•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

デスクトップパソコン購入

質問 回答受付中

デスクトップパソコン購入

2007/06/19 11:49

asami

常連さん

回答数:6

編集

お疲れさまです。

教えて下さい。
デスクトップパソコン(77,430円)を購入しました。

10万円以下ですので、消耗品費で宜しいでしょうか。

即日償却にしなくても大丈夫でしょうか。

お疲れさまです。

教えて下さい。
デスクトップパソコン(77,430円)を購入しました。

10万円以下ですので、消耗品費で宜しいでしょうか。

即日償却にしなくても大丈夫でしょうか。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: デスクトップパソコン購入

2007/06/19 11:53

maboo

すごい常連さん

編集

asamiさん、お暑うございます。

消耗品費でええんやと思いますよ。
OA機器に関する勘定があればなおさらよいですが。

asamiさん、お暑うございます。

消耗品費でええんやと思いますよ。
OA機器に関する勘定があればなおさらよいですが。

返信

2. Re: デスクトップパソコン購入

2007/06/19 12:02

かめへん

神の領域

編集

10万円未満ですから、消耗品費等で処理されてOKです。
但し、パソコンと共に、例えばプリンター等の周辺機器を購入されていて、それらを一体として使用される場合には、その合計額で判断すべき事となりますので、それが10万円以上であれば資産計上すべき事となります。
(但し、青色申告の中小企業者等に該当すれば、30万円未満であれば条件付で全額を損金とする事ができます。)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5403.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5408.htm

PS.半角カタカナは機種依存文字ですから、文字化け等の原因になるそうですので、次回からはご使用されない方が良いかと思います (^ー^)
http://apex.wind.co.jp/tetsuro/izonmoji/

10万円未満ですから、消耗品費等で処理されてOKです。
但し、パソコンと共に、例えばプリンター等の周辺機器を購入されていて、それらを一体として使用される場合には、その合計額で判断すべき事となりますので、それが10万円以上であれば資産計上すべき事となります。
(但し、青色申告の中小企業者等に該当すれば、30万円未満であれば条件付で全額を損金とする事ができます。)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5403.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5408.htm

PS.半角カタカナは機種依存文字ですから、文字化け等の原因になるそうですので、次回からはご使用されない方が良いかと思います (^ー^)
http://apex.wind.co.jp/tetsuro/izonmoji/

返信

3. Re: デスクトップパソコン購入

2007/06/19 12:54

asami

常連さん

編集

mabooさん、ありがとうございます!!

わが社では、OA機器の勘定科目を扱ってないんです。

消耗品費ですね!!

助かりました。
また、お願いします。

mabooさん、ありがとうございます!!

わが社では、OA機器の勘定科目を扱ってないんです。

消耗品費ですね!!

助かりました。
また、お願いします。

返信

4. Re: デスクトップパソコン購入

2007/06/19 12:56

asami

常連さん

編集

kamehenさん、ありがとうございます!!

いつも細かく、ありがとうございます。
助かります。

※文字化けの件、失礼致しました。

kamehenさん、ありがとうございます!!

いつも細かく、ありがとうございます。
助かります。

※文字化けの件、失礼致しました。

返信

5. Re: デスクトップパソコン購入

2007/07/10 16:03

dodo

常連さん

編集

古いスレを掘り起こして申し訳ありませんが、ちょっと気になる点がありました。

>但し、パソコンと共に、例えばプリンター等の周辺機器を購入されていて、それらを一体として使用される場合には、その合計額で判断すべき事となりますので、それが10万円以上であれば資産計上すべき事となります。

とありますが、上記の例の場合、パソコンとプリンターはそれぞれ別個に、資産計上の要否を判断すべきではないでしょうか?

10万円未満の少額減価償却資産の判定(=資産計上の要否)は、通常の取引単位(1台1個ごと)に判断することとなっているようです。
上記の例では、パソコン、プリンターとも、通常それぞれ単体として売買の対象とされている独立した商品であり、かつ、それぞれ単体として機能を発揮できる(パソコンはプリンターが無くてもパソコンとして機能するし、プリンタはプリンタそれ自体が印刷機能を有している)ことから、それぞれ個別に少額減価償却資産の判定を行う(行ってよい)こととなっているようです。

詳しくは下記参照
税務QA2005年10月号「減価償却制度における少額減価償却資産の判定について」
(パソコンとプリンターの例も解説されています)

実務においても非常に誤りやす点だと思いますので、レスさせていただきましたm( _ _ )m

古いスレを掘り起こして申し訳ありませんが、ちょっと気になる点がありました。

>但し、パソコンと共に、例えばプリンター等の周辺機器を購入されていて、それらを一体として使用される場合には、その合計額で判断すべき事となりますので、それが10万円以上であれば資産計上すべき事となります。

とありますが、上記の例の場合、パソコンとプリンターはそれぞれ別個に、資産計上の要否を判断すべきではないでしょうか?

10万円未満の少額減価償却資産の判定(=資産計上の要否)は、通常の取引単位(1台1個ごと)に判断することとなっているようです。
上記の例では、パソコン、プリンターとも、通常それぞれ単体として売買の対象とされている独立した商品であり、かつ、それぞれ単体として機能を発揮できる(パソコンはプリンターが無くてもパソコンとして機能するし、プリンタはプリンタそれ自体が印刷機能を有している)ことから、それぞれ個別に少額減価償却資産の判定を行う(行ってよい)こととなっているようです。

詳しくは下記参照
税務QA2005年10月号「減価償却制度における少額減価償却資産の判定について」
(パソコンとプリンターの例も解説されています)

実務においても非常に誤りやす点だと思いますので、レスさせていただきましたm( _ _ )m

返信

6. Re: デスクトップパソコン購入

2007/07/11 00:34

karz

すごい常連さん

編集

ケースバイケースだと思います。
それぞれ独立して使用可能ですが
プリンタだけ買って、PCが無くても使用する場合などは
個別に考え、プリンタを購入してもPCを使用することが前提で
一緒に購入した場合は1組で考えるものだと思っていましたが・・

税務確認してみますm( _ _ )m

応接セットで机と椅子はそれぞれ使用できるが区分しないで
1組で考える場合と同じではないのでしょうか?

ケースバイケースだと思います。
それぞれ独立して使用可能ですが
プリンタだけ買って、PCが無くても使用する場合などは
個別に考え、プリンタを購入してもPCを使用することが前提で
一緒に購入した場合は1組で考えるものだと思っていましたが・・

税務確認してみますm( _ _ )m

応接セットで机と椅子はそれぞれ使用できるが区分しないで
1組で考える場合と同じではないのでしょうか?

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています