•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

小切手を受け取ったときの処理

質問 回答受付中

小切手を受け取ったときの処理

2006/11/07 16:33

gumi

積極参加

回答数:10

編集

初めて投稿します。
建設業者に勤める経理初心者です。
どうぞよろしくお願い致します。

小切手を受け取った際の処理についてなのですが、
問題集では「○○工務店に対する完成工事未収入金の回収として、同店振り出しの小切手100,000円を受け取り、ただちに当座預金に預け入れた」とあれば、

(借)当座預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円

となると書いてあるのですが、

銀行渡りの印があり、
受け取った日(領収書に書いた日付け)に銀行に持って行っても、
当座預金への入金は次の日になる場合は、

(借)現金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
(借)当座預金100,000円 (貸)現金100,000円

としなければいけないのでしょうか?
実際の仕訳で、問題集で覚えた、「ただちに」の部分で詰まってしまっています。

初めて投稿します。
建設業者に勤める経理初心者です。
どうぞよろしくお願い致します。

小切手を受け取った際の処理についてなのですが、
問題集では「○○工務店に対する完成工事未収入金の回収として、同店振り出しの小切手100,000円を受け取り、ただちに当座預金に預け入れた」とあれば、

(借)当座預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円

となると書いてあるのですが、

銀行渡りの印があり、
受け取った日(領収書に書いた日付け)に銀行に持って行っても、
当座預金への入金は次の日になる場合は、

(借)現金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
(借)当座預金100,000円 (貸)現金100,000円

としなければいけないのでしょうか?
実際の仕訳で、問題集で覚えた、「ただちに」の部分で詰まってしまっています。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜10件 (全10件)
| 1 |

1. Re: 小切手を受け取ったときの処理

2006/11/07 17:01

satosato

ちょい参加

編集

小切手は、交換所に回されて翌々日の営業日の午後?ちょっと自信が無いのですが・・・・に初めて使えるようになると思います。ただ、入金帳や預金通帳には預けた時点で残高が増えてます。但し書きで上記のような記述があると思いますが。。

受取った当日に入金したと言う例が無いのですが。。。
銀行へ入れてしまったら、当座預金や普通預金勘定で良いのじゃないでしょうか?

簿記のお勉強は微妙ですよね。
簿記で言う「ただちに」の場合は「当座預金」でしたよね。。。

小切手は、交換所に回されて翌々日の営業日の午後?ちょっと自信が無いのですが・・・・に初めて使えるようになると思います。ただ、入金帳や預金通帳には預けた時点で残高が増えてます。但し書きで上記のような記述があると思いますが。。

受取った当日に入金したと言う例が無いのですが。。。
銀行へ入れてしまったら、当座預金普通預金勘定で良いのじゃないでしょうか?

簿記のお勉強は微妙ですよね。
簿記で言う「ただちに」の場合は「当座預金」でしたよね。。。

返信

2. Re: 小切手を受け取ったときの処理

2006/11/07 17:15

DISKY

すごい常連さん

編集

結論から言うと、銀行へ入金した日付で仕訳を切ることになります。
適当な経過勘定を用いてもいいのですが、そうすると処理が煩雑になってしまうために「入金した」という事実をもって判断することになります。
口座の金額が増えたけど実際は引き出せないお金っていうことになりますが、それは銀行の内部での話になりますので、それは自社の仕訳では考慮する必要はないと思います。

>銀行渡りの印があり、
>受け取った日(領収書に書いた日付け)に銀行に持って
>行っても、当座預金への入金は次の日になる場合



(借)当座預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円

の仕訳でいいことになります。
一種の未達事項と考えればわかりやすいでしょうか?


簿記の勉強では実務のこういった事象まで考慮して問題を作成していませんので、基礎力は付きますけどイレギュラーへの対応力、応用力はなかなか身につきませんよね。。。

結論から言うと、銀行へ入金した日付で仕訳を切ることになります。
適当な経過勘定を用いてもいいのですが、そうすると処理が煩雑になってしまうために「入金した」という事実をもって判断することになります。
口座の金額が増えたけど実際は引き出せないお金っていうことになりますが、それは銀行の内部での話になりますので、それは自社の仕訳では考慮する必要はないと思います。

>銀行渡りの印があり、
>受け取った日(領収書に書いた日付け)に銀行に持って
>行っても、当座預金への入金は次の日になる場合



(借)当座預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円

仕訳でいいことになります。
一種の未達事項と考えればわかりやすいでしょうか?


簿記の勉強では実務のこういった事象まで考慮して問題を作成していませんので、基礎力は付きますけどイレギュラーへの対応力、応用力はなかなか身につきませんよね。。。

返信

3. Re: 小切手を受け取ったときの処理

2006/11/09 14:54

gumi

積極参加

編集

お返事ありがとうございます。

もう少し詳しく教えて頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

例えば、18日の午後に小切手を取引先から頂いて、
すぐに銀行に預けました。
通帳へ入金されている日付は19日となっています。
領収書は18日の日付なのですが、
相手勘定科目を当座預金や普通預金で構わないのなら、
日付は19日でよいのでしょうか?

お返事ありがとうございます。

もう少し詳しく教えて頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

例えば、18日の午後に小切手取引先から頂いて、
すぐに銀行に預けました。
通帳へ入金されている日付は19日となっています。
領収書は18日の日付なのですが、
相手勘定科目を当座預金普通預金で構わないのなら、
日付は19日でよいのでしょうか?

返信

4. Re: 小切手を受け取ったときの処理

2006/11/09 15:01

gumi

積極参加

編集

お返事ありがとうございます。

それは、
18日に小切手を頂いて領収書の日付も18日にした
頂いたその日に銀行に預けて、
通帳に記載された入金の日付は19日だった
という場合でも、
18日
(借)当座預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
としてOKということでしょうか?

当座預金でなくても、普通預金に預けても、
18日
(借)普通預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
の仕訳で大丈夫でしょうか?

これまでは、
19日
(借)普通預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
というふうに仕訳ていたのですが、なんとなくこれでいいのか不安になりまして…。

お返事ありがとうございます。

それは、
18日に小切手を頂いて領収書の日付も18日にした
頂いたその日に銀行に預けて、
通帳に記載された入金の日付は19日だった
という場合でも、
18日
(借)当座預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
としてOKということでしょうか?

当座預金でなくても、普通預金に預けても、
18日
(借)普通預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
仕訳で大丈夫でしょうか?

これまでは、
19日
(借)普通預金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
というふうに仕訳ていたのですが、なんとなくこれでいいのか不安になりまして…。

返信

5. 追加です

2006/11/09 15:02

gumi

積極参加

編集

18日
(借)現金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
19日
(借)普通預金100,000円 (貸)現金100,000円

としては、おかしいのでしょうか…。

18日
(借)現金100,000円 (貸)完成工事未収入金100,000円
19日
(借)普通預金100,000円 (貸)現金100,000円

としては、おかしいのでしょうか…。

返信

6. Re: 追加です

2006/11/09 16:36

DISKY

すごい常連さん

編集

18日に受け取った小切手を19日に預け入れたというのであれば

18日 現金  100,000円/完成工事未収入金100,000円
19日 普通預金100,000円/現金      100,000円

という仕訳になると思いますが、その日のうちに預け入れた場合は

18日 現金  100,000円/完成工事未収入金100,000円
18日 普通預金100,000円/現金      100,000円

になると思います。この場合借方貸方の現金勘定は省略して、

18日 普通預金100,000円/完成工事未収入金100,000円

でもいいと思います。
実際入金になる日(口座から引き出せるようになる日)が19日、20日であっても、銀行へ持ち込んだ日付で計上するのが良いかと思いますよ。

ですので18日に預け入れた場合、

18日 現金  100,000円/完成工事未収入金100,000円
19日 普通預金100,000円/現金      100,000円

ではダメだ!っていう程ではありませんが、ちょっと違和感があるかな〜という感じでしょうか。(実際手元に現金として残ってないわけですから)
夜間金庫へ預け入れた場合も、自社の仕訳は預け入れた日付で計上しますが、入金されるのは翌日になりますよね?? そんなイメージでいいと思います。
いずれにしても決算をまたいだりしない場合は、資金繰り上はともかく会計という面で見るならそこまで厳密にこだわらなければいけない点ではないと思うのですが・・・。

18日に受け取った小切手を19日に預け入れたというのであれば

18日 現金  100,000円/完成工事未収入金100,000円
19日 普通預金100,000円/現金      100,000円

という仕訳になると思いますが、その日のうちに預け入れた場合は

18日 現金  100,000円/完成工事未収入金100,000円
18日 普通預金100,000円/現金      100,000円

になると思います。この場合借方貸方の現金勘定は省略して、

18日 普通預金100,000円/完成工事未収入金100,000円

でもいいと思います。
実際入金になる日(口座から引き出せるようになる日)が19日、20日であっても、銀行へ持ち込んだ日付で計上するのが良いかと思いますよ。

ですので18日に預け入れた場合、

18日 現金  100,000円/完成工事未収入金100,000円
19日 普通預金100,000円/現金      100,000円

ではダメだ!っていう程ではありませんが、ちょっと違和感があるかな〜という感じでしょうか。(実際手元に現金として残ってないわけですから)
夜間金庫へ預け入れた場合も、自社の仕訳は預け入れた日付で計上しますが、入金されるのは翌日になりますよね?? そんなイメージでいいと思います。
いずれにしても決算をまたいだりしない場合は、資金繰り上はともかく会計という面で見るならそこまで厳密にこだわらなければいけない点ではないと思うのですが・・・。

返信

7. ありがとうございます!

2006/11/10 16:16

gumi

積極参加

編集

お返事どうもありがとうございます。
ご説明下さったものを読んで、ようやくスッキリしました。

厳密にこだわらなければいけない点でない、というのは、
なんとなく分かっていたものの、
経理を理解していないゆえからか、
色々なことに変にこだわってしまって、
なかなか進めません…。
今回、スッキリとして、ひとつ先に進めます。
どうもありがとうございました。
また質問させて頂くと思いますが、その際はどうぞよろしくお願い致します。

お返事どうもありがとうございます。
ご説明下さったものを読んで、ようやくスッキリしました。

厳密にこだわらなければいけない点でない、というのは、
なんとなく分かっていたものの、
経理を理解していないゆえからか、
色々なことに変にこだわってしまって、
なかなか進めません…。
今回、スッキリとして、ひとつ先に進めます。
どうもありがとうございました。
また質問させて頂くと思いますが、その際はどうぞよろしくお願い致します。

返信

8. Re: 追加です

2006/11/14 10:48

gumi

積極参加

編集

すいません。
細かいですが、もう一度、質問させてください!

18日 現金  100,000円/完成工事未収入金100,000円
18日 普通預金100,000円/現金      100,000円

このように記載した場合、
通帳に記入されているものと異なってしまう(通帳に記載されている普通預金への入金は19日で、18日19日に他の入出金があったため)のですが、
通帳通りでなくてもよいということでしょうか?

すいません。
細かいですが、もう一度、質問させてください!

18日 現金  100,000円/完成工事未収入金100,000円
18日 普通預金100,000円/現金      100,000円

このように記載した場合、
通帳に記入されているものと異なってしまう(通帳に記載されている普通預金への入金は19日で、18日19日に他の入出金があったため)のですが、
通帳通りでなくてもよいということでしょうか?

返信

9. Re: 追加です

2006/11/14 11:03

編集

こんにちは。

このような場合の小切手を未取立小切手といいまして、時間の経過と共に帳簿残高と通帳残高は一致することになります。
会社側ですでに記帳している場合は、何もする必要はありませんから、一時的には通帳通りでなくとも大丈夫です。

なお、月末や期末には銀行残高調整表を作成し、未取立小切手を含め、不一致の原因を明らかにしておくことは、よくあるケースです。

こんにちは。

このような場合の小切手を未取立小切手といいまして、時間の経過と共に帳簿残高と通帳残高は一致することになります。
会社側ですでに記帳している場合は、何もする必要はありませんから、一時的には通帳通りでなくとも大丈夫です。

なお、月末や期末には銀行残高調整表を作成し、未取立小切手を含め、不一致の原因を明らかにしておくことは、よくあるケースです。

返信

10. ありがとうございます!

2006/11/14 14:38

gumi

積極参加

編集

どうもありがとうございます。
ここで教えて頂いたように処理した後、また疑問が出てきていたのですが、回答下さったのを読んで安心しました。
銀行残高調整表というものも初めて知りました。
教えて下さってありがとうございます。

どうもありがとうございます。
ここで教えて頂いたように処理した後、また疑問が出てきていたのですが、回答下さったのを読んで安心しました。
銀行残高調整表というものも初めて知りました。
教えて下さってありがとうございます。

返信

1件〜10件 (全10件)
| 1 |
役に立った

1人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています