•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

源泉所得税の仕訳について

質問 回答受付中

源泉所得税の仕訳について

2009/05/24 11:38

chiyoda

おはつ

回答数:5

編集

お世話になります。転職して、今年の4月から新しい会社で経理を担当しています、chiyodaと申します。宜しくお願い致します。
現在、試算表と元帳のチェックをしているのですが、
「預り金(所得税)」勘定の残高が、マイナスとなっており、
不思議に思いもう一人の経理担当(源泉徴収関係の帳票と伝票を作成しています)に尋ねましたところ、「わからない。前任者からも何も聞いていないし、前任者もそうしていた」とのことでした。
仕訳を過去に遡っていくと、

12/10 賞与支給
(借)賞与1800  (貸)所得税預り金123
            健康保険料他預り金250
            当座預金1427

12/25 12月分給与
(借)給料2500  (貸)所得税預り金104
            健康保険料他預り金500
            当座預金1196

12/25 年末調整超過分を従業員へ
(借)仮払金220  (貸)現金220

1/10 12月分給与と賞与分の源泉税納付
(借)所得税預り金(賞与)123  (貸)当座預金227
  所得税預り金(給与)104 

1/25 1月分給与
(借)給料2500  (貸)所得税預り金104
            健康保険料他預り金500
            当座預金1196

2/10 1月分給与の源泉税納付
(借)所得税預り金(給与)104  (貸)仮払金104

2/25 2月分給与
(借)給料2300  (貸)所得税預り金0
            健康保険料他預り金500
            当座預金1800


3/10 2月分給与の源泉税納付・・・?
(借)所得税預り金(給与)104万 (貸)仮払金104万

となっており、伝票上2月分給料より所得税を源泉していないのに
3月10日に2月分源泉税納付として預り金勘定を借方に計上して仮払金勘定を消し込んでいたようです。
(年末調整超過分があるため、納付はしなくてもいいようです)
このため、所得税勘定がマイナスとなってしまい、現在に至っています。

担当の方に、伝票の基となっている給与関係資料を見せてもらおうと思ったのですが、これらのことは個人情報になるので、配属されて間もない人には見せられないし、前任者も今までこうやってきたのだから、私のやっていることに口を挟むな、と怒られてしまいました。

ただ、試算表を作成するのは私の方なので、預り金所得税勘定のマイナス残が気になります。

3月10日の仕訳の借方は、何勘定で計上するのが正しいのでしょうか?

質問が長文になってしまい、大変申し訳ありませんでした。
是非、皆様のアドバイスをお願い致します。
何卒、よろしくお願い致します。

お世話になります。転職して、今年の4月から新しい会社で経理を担当しています、chiyodaと申します。宜しくお願い致します。
現在、試算表と元帳のチェックをしているのですが、
預り金所得税)」勘定の残高が、マイナスとなっており、
不思議に思いもう一人の経理担当(源泉徴収関係の帳票と伝票を作成しています)に尋ねましたところ、「わからない。前任者からも何も聞いていないし、前任者もそうしていた」とのことでした。
仕訳を過去に遡っていくと、

12/10 賞与支給
(借)賞与1800  (貸)所得税預り金123
            健康保険料他預り金250
            当座預金1427

12/25 12月分給与
(借)給料2500  (貸)所得税預り金104
            健康保険料他預り金500
            当座預金1196

12/25 年末調整超過分を従業員へ
(借)仮払金220  (貸)現金220

1/10 12月分給与と賞与分の源泉税納付
(借)所得税預り金(賞与)123  (貸)当座預金227
  所得税預り金(給与)104 

1/25 1月分給与
(借)給料2500  (貸)所得税預り金104
            健康保険料他預り金500
            当座預金1196

2/10 1月分給与の源泉税納付
(借)所得税預り金(給与)104  (貸)仮払金104

2/25 2月分給与
(借)給料2300  (貸)所得税預り金
            健康保険料他預り金500
            当座預金1800


3/10 2月分給与の源泉税納付・・・?
(借)所得税預り金(給与)104万 (貸)仮払金104万

となっており、伝票上2月分給料より所得税を源泉していないのに
3月10日に2月分源泉税納付として預り金勘定を借方に計上して仮払金勘定を消し込んでいたようです。
年末調整超過分があるため、納付はしなくてもいいようです)
このため、所得税勘定がマイナスとなってしまい、現在に至っています。

担当の方に、伝票の基となっている給与関係資料を見せてもらおうと思ったのですが、これらのことは個人情報になるので、配属されて間もない人には見せられないし、前任者も今までこうやってきたのだから、私のやっていることに口を挟むな、と怒られてしまいました。

ただ、試算表を作成するのは私の方なので、預り金所得税勘定のマイナス残が気になります。

3月10日の仕訳の借方は、何勘定で計上するのが正しいのでしょうか?

質問が長文になってしまい、大変申し訳ありませんでした。
是非、皆様のアドバイスをお願い致します。
何卒、よろしくお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜5件 (全5件)
| 1 |

1. Re: 源泉所得税の仕訳について

2009/05/25 09:31

kaibashira

さらにすごい常連さん

編集

貴社の年末調整の処理の流れとしては、どの月も一旦通常通りに
源泉所得税を徴収して、12/25に年末調整による超過分全額を
従業員に還付しているように見受けられます。
とすると、2/25に所得税の預かり金が0になっているのは
異常な気がします。
年末調整による(還付−追徴)の全社合計額が把握できないので
何とも申せませんが、これが220だとすると、
2/25の2月分給与で源泉所得税の徴収漏れが発生しているように
見えます。(そうであれば、所得税預かり金勘定残高も
当然マイナス方向に振れます)

本来は

1/10 12月分給与と賞与分の源泉税納付(年末調整還付額差引後)
(借)所得税預り金(賞与)123  (貸)仮払金 220
  所得税預り金(給与)104     当座預金  7

とすれば、この時点で精算が終了してあとは通常通り
預かり→納付を繰り返せばいいように思えます。

貴社の年末調整の処理の流れとしては、どの月も一旦通常通りに
源泉所得税を徴収して、12/25に年末調整による超過分全額を
従業員に還付しているように見受けられます。
とすると、2/25に所得税の預かり金が0になっているのは
異常な気がします。
年末調整による(還付−追徴)の全社合計額が把握できないので
何とも申せませんが、これが220だとすると、
2/25の2月分給与で源泉所得税の徴収漏れが発生しているように
見えます。(そうであれば、所得税預かり金勘定残高も
当然マイナス方向に振れます)

本来は

1/10 12月分給与と賞与分の源泉税納付(年末調整還付額差引後)
(借)所得税預り金(賞与)123  (貸)仮払金 220
  所得税預り金(給与)104     当座預金  7

とすれば、この時点で精算が終了してあとは通常通り
預かり→納付を繰り返せばいいように思えます。

返信

2. Re: 源泉所得税の仕訳について

2009/05/25 11:48

maikero

すごい常連さん

編集

kaibashira様のおっしゃる通り、2月分給与で所得税預り金0円はおかしいですね。

年末調整還付の時点で、
 所得税預り金 220 / 現金 220 としておけば、
預り残高は7万となり、1/10に7万納付でおしまいだったはずです。
つまり仮払金勘定を使う必要はなかった事になります。

前任者は年調で全額仮払にした上に、1/10に年調220万をマイナスし忘れたので2/10、3/10で調整しようとしたものの、何だか変なことになった感じがしますね。

まず確認すべきは
・2月分給与で本当に所得税を徴収してないのか
 (それ位は給与担当者も教えてくれるはずです)
・実際の1/10〜3/10所得税納付書を確認
 (年調分で納付はなくても0円で提出はしてます)

もし本当に2月給与の所得税が0円ならば、3/10の仕訳は発生しません。

2/10の仕訳をした時点での残高は
 所得税預り金 0円
 仮払金   116万
となりますので仮払金がゼロになるまで、発生した所得税と相殺していく事になりますね。

kaibashira様のおっしゃる通り、2月分給与で所得税預り金0円はおかしいですね。

年末調整還付の時点で、
 所得税預り金 220 / 現金 220 としておけば、
預り残高は7万となり、1/10に7万納付でおしまいだったはずです。
つまり仮払金勘定を使う必要はなかった事になります。

前任者は年調で全額仮払にした上に、1/10に年調220万をマイナスし忘れたので2/10、3/10で調整しようとしたものの、何だか変なことになった感じがしますね。

まず確認すべきは
・2月分給与で本当に所得税を徴収してないのか
 (それ位は給与担当者も教えてくれるはずです)
・実際の1/10〜3/10所得税納付書を確認
 (年調分で納付はなくても0円で提出はしてます)

もし本当に2月給与の所得税が0円ならば、3/10の仕訳は発生しません。

2/10の仕訳をした時点での残高は
 所得税預り金 0円
 仮払金   116万
となりますので仮払金がゼロになるまで、発生した所得税と相殺していく事になりますね。

返信

3. Re: 源泉所得税の仕訳について

2009/05/25 23:59

chiyoda

おはつ

編集

kaibashiraさん、
maikeroさん、
丁寧なアドバイス、どうもありがとうございました。
また、お礼の返事が夜分遅くなってしまい、
大変申し訳ありませんでした。

2月分給与よりの源泉が0というのは、確かにおかしいと
思いました。
本日、残業時一人になった際に2月の給与台帳を
のぞき見、と言いますか、確認の意味で閲覧したところ、
やはり源泉徴収は毎月通りされており、
所得税の源泉のみ無視する形で給与支給時の振替伝票が
書かれていました。
ですので、借方の給料勘定には、給料台帳の所得税や社会保険料など控除前の総支給額が毎月起票されるのですが、2月25日の伝票では、総支給分から所得税を引いた額を借方の給与勘定となっていました。
この場合、訂正伝票として、

(借方)給料104/(貸方)所得税預り金104

を追加すれば、所得税預り金勘定が解消されて、
給料勘定も、台帳の総支給額と一致するのですが、
これでよろしいでしょうか?

kaibashiraさん、
maikeroさん、
丁寧なアドバイス、どうもありがとうございました。
また、お礼の返事が夜分遅くなってしまい、
大変申し訳ありませんでした。

2月分給与よりの源泉が0というのは、確かにおかしいと
思いました。
本日、残業時一人になった際に2月の給与台帳を
のぞき見、と言いますか、確認の意味で閲覧したところ、
やはり源泉徴収は毎月通りされており、
所得税の源泉のみ無視する形で給与支給時の振替伝票
書かれていました。
ですので、借方の給料勘定には、給料台帳の所得税や社会保険料など控除前の総支給額が毎月起票されるのですが、2月25日の伝票では、総支給分から所得税を引いた額を借方の給与勘定となっていました。
この場合、訂正伝票として、

(借方)給料104/(貸方)所得税預り金104

を追加すれば、所得税預り金勘定が解消されて、
給料勘定も、台帳の総支給額と一致するのですが、
これでよろしいでしょうか?

返信

4. Re: 源泉所得税の仕訳について

2009/05/26 00:10

kaibashira

さらにすごい常連さん

編集

「借方の給料勘定には、給料台帳の所得税や社会保険料など控除前の総支給額が毎月起票されるのですが、2月25日の伝票では、総支給分から所得税を引いた額を借方の給与勘定」に計上していた、

という前提であれば、お考えの通り、

「訂正伝票として、

(借方)給料104/(貸方)所得税預り金104

を追加」
という処理で是正されると思います。

「借方の給料勘定には、給料台帳の所得税や社会保険料など控除前の総支給額が毎月起票されるのですが、2月25日の伝票では、総支給分から所得税を引いた額を借方の給与勘定」に計上していた、

という前提であれば、お考えの通り、

「訂正伝票として、

(借方)給料104/(貸方)所得税預り金104

を追加」
という処理で是正されると思います。

返信

5. Re: 源泉所得税の仕訳について

2009/05/26 21:58

chiyoda

おはつ

編集

kaibashira様、
ご返答くださり、有難うございました。

今月末付の伝票として、訂正伝を起票したいと思っております。
と、申しましても、
私の仕事は経理といっても実際に振替伝票を起こしたり、
現金を取り扱ったり、銀行振込をするでもなく、
ひたすら会計ソフトに向き合って
試算表を仕上げ、勘定科目残高を1つ1つチェックして、
不備のある振替伝票について、
「この仕訳、訂正していただけませんか?」
と、伝票を起票するもう一人の方に頼むのが
毎日の仕事です。
今回のようなことが起きた時、起票者が何の資料を基に
仕訳を切っているのか分からずに、
単に会計ソフトにインプットしているだけでは
何も身に付かないし、自分にとって危険なことでも
あるのかな、と反省しました。

「人の事には口を出さない」的な社風ですので、
恐らく今後何年経っても仕事内容に変化は無い様に
思われます。仕事の幅は広がっていかないかも知れませんが、
その分、知識だけでも深めていけるよう努力します。

kaibashira様、
ご返答くださり、有難うございました。

今月末付の伝票として、訂正伝を起票したいと思っております。
と、申しましても、
私の仕事は経理といっても実際に振替伝票を起こしたり、
現金を取り扱ったり、銀行振込をするでもなく、
ひたすら会計ソフトに向き合って
試算表を仕上げ、勘定科目残高を1つ1つチェックして、
不備のある振替伝票について、
「この仕訳、訂正していただけませんか?」
と、伝票を起票するもう一人の方に頼むのが
毎日の仕事です。
今回のようなことが起きた時、起票者が何の資料を基に
仕訳を切っているのか分からずに、
単に会計ソフトにインプットしているだけでは
何も身に付かないし、自分にとって危険なことでも
あるのかな、と反省しました。

「人の事には口を出さない」的な社風ですので、
恐らく今後何年経っても仕事内容に変化は無い様に
思われます。仕事の幅は広がっていかないかも知れませんが、
その分、知識だけでも深めていけるよう努力します。

返信

1件〜5件 (全5件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています