•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

請求書の日付

質問 回答受付中

請求書の日付

2006/08/25 10:23

satomin

おはつ

回答数:3

編集

こんにちは!教えてください!とっても初歩的だと思いますが・・。

 7月21日付けの請求書が届きました。
内容は、「6月分顧問料です。」その時の仕訳を教えてください。

‘付をいつで記入するのかがわかりません。
⊃饗愿蘇爾竜入法

ホント、初歩的で申し訳ありませんが、一つ一つ経理の仕事を
覚えて基本をしっかり身につけたいです!よろしくお願いします。

こんにちは!教えてください!とっても初歩的だと思いますが・・。

 7月21日付けの請求書が届きました。
内容は、「6月分顧問料です。」その時の仕訳を教えてください。

‘付をいつで記入するのかがわかりません。
振替伝票の記入法

ホント、初歩的で申し訳ありませんが、一つ一つ経理の仕事を
覚えて基本をしっかり身につけたいです!よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜3件 (全3件)
| 1 |

1. Re: 請求書の日付

2006/08/25 10:52

riria

積極参加

編集

こんにちは。
税理士報酬か何かでしょうか・・・。

>日付をいつで記入するのかがわかりません。

これは、何に記入ですか・・・?
仕入帳?・・・仕訳帳ですかね。
仕訳帳ならば、実際にその顧問料を支払った日付でいいんではないでしょうか?
仕入帳とかに記入しているのであれば、会社の締め日にあわせて記入すればいいんではないでしょうか。

>振替伝票の記入法

支払いをした日に例えば当社では・・・
(当座預金から振込の場合)

管理諸費 ××× / 当 座 ×××  ○月顧問料
             預り金 ×××  源泉税

管理諸費という科目は自社独自なので、顧問料にあたる御社の科目を使用すればいいと思います。


支払報酬料とか、顧問料とかの科目を使っている企業さんもあるかと思います。

こんにちは。
税理士報酬か何かでしょうか・・・。

>日付をいつで記入するのかがわかりません。

これは、何に記入ですか・・・?
仕入帳?・・・仕訳帳ですかね。
仕訳帳ならば、実際にその顧問料を支払った日付でいいんではないでしょうか?
仕入帳とかに記入しているのであれば、会社の締め日にあわせて記入すればいいんではないでしょうか。

振替伝票の記入法

支払いをした日に例えば当社では・・・
当座預金から振込の場合)

管理諸費 ××× / 当 座 ×××  ○月顧問料
             預り金 ×××  源泉税

管理諸費という科目は自社独自なので、顧問料にあたる御社の科目を使用すればいいと思います。


支払報酬料とか、顧問料とかの科目を使っている企業さんもあるかと思います。

返信

2. Re: 請求書の日付

2006/08/25 11:04

maboo

すごい常連さん

編集

こんにちは。

>‘付をいつで記入するのかがわかりません。
 →基本的に請求書日付でよいと思います。

>⊃饗愿蘇爾竜入法
 →会社さんによってまちまちでしょうが…
 月末締め、翌月20日払いの場合、

 7/21:委託費 ×××  未払金 ×××
   摘要:○○ 6月顧問料
   ※適当な勘定がなければ、最悪雑費でもいいかな…。

 8/20:未払金 ×××  当座預金 ×××

 こんな感じっっ!でしょうか。

こんにちは。

>‘付をいつで記入するのかがわかりません。
 →基本的に請求書日付でよいと思います。

振替伝票の記入法
 →会社さんによってまちまちでしょうが…
 月末締め、翌月20日払いの場合、

 7/21:委託費 ×××  未払金 ×××
   摘要:○○ 6月顧問料
   ※適当な勘定がなければ、最悪雑費でもいいかな…。

 8/20:未払金 ×××  当座預金 ×××

 こんな感じっっ!でしょうか。

返信

3. Re: 請求書の日付

2006/08/27 20:02

おけ

さらにすごい常連さん

編集

satominさんトコが会社であれば、
基本は、顧問を受けた月の月末を
計上日(未払計上日)としなければなりません。

金額が大きくなければ、
支払日計上としても大丈夫です。

なお、請求書日付での計上は
例外中の例外で、
(簿記のテキストにはまったく載っていないものです、)
あまりお勧めできません。

satominさんトコが会社であれば、
基本は、顧問を受けた月の月末を
計上日(未払計上日)としなければなりません。

金額が大きくなければ、
支払日計上としても大丈夫です。

なお、請求書日付での計上は
例外中の例外で、
(簿記のテキストにはまったく載っていないものです、)
あまりお勧めできません。

返信

1件〜3件 (全3件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています