•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

現金残高の誤差修正

質問 回答受付中

現金残高の誤差修正

2007/09/12 15:27

まどか

おはつ

回答数:9

編集

いつも質問ばかりですみません。。。m(_ _)m

実は、現金残高に多額の誤差が生じています。
今まで、顧問の税理士に全て任せてきたのですが、今年、急に辞めてしまいました。引継ぎも何もされないまま。。。
で、過去の決算書を確認しても、現金が2千万ほど多く計上されているのです。
きちんとした決算書を作成したいのですが、この誤差はどのようにすればよいのでしょうか?
先ほど、税務署に質問したところ、特別損失に計上すると、その分損金として認められないため、多額の税金が発生すると言われました。
それも困ります。
何か、良い方法はないのでしょうか?

いつも質問ばかりですみません。。。m(_ _)m

実は、現金残高に多額の誤差が生じています。
今まで、顧問の税理士に全て任せてきたのですが、今年、急に辞めてしまいました。引継ぎも何もされないまま。。。
で、過去の決算書を確認しても、現金が2千万ほど多く計上されているのです。
きちんとした決算書を作成したいのですが、この誤差はどのようにすればよいのでしょうか?
先ほど、税務署に質問したところ、特別損失に計上すると、その分損金として認められないため、多額の税金が発生すると言われました。
それも困ります。
何か、良い方法はないのでしょうか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜9件 (全9件)
| 1 |

1. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/12 15:33

dasrecht

さらにすごい常連さん

編集

2千万・・・

それは事件と呼んでいいのではないでしょうか。

経理や税務を云々する前に、原因を究明するのが急務かと思います。

2千万・・・

それは事件と呼んでいいのではないでしょうか。

経理や税務を云々する前に、原因を究明するのが急務かと思います。

返信

2. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/12 15:43

まどか

おはつ

編集

dasrecht様

早速の返信、ありがとうございます。
事件。。。。ほんとにそうですよね。。。
過去5年分の決算書を確認しましたが、ずっとこうでした。。。
きっとその前からもずっと。。。だと思われます。
税務署のほうも、どうして今までそこを指摘してくれなかったのか。。。。と悔やまれます。
前任の税理士は、かなりの高齢で、最後は痴呆も出始め、辞めました。今では、何を聞いても、回答はありません。。。

社長にも確認しましたが、全く分からないそうです。
経理関係は、本当に全てを任せっきりだったので。。。知識もありません。

このまま、誤差を残して続けるのは、気分が悪いのですが、仕方ないことなのでしょうか?

dasrecht様

早速の返信、ありがとうございます。
事件。。。。ほんとにそうですよね。。。
過去5年分の決算書を確認しましたが、ずっとこうでした。。。
きっとその前からもずっと。。。だと思われます。
税務署のほうも、どうして今までそこを指摘してくれなかったのか。。。。と悔やまれます。
前任の税理士は、かなりの高齢で、最後は痴呆も出始め、辞めました。今では、何を聞いても、回答はありません。。。

社長にも確認しましたが、全く分からないそうです。
経理関係は、本当に全てを任せっきりだったので。。。知識もありません。

このまま、誤差を残して続けるのは、気分が悪いのですが、仕方ないことなのでしょうか?

返信

3. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/12 19:11

karz

すごい常連さん

編集

帳簿上現金が過大になっている原因は色々あると思います。

売上もないのに
現金 / 売上 (架空売上)を計上したり

経費を支払っているのに
仕入 / 現金 (経費除外)をすると現金が不一致になります。

他にも会計処理が正しく処理されている場合(帳簿が正しい)は横領、盗難等の可能性も出てきます。


いずれにせよ、過去の処理を調査する他ありません。

手許現金2千万は多すぎます(会社によりますが)
金額が大きい取引や不自然な取引を上から調べていくしかないでしょう。

帳簿上現金が過大になっている原因は色々あると思います。

売上もないのに
現金 / 売上 (架空売上)を計上したり

経費を支払っているのに
仕入 / 現金 (経費除外)をすると現金が不一致になります。

他にも会計処理が正しく処理されている場合(帳簿が正しい)は横領、盗難等の可能性も出てきます。


いずれにせよ、過去の処理を調査する他ありません。

手許現金2千万は多すぎます(会社によりますが)
金額が大きい取引や不自然な取引を上から調べていくしかないでしょう。

返信

4. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/12 21:05

まどか

おはつ

編集

karz様

過去の取引を確認したくても、帳簿がないのです(T_T)
渡されたのは、決算書のみ。。。

2000万円は、大金です。信じられないくらいに。。。
一年間の総売り上げが7500万円程度ですから。。。
はっきりさせたいです。。。悔しいです。

横領。。。。では、ないと思うのですが。。。

karz様

過去の取引を確認したくても、帳簿がないのです(T_T)
渡されたのは、決算書のみ。。。

2000万円は、大金です。信じられないくらいに。。。
一年間の総売り上げが7500万円程度ですから。。。
はっきりさせたいです。。。悔しいです。

横領。。。。では、ないと思うのですが。。。

返信

5. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/12 22:32

かめへん

神の領域

編集

帳簿もないとは、困りましたね〜。
でも、現金出納帳ぐらいは、会社で作っていなかったのでしょうか?
もしも作っていたのであれば、毎期の出納帳上の期末残高と、決算書上の現金残高とを照合していけば、どの期で、どれぐらい差が出てきたか、ぐらいはわかるものとは思いますので、何らかの手がかりにならないかな、とは思いますが。

横領等の可能性は置いておいて、それ以外で考えてみると、こんな感じかな〜、と思います。

税理士の方に任せっきりという事で、ひょっとしたら、もともと会社自体で帳簿のようなものは作っていなくて、売上関係の資料や経費等の領収書、預金通帳ぐらいを、ポンと渡していて、その税理士が処理していたとしたら、その税理士が、やりっ放しで帳簿の作成というか、決算をしていたのかな、という気もします。

ただ、まともな税理士であれば、年の中途や期末で、現金残高が多くなるような場合は、その原因を会社に尋ねるはずのものと思います。
経費や資産購入の計上漏れがないか、借り入れの返済(特に社長等の個人への)の記帳漏れがないか、売上入金が通帳等と重複で処理されていないか、等々。
(ですから、原因を探るとすれば、その辺とは思います、特に大きなお金が動いている時や、資産を購入しているはずなのに、減価償却明細に当該資産が計上されていない、とか。)

税理士が、その辺の確認を怠って、塵も積もればで、長い年月にかけて、現金残高が膨れ上がってきたのでは、という可能性も否めないとは思います。
(恥ずかしい事ですが、程度の差こそあれ、そのような税理士が作った帳簿を見かける事があります)

>先ほど、税務署に質問したところ、特別損失に計上すると、その分損金として認められないため、多額の税金が発生すると言われました。

これについて、ちゃんと説明してみます。
正確には、その処理で税金が発生する訳ではありません。
この処理をするとすれば、次のような仕訳になるものと思います。

過年度損益修正損(又は雑損失等) ××/現金 ××

これについては、当期の損金ではありませんので、申告書上では所得に加算しますよ、というだけの事です。
要は、決算書上では、経費処理して、申告書上では、所得に加算、でプラスマイナスゼロ、という感じです。
ただ、決算書の見栄えは甚だ悪くなりますので、銀行の融資等については影響が出てくる可能性はあるものと思います。
仮に本来の当期利益が100万円として、その処理額が2千万円と仮定すると、決算書上では、1900万円の赤字となってしまう訳ですからね。
(申告書上では、プラス2千万円がされるので、所得が赤字にはなりませんが)

それともうひとつ、原因が何かわからなければ、使途秘匿金課税を受ける可能性も、無いとは言えないと思います、こちらになってしまうと、多額の法人税等がかかってくる事となります。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/kousaihi/ksh_2_04.htm

それを免れるためにも、原因を探すのはとても大切な事とは思いますが、何か見つかれば良いですけどね〜、どうしようもなければ、事情を税務署に詳しく説明するしかないと思いますが、会社自体で何も帳簿をつけていなかったとなれば、青色の取り消し等の可能性も出てきてはしまいますが。

帳簿もないとは、困りましたね〜。
でも、現金出納帳ぐらいは、会社で作っていなかったのでしょうか?
もしも作っていたのであれば、毎期の出納帳上の期末残高と、決算書上の現金残高とを照合していけば、どの期で、どれぐらい差が出てきたか、ぐらいはわかるものとは思いますので、何らかの手がかりにならないかな、とは思いますが。

横領等の可能性は置いておいて、それ以外で考えてみると、こんな感じかな〜、と思います。

税理士の方に任せっきりという事で、ひょっとしたら、もともと会社自体で帳簿のようなものは作っていなくて、売上関係の資料や経費等の領収書、預金通帳ぐらいを、ポンと渡していて、その税理士が処理していたとしたら、その税理士が、やりっ放しで帳簿の作成というか、決算をしていたのかな、という気もします。

ただ、まともな税理士であれば、年の中途や期末で、現金残高が多くなるような場合は、その原因を会社に尋ねるはずのものと思います。
経費や資産購入の計上漏れがないか、借り入れの返済(特に社長等の個人への)の記帳漏れがないか、売上入金が通帳等と重複で処理されていないか、等々。
(ですから、原因を探るとすれば、その辺とは思います、特に大きなお金が動いている時や、資産を購入しているはずなのに、減価償却明細に当該資産が計上されていない、とか。)

税理士が、その辺の確認を怠って、塵も積もればで、長い年月にかけて、現金残高が膨れ上がってきたのでは、という可能性も否めないとは思います。
(恥ずかしい事ですが、程度の差こそあれ、そのような税理士が作った帳簿を見かける事があります)

>先ほど、税務署に質問したところ、特別損失に計上すると、その分損金として認められないため、多額の税金が発生すると言われました。

これについて、ちゃんと説明してみます。
正確には、その処理で税金が発生する訳ではありません。
この処理をするとすれば、次のような仕訳になるものと思います。

過年度損益修正損(又は雑損失等) ××/現金 ××

これについては、当期の損金ではありませんので、申告書上では所得に加算しますよ、というだけの事です。
要は、決算書上では、経費処理して、申告書上では、所得に加算、でプラスマイナスゼロ、という感じです。
ただ、決算書の見栄えは甚だ悪くなりますので、銀行の融資等については影響が出てくる可能性はあるものと思います。
仮に本来の当期利益が100万円として、その処理額が2千万円と仮定すると、決算書上では、1900万円の赤字となってしまう訳ですからね。
(申告書上では、プラス2千万円がされるので、所得が赤字にはなりませんが)

それともうひとつ、原因が何かわからなければ、使途秘匿金課税を受ける可能性も、無いとは言えないと思います、こちらになってしまうと、多額の法人税等がかかってくる事となります。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/kousaihi/ksh_2_04.htm

それを免れるためにも、原因を探すのはとても大切な事とは思いますが、何か見つかれば良いですけどね〜、どうしようもなければ、事情を税務署に詳しく説明するしかないと思いますが、会社自体で何も帳簿をつけていなかったとなれば、青色の取り消し等の可能性も出てきてはしまいますが。

返信

6. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/13 09:37

DISKY

すごい常連さん

編集

714521さま、心中お察しします。

ところで諸先輩方に質問させていただきたいのですが、ここでもたまに見かけるように職務を放棄しているとも考えられる税理士に対して損害賠償の請求とかってできないものなのでしょうか? 今回のケースであれば、その現金差異2000万円に対してはともかく、過去に支払った報酬分(のいくらか)は「返せ!」って請求してもいいんじゃないかと思うのですが。
話がそれてしまってすみません。

714521さま、心中お察しします。

ところで諸先輩方に質問させていただきたいのですが、ここでもたまに見かけるように職務を放棄しているとも考えられる税理士に対して損害賠償の請求とかってできないものなのでしょうか? 今回のケースであれば、その現金差異2000万円に対してはともかく、過去に支払った報酬分(のいくらか)は「返せ!」って請求してもいいんじゃないかと思うのですが。
話がそれてしまってすみません。

返信

7. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/13 19:09

まどか

おはつ

編集

kamehen様

現金出納帳も何もつけてません。いわゆる丸投げという形でしょうか。毎月、売り上げ日報と領収証の束を税理士に渡す形でした。

決算期に、現金残高の確認等、したことはないそうです。

青色の取り消し、、、すでにされました。実は、この税理士、過去2年に渡って、顧問料を払っていたのに無申告だったのです。再三、催促をしていましたが、赤字決算だから大丈夫と言われ続けて。。。結局、2年目は法人税が発生し、加算税も払いました。しかも、2年分の消費税についても無申告だったので、加算税払わされました。もう、散々な、目に遭ってます。

ただ、今年の1月までは税理士と顧問契約をしていて、今会計期間は去年の11月から今年の10月までなので、税理士の責任として処理をするには、今回で済まさないといけないのでは。。。と焦っています。

明日、税務署に直接行って、もう少し詳しく話をしてこようと思います。

kamehen様

現金出納帳も何もつけてません。いわゆる丸投げという形でしょうか。毎月、売り上げ日報と領収証の束を税理士に渡す形でした。

決算期に、現金残高の確認等、したことはないそうです。

青色の取り消し、、、すでにされました。実は、この税理士、過去2年に渡って、顧問料を払っていたのに無申告だったのです。再三、催促をしていましたが、赤字決算だから大丈夫と言われ続けて。。。結局、2年目は法人税が発生し、加算税も払いました。しかも、2年分の消費税についても無申告だったので、加算税払わされました。もう、散々な、目に遭ってます。

ただ、今年の1月までは税理士と顧問契約をしていて、今会計期間は去年の11月から今年の10月までなので、税理士の責任として処理をするには、今回で済まさないといけないのでは。。。と焦っています。

明日、税務署に直接行って、もう少し詳しく話をしてこようと思います。

返信

8. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/13 19:12

まどか

おはつ

編集

DISKY 様

返信、ありがとうございます。

本当に、この税理士に対しては、損害賠償したいです。2年分の加算税、請求したいです。おかげで、今年は、すごい赤字です。
現金が足りない状態なのに、帳簿上は2000万もあることになっている。。。やるせないです。

弁護士に相談したほうがいいのでしょうかね?

DISKY 様

返信、ありがとうございます。

本当に、この税理士に対しては、損害賠償したいです。2年分の加算税、請求したいです。おかげで、今年は、すごい赤字です。
現金が足りない状態なのに、帳簿上は2000万もあることになっている。。。やるせないです。

弁護士に相談したほうがいいのでしょうかね?

返信

9. Re: 現金残高の誤差修正

2007/09/13 19:26

まどか

おはつ

編集

kamehen様

現金出納帳も何もつけてません。いわゆる丸投げという形でしょうか。毎月、売り上げ日報と領収証の束を税理士に渡す形でした。

決算期に、現金残高の確認等、したことはないそうです。

青色の取り消し、、、すでにされました。実は、この税理士、過去2年に渡って、顧問料を払っていたのに無申告だったのです。再三、催促をしていましたが、赤字決算だから大丈夫と言われ続けて。。。結局、2年目は法人税が発生し、加算税も払いました。しかも、2年分の消費税についても無申告だったので、加算税払わされました。もう、散々な、目に遭ってます。

ただ、今年の1月までは税理士と顧問契約をしていて、今会計期間は去年の11月から今年の10月までなので、税理士の責任として処理をするには、今回で済まさないといけないのでは。。。と焦っています。

明日、税務署に直接行って、もう少し詳しく話をしてこようと思います。

kamehen様

現金出納帳も何もつけてません。いわゆる丸投げという形でしょうか。毎月、売り上げ日報と領収証の束を税理士に渡す形でした。

決算期に、現金残高の確認等、したことはないそうです。

青色の取り消し、、、すでにされました。実は、この税理士、過去2年に渡って、顧問料を払っていたのに無申告だったのです。再三、催促をしていましたが、赤字決算だから大丈夫と言われ続けて。。。結局、2年目は法人税が発生し、加算税も払いました。しかも、2年分の消費税についても無申告だったので、加算税払わされました。もう、散々な、目に遭ってます。

ただ、今年の1月までは税理士と顧問契約をしていて、今会計期間は去年の11月から今年の10月までなので、税理士の責任として処理をするには、今回で済まさないといけないのでは。。。と焦っています。

明日、税務署に直接行って、もう少し詳しく話をしてこようと思います。

返信

1件〜9件 (全9件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています