•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

保証金の計上ミス

質問 回答受付中

保証金の計上ミス

2009/12/07 15:42

rinaji

おはつ

回答数:1

編集

お世話になります。法人の経理をやっております。

家主さんから保証金が返ってきました。

全額返ってくると思っていたのですが、契約書をみると半分が保証金で、半分が礼金でした。
この場合、返金されなかった礼金の仕訳を教えて下さい。
雑損失でよいのでしょうか?宜しくお願い致します。

お世話になります。法人の経理をやっております。

家主さんから保証金が返ってきました。

全額返ってくると思っていたのですが、契約書をみると半分が保証金で、半分が礼金でした。
この場合、返金されなかった礼金の仕訳を教えて下さい。
雑損失でよいのでしょうか?宜しくお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: 保証金の計上ミス

2009/12/12 17:17

okosu

ちょい参加

編集

返金されなかった礼金は、お書きのとおりの雑損失(または雑損)を使用し、仕訳は、

雑損失(または雑損) / 敷金

でよいと思います。

返還されない礼金は、20万円未満は支出年度に一括費用に計上できますし、それ以上の金額の支出は長期前払費用として5年(賃貸契約がそれ未満であればその期間)で償却し、各年度の費用(科目は家賃、支払手数料など)とすることになっております(法人税、及び基本通達は繰延資産としてこれらの処理を決めているが、会社法上はこの礼金は繰延資産としていないので、長期前払費用として計上するのが一般的です。)。

したがって、おたずねの場合は、大半が過年度に費用として計上すべきものの計上漏れですから、営業外または特別損益の雑損失とか雑損などの科目を使用して、冒頭の仕訳をすることになると思います。

返金されなかった礼金は、お書きのとおりの雑損失(または雑損)を使用し、仕訳は、

雑損失(または雑損) / 敷金

でよいと思います。

返還されない礼金は、20万円未満は支出年度に一括費用に計上できますし、それ以上の金額の支出は長期前払費用として5年(賃貸契約がそれ未満であればその期間)で償却し、各年度の費用(科目は家賃、支払手数料など)とすることになっております(法人税、及び基本通達は繰延資産としてこれらの処理を決めているが、会社法上はこの礼金は繰延資産としていないので、長期前払費用として計上するのが一般的です。)。

したがって、おたずねの場合は、大半が過年度に費用として計上すべきものの計上漏れですから、営業外または特別損益の雑損失とか雑損などの科目を使用して、冒頭の仕訳をすることになると思います。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています