•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

給与より控除が多い場合?

質問 回答受付中

給与より控除が多い場合?

2006/10/05 13:42

おはつ

回答数:5

編集

補足する

こんにちわ。どなたかアドバイスお願い致します。
9月30日付けで退職した社員がいます。保険は任意継続で、10月10日まで加入するそうです。当社は20日締めなので、彼女に支払う給料は
21日から30日までの日割り計算です。すると、給料よりも保険料の方が多くなってしまいます。不足分を彼女から徴収することになりますよね?それから、社内の会計処理はどのようにすればいいのでしょうか?ちなみに弥生会計の伝票で処理しています。
へたな文章ですみません。。。

こんにちわ。どなたかアドバイスお願い致します。
9月30日付けで退職した社員がいます。保険は任意継続で、10月10日まで加入するそうです。当社は20日締めなので、彼女に支払う給料は
21日から30日までの日割り計算です。すると、給料よりも保険料の方が多くなってしまいます。不足分を彼女から徴収することになりますよね?それから、社内の会計処理はどのようにすればいいのでしょうか?ちなみに弥生会計の伝票で処理しています。
へたな文章ですみません。。。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜5件 (全5件)
| 1 |

1. Re: 給与より控除が多い場合?

2006/10/05 13:51

takapon

すごい常連さん

編集

弥生会計はよくわかりませんが、仕訳は何を使っていても一緒だと思うので

給与支給時
給与10
立替金10  /預かり保険料20

保険料納付時
預かり保険料20/現金20

回収時
現金10/立替金10
とか

給与支給時
給与10   /預かり保険料10

保険料納付時
保険料10    /現金20
預かり保険料10

回収時
現金10/保険料10

でいいと思います。

勘定とかやり方は会社ごとに異なっていたりすると思うので
会社のやり方があれば過去の処理を参考にしてみてください。

弥生会計はよくわかりませんが、仕訳は何を使っていても一緒だと思うので

給与支給時
給与10
立替金10  /預かり保険料20

保険料納付時
預かり保険料20/現金20

回収時
現金10/立替金10
とか

給与支給時
給与10   /預かり保険料10

保険料納付時
保険料10    /現金20
預かり保険料10

回収時
現金10/保険料10

でいいと思います。

勘定とかやり方は会社ごとに異なっていたりすると思うので
会社のやり方があれば過去の処理を参考にしてみてください。

返信

2. Re: 給与より控除が多い場合?

2006/10/05 14:01

totochan

常連さん

編集

こんにちわ。私も弥生会計・弥生給与を使用しています。結構便利ですよね。〆日はうちの社員と同じですね。うちの場合は退職の際必ず〆日で退職するよう申し渡しています。(処理がややこしいので)しかし、中には守らない人もいますが、給料については中途で辞めても支払は25日とし、すぐには支払わないんです。でないと制服や会社の備品を返さない人もいるので交換にしています。ただmiyokoさんのところの場合は保険料が不足ということですので、辞められる日迄には理由を説明し、本人から徴収されたほうがいいと思います。現金で徴収されたほうがいいですよ。後から振り込みます・・・なんてのはあてにならないので。もしうちのように、積立金とかを徴収しているのなら、それと引き換えにするとか、未回収にならないよう保険を掛けておいたほうがいいですよ。で、普段の保険料は翌月徴収(例 9月分は10月給与で徴収)ですか?もしそうであれば、この方は9月末で退職なので退職日は翌日の10月1日付けとなる為、8月分と9月分の保険料を徴収しなければなりません。現金で回収したら 現金/預り金 で処理をしておきます。で、9月末に社会保険に支払う際、他の方たちと同じように 預り金/当座(または現金)で処理をします。当然、9月分は預りに残ったままになりますが、それは10月末に社会保険に支払う分なので、10月末で預かりを消せばOKですよ。 ただ、もし回収できなくて、後日振込しますとなった場合は、9月末で社会保険に支払う際、立替金/当座(または現金)で処理しておき、相手から入金になった時に立替金を消せばOKです。

こんにちわ。私も弥生会計・弥生給与を使用しています。結構便利ですよね。〆日はうちの社員と同じですね。うちの場合は退職の際必ず〆日で退職するよう申し渡しています。(処理がややこしいので)しかし、中には守らない人もいますが、給料については中途で辞めても支払は25日とし、すぐには支払わないんです。でないと制服や会社の備品を返さない人もいるので交換にしています。ただmiyokoさんのところの場合は保険料が不足ということですので、辞められる日迄には理由を説明し、本人から徴収されたほうがいいと思います。現金で徴収されたほうがいいですよ。後から振り込みます・・・なんてのはあてにならないので。もしうちのように、積立金とかを徴収しているのなら、それと引き換えにするとか、未回収にならないよう保険を掛けておいたほうがいいですよ。で、普段の保険料は翌月徴収(例 9月分は10月給与で徴収)ですか?もしそうであれば、この方は9月末で退職なので退職日は翌日の10月1日付けとなる為、8月分と9月分の保険料を徴収しなければなりません。現金で回収したら 現金/預り金 で処理をしておきます。で、9月末に社会保険に支払う際、他の方たちと同じように 預り金/当座(または現金)で処理をします。当然、9月分は預りに残ったままになりますが、それは10月末に社会保険に支払う分なので、10月末で預かりを消せばOKですよ。 ただ、もし回収できなくて、後日振込しますとなった場合は、9月末で社会保険に支払う際、立替金/当座(または現金)で処理しておき、相手から入金になった時に立替金を消せばOKです。

返信

3. Re: 給与より控除が多い場合?

2006/10/05 14:15

おはつ

編集

takaponさん、早速のお返事ありがとうございます!返事が来るのは明日かな?と思っていたのですっごくうれしいです。なんて心強い掲示板なんでしょう!!
給与と立替金で保険料とプラマイゼロにしておけばいいんですよね。
わかりやすい回答、ありがとうございます。会計事務所に聞くよりわかりやすいし早いし、感激しています。

takaponさん、早速のお返事ありがとうございます!返事が来るのは明日かな?と思っていたのですっごくうれしいです。なんて心強い掲示板なんでしょう!!
給与と立替金で保険料とプラマイゼロにしておけばいいんですよね。
わかりやすい回答、ありがとうございます。会計事務所に聞くよりわかりやすいし早いし、感激しています。

返信

4. Re: 給与より控除が多い場合?

2006/10/05 14:27

おはつ

編集

totochanさん、ありがとうございます。弥生会計といってもバージョンが古く、02のスタンダードです。給与計算はできません。毎月手作業で計算しています。年末調整も自分です。おまけに経理初心者です。
不安だらけですがこの掲示板に出会えてよかったです。
経理って本当にいろんなケースに直面するので日々疑問だらけです。
ちなみにうちの会社は保険料は当月徴収ですので今回退職する彼女の場合には1ヶ月分の徴収でよいかと思っています。
弥生会計の伝票を使って・・

給料  ******   銀行名  ******
現金  ******   預り金  ****** 
預り金 ******   社会保険料******

こんな感じになりますかぁ。。。

totochanさん、ありがとうございます。弥生会計といってもバージョンが古く、02のスタンダードです。給与計算はできません。毎月手作業で計算しています。年末調整も自分です。おまけに経理初心者です。
不安だらけですがこの掲示板に出会えてよかったです。
経理って本当にいろんなケースに直面するので日々疑問だらけです。
ちなみにうちの会社は保険料は当月徴収ですので今回退職する彼女の場合には1ヶ月分の徴収でよいかと思っています。
弥生会計の伝票を使って・・

給料  ******   銀行名  ******
現金  ******   預り金  ****** 
預り金 ******   社会保険料******

こんな感じになりますかぁ。。。

返信

5. Re: 給与より控除が多い場合?

2006/10/05 14:51

totochan

常連さん

編集

3行目に書かれているのは、社会保険に支払った時ですか?
もしそうであるならば、貸方(右側)に保険料をもってくるということは変ですね。この場合は現金もしくは当座とし、支払った方法をもってきます。しかし、さっきもお話したようにもし、本人からの徴収よりも社会保険に支払うのが先の場合は takaponさんもおっしゃっていたように、立替金を使いますの、2行目の仕訳はいりません。で、3行目が 立替金/現金(または当座)となりますね。他にも直接立替金を立てずに、会社が一旦負担するので、直接法定福利費で落とす会社もあるんですよ。でも、後々まで管理をきちんとする為にも立替金がより正しいと思いますよ。

3行目に書かれているのは、社会保険に支払った時ですか?
もしそうであるならば、貸方(右側)に保険料をもってくるということは変ですね。この場合は現金もしくは当座とし、支払った方法をもってきます。しかし、さっきもお話したようにもし、本人からの徴収よりも社会保険に支払うのが先の場合は takaponさんもおっしゃっていたように、立替金を使いますの、2行目の仕訳はいりません。で、3行目が 立替金/現金(または当座)となりますね。他にも直接立替金を立てずに、会社が一旦負担するので、直接法定福利費で落とす会社もあるんですよ。でも、後々まで管理をきちんとする為にも立替金がより正しいと思いますよ。

返信

1件〜5件 (全5件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています