結果的に通関時に近い時点でのレートで計上することになるかもしれません。
なお、輸入申告のレートは週単位に前週の平均レートを基として税関長が公示したレートであって、実際のレートとは違います。
また代金の一部について前払する場合には、仕入計上時に前渡金については換算し直さないのが原則です(外貨建取引実務指針§25,26)。

質問内容で疑問点があります。
>当社の場合、売上が決まってから輸入するということがたまに起こり、通関レートが確定するまで仕入の計上ができないので困っています。

これだと、商品を引渡す前に売上を計上しているように読めます。
????

返信

2. Re: 輸入仕入時のレートについて

2010/06/18 11:39

kotori13

おはつ

編集

ご回答ありがとうございます。FOBやCIFによって仕入計上のタイミングが違うということを知りませんでした。いろいろと勉強しないといけないことがわかりました。

ご質問いただいた件ですが、カルネで一旦輸入し、売買契約が成立し、カルネで再輸出、その後仕入先から出た時点での売上とするためです。

外貨建取引実務指針も読んでみます。ありがとうございました。

ご回答ありがとうございます。FOBやCIFによって仕入計上のタイミングが違うということを知りませんでした。いろいろと勉強しないといけないことがわかりました。

ご質問いただいた件ですが、カルネで一旦輸入し、売買契約が成立し、カルネで再輸出、その後仕入先から出た時点での売上とするためです。

外貨建取引実務指針も読んでみます。ありがとうございました。

返信

3. Re: 輸入仕入時のレートについて

2010/06/20 18:55

koensu

すごい常連さん

編集

仕入れ先から出荷した時点で売上計上では、売上計上が早すぎませんでしょうか。
契約ではどの時点で商品の引き渡しがなされたと見ているのでしょうか。
実際商品の輸入契約が得意先の名前でなされるのであれば、質問者さんが収益として計上するのは、仕入れ先出荷時点で受取手数料を計上することになると考えます。
輸入手続き等を質問者さんの名義で行い、国内貨物として得意先に売るというのであれば、通関引取り後、得意先への発送がされた時点で売上を計上すべきです。
それ以前に代金の授受があったとしても、それは前受金あるいは前渡金です。

仕入れ先から出荷した時点で売上計上では、売上計上が早すぎませんでしょうか。
契約ではどの時点で商品の引き渡しがなされたと見ているのでしょうか。
実際商品の輸入契約が得意先の名前でなされるのであれば、質問者さんが収益として計上するのは、仕入れ先出荷時点で受取手数料を計上することになると考えます。
輸入手続き等を質問者さんの名義で行い、国内貨物として得意先に売るというのであれば、通関引取り後、得意先への発送がされた時点で売上を計上すべきです。
それ以前に代金の授受があったとしても、それは前受金あるいは前渡金です。

返信

1件〜3件 (全3件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています