•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

免税から課税になった時の消費税申告書と仕訳について

質問 回答受付中

免税から課税になった時の消費税申告書と仕訳について

2006/11/15 09:52

ゆ-

さらにすごい常連さん

回答数:4

編集

別スレでどうしても、気になるので
ご教授の程お願いします。
(hahaさんも読んでくれるかな・・・)

>仮払消費税5円は仕訳上で計上する費用はない
>という事になります。
>ただ、その分は、消費税の精算仕訳の際は
>結果的には雑収入に含まれて計上される

そうすると、商品的には

前期末(免税時・税込) 105
今期仕入額(税抜)   300
今期売上分(税抜)   200

期末商品棚卸高   205となり
下記の申告書による還付額8円確定時に

仮受消費税 10 / 仮払消費税 15
未収入金  8  / 雑収入 3

となるのでしょうか?
5円分(免税時税込計上分の消費税額)をどこかで、
商品貸方仕訳をしないと、在庫額にいつまでも
5円が含まれているように感じて、気になるのですが。

宜しくご教授の程、お願いします。 

消費税精算時(付表2)
○1 課税売上額(税抜) 200
○8 課税仕入れに係る支払対価の額(税込) 315
○9 課税仕入れに係る消費税額 12
○11 納税費無の免除を受けない・・・調整額  5
○20 控除対象仕入税額 17

第27−(1)号様式 消費税の(確定)申告書
○1 課税標準額 200
○2 消費税額  10
○4 控除対象仕入税額 17
○8 控除不足還付税額 7

○17 地方消費税課税標準 7
○19 還付額 1

○26 消費税及び地方消費税合計税額 △8

別スレでどうしても、気になるので
ご教授の程お願いします。
(hahaさんも読んでくれるかな・・・)

>仮払消費税5円は仕訳上で計上する費用はない
>という事になります。
>ただ、その分は、消費税の精算仕訳の際は
>結果的には雑収入に含まれて計上される

そうすると、商品的には

前期末(免税時・税込) 105
今期仕入額(税抜)   300
今期売上分(税抜)   200

期末商品棚卸高   205となり
下記の申告書による還付額8円確定時に

仮受消費税 10 / 仮払消費税 15
未収入金  8  / 雑収入 3

となるのでしょうか?
5円分(免税時税込計上分の消費税額)をどこかで、
商品貸方仕訳をしないと、在庫額にいつまでも
5円が含まれているように感じて、気になるのですが。

宜しくご教授の程、お願いします。 

消費税精算時(付表2)
○1 課税売上額(税抜) 200
○8 課税仕入れに係る支払対価の額(税込) 315
○9 課税仕入れに係る消費税額 12
○11 納税費無の免除を受けない・・・調整額  5
○20 控除対象仕入税額 17

第27−(1)号様式 消費税の(確定)申告書
○1 課税標準額 200
○2 消費税額  10
○4 控除対象仕入税額 17
○8 控除不足還付税額 7

○17 地方消費税課税標準 7
○19 還付額 1

○26 消費税及び地方消費税合計税額 △8

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 免税から課税になった時の消費税申告書と仕訳について

2006/11/15 14:53

編集

yujunさんすみません、売上原価計上法は簿記の勉強以来い使ってないもので忘れていました。

≪期中売上時仕訳≫
現預金(売掛) xxx / 売上高
          / 仮受消費税 xxxx 
売上原価   105 / 商品 105 

が正しかったです。これで合いますよね。

期末の仕訳は
(仮受消費税)10(仮払消費税)15
( 未収入金 )10( 雑 収 入 ) 5

付表2
○11 納税費無の免除を受けない・・・調整額 5→ 4
○20 控除対象仕入税額 17→16

申告書
○2 消費税額   10→ 8
○4 控除対象仕入税額 17→16
○8 控除不足還付税額 7→ 8

○17 地方消費税課税標準 7→ 8
○19 還付額 1→ 2

○26 消費税及び地方消費税合計税額 △8→△10

基本的に国の消費税4%を計算してから、税額の25%を地方消費税として計算しますので上記のように計算します。

消費税全体の計算としては、
10-(15+5)=△10で、10の還付です。

yujunさんすみません、売上原価計上法は簿記の勉強以来い使ってないもので忘れていました。

≪期中売上時仕訳
現預金(売掛) xxx / 売上高
          / 仮受消費税 xxxx 
売上原価   105 / 商品 105 

が正しかったです。これで合いますよね。

期末の仕訳
(仮受消費税)10(仮払消費税)15
未収入金 )10( 雑 収 入 ) 5

付表2
○11 納税費無の免除を受けない・・・調整額 5→ 4
○20 控除対象仕入税額 17→16

申告書
○2 消費税額   10→ 8
○4 控除対象仕入税額 17→16
○8 控除不足還付税額 7→ 8

○17 地方消費税課税標準 7→ 8
○19 還付額 1→ 2

○26 消費税及び地方消費税合計税額 △8→△10

基本的に国の消費税4%を計算してから、税額の25%を地方消費税として計算しますので上記のように計算します。

消費税全体の計算としては、
10-(15+5)=△10で、10の還付です。

返信

2. Re: 免税から課税になった時の消費税申告書と仕訳について

2006/11/15 15:31

ゆ-

さらにすごい常連さん

編集

que_sera様

ありがとうございます!!

もう一点お伺いしても良いですか?
>売上原価計上法は簿記の勉強以来使ってない
売上原価法はあまり使われないのでしょうか?
私は、簿記も何も基礎を勉強したことがないので、海外本社へのレポートに必要な数字を出すことの逆算で、今の仕訳に至ってるもので、根拠がないのです・・・(涙)

なので、これも「原価法」と知って行ってる訳ではなく、レポート作成に必要なものを追求していったら、このような科目を作ることになった次第でして・・・

で、お伺いしたいのが、
どのような取引(商売)だと、売上原価法が適している、とかってあるのでしょうか?

また、よく「仕入」を使用されるようなのですが、この場合の売上時の仕入の処理はどのようになるのでしょうか?

分かりづらい質問で恐縮ですが、お願いできませんでしょうか?


que_sera様

ありがとうございます!!

もう一点お伺いしても良いですか?
>売上原価計上法は簿記の勉強以来使ってない
売上原価法はあまり使われないのでしょうか?
私は、簿記も何も基礎を勉強したことがないので、海外本社へのレポートに必要な数字を出すことの逆算で、今の仕訳に至ってるもので、根拠がないのです・・・(涙)

なので、これも「原価法」と知って行ってる訳ではなく、レポート作成に必要なものを追求していったら、このような科目を作ることになった次第でして・・・

で、お伺いしたいのが、
どのような取引(商売)だと、売上原価法が適している、とかってあるのでしょうか?

また、よく「仕入」を使用されるようなのですが、この場合の売上時の仕入の処理はどのようになるのでしょうか?

分かりづらい質問で恐縮ですが、お願いできませんでしょうか?


返信

3. Re: 免税から課税になった時の消費税申告書と仕訳について

2006/11/15 18:04

編集

>これも「原価法」と知って行ってる訳ではなく、レポート作成に必要なものを追求していったら、このような科目を作ることになった次第でして

独力でここまでできればすごいことだと思いますが、やはり簿記の基本は勉強なされた方が良いと思います。

売上原価計上法とはこのようなものです。
http://bokiron.blog36.fc2.com/blog-entry-68.html

おっと、期末棚卸の仕訳が必要なかったのですね、すみませんでした。

このように仕組みを理解していないと、私のように利益計算を間違えてしまいます。

ここに書かれていますが、"商品販売の都度、売上原価を把握することは、通常は困難です。"
商品が多ければ、個別の商品原価の把握は事実上できないですよね。

適している商品として考えられるのは、1個の金額が高額で、原価の把握がしやすいものでしょう。
例えば、商品販売業における、ダイヤとか、飛行機とか、人工衛星とか...

もっとも一般的な処理が三分法で

期首商品棚卸高+当期商品仕入高−期末商品棚卸高=売上原価
売上高−売上原価=売上総利益、で計算されます。

仕訳
(期首商品)105/(商品)105・・・期首仕訳
(仕入高)300/(買掛金)300・・・期中の仕入、取引がいっぱい
(商品)200/(期末商品)200・・・期末仕訳

(売掛金)200/(売上高)200・・・期中の売上、取引がいっぱい

計算は、
105+300−200=205(売上原価)
200(売上)−205(売上原価)=△5(売上総利益)

ですから、仕入金額と期末棚卸金額を把握すれば良いわけで、個別商品の原価や利益は計算しなくてよいのですが、個別商品の原価が計算されないのが特徴です。

>これも「原価法」と知って行ってる訳ではなく、レポート作成に必要なものを追求していったら、このような科目を作ることになった次第でして

独力でここまでできればすごいことだと思いますが、やはり簿記の基本は勉強なされた方が良いと思います。

売上原価計上法とはこのようなものです。
http://bokiron.blog36.fc2.com/blog-entry-68.html

おっと、期末棚卸の仕訳が必要なかったのですね、すみませんでした。

このように仕組みを理解していないと、私のように利益計算を間違えてしまいます。

ここに書かれていますが、"商品販売の都度、売上原価を把握することは、通常は困難です。"
商品が多ければ、個別の商品原価の把握は事実上できないですよね。

適している商品として考えられるのは、1個の金額が高額で、原価の把握がしやすいものでしょう。
例えば、商品販売業における、ダイヤとか、飛行機とか、人工衛星とか...

もっとも一般的な処理が三分法

期首商品棚卸高+当期商品仕入高−期末商品棚卸高=売上原価
売上高−売上原価=売上総利益、で計算されます。

仕訳
(期首商品)105/(商品)105・・・期首仕訳
(仕入高)300/(買掛金)300・・・期中の仕入、取引がいっぱい
(商品)200/(期末商品)200・・・期末仕訳

売掛金)200/(売上高)200・・・期中の売上、取引がいっぱい

計算は、
105+300−200=205(売上原価)
200(売上)−205(売上原価)=△5(売上総利益)

ですから、仕入金額と期末棚卸金額を把握すれば良いわけで、個別商品の原価や利益は計算しなくてよいのですが、個別商品の原価が計算されないのが特徴です。

返信

4. Re: 免税から課税になった時の消費税申告書と仕訳について

2006/11/16 09:14

ゆ-

さらにすごい常連さん

編集

que_sera様
非常に丁寧で分かりやすい説明をくださり、
ありがとうございます!!

とてもスッキリです!

弊社は商品が100点ほどで、海外本社へ個別商品の原価提示及び、その原価に含まれる費用等々の内訳などを月例レポートに記さなくてはならないので、弊社の場合は、売上原価法で正解だったのですね☆

ちなみに、弥生販売上で管理している月末在庫評価額に合わせて、原価を決定しています。

前月商品残高+仕入商品-当月末在庫評価額=売上原価
売上原価=販売商品仕入単価合計額+輸入諸掛+その他原価計上経費

これも、いつの日か勉強を重ねていくと、何かの原則であることに気づくのかしら。

que_sera様の仰るとおり、基礎固めとして、まずは簿記3級から、しっかり勉強しようと思います!
(参考書はあるのですが、なかなか開いてじっくり読む環境がないのですが・・・頑張ります!)

ありがとうございました!!

que_sera様
非常に丁寧で分かりやすい説明をくださり、
ありがとうございます!!

とてもスッキリです!

弊社は商品が100点ほどで、海外本社へ個別商品の原価提示及び、その原価に含まれる費用等々の内訳などを月例レポートに記さなくてはならないので、弊社の場合は、売上原価法で正解だったのですね☆

ちなみに、弥生販売上で管理している月末在庫評価額に合わせて、原価を決定しています。

前月商品残高+仕入商品-当月末在庫評価額=売上原価
売上原価=販売商品仕入単価合計額+輸入諸掛+その他原価計上経費

これも、いつの日か勉強を重ねていくと、何かの原則であることに気づくのかしら。

que_sera様の仰るとおり、基礎固めとして、まずは簿記3級から、しっかり勉強しようと思います!
(参考書はあるのですが、なかなか開いてじっくり読む環境がないのですが・・・頑張ります!)

ありがとうございました!!

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています