•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

海外で支払った源泉所得税

質問 回答受付中

海外で支払った源泉所得税

2005/11/09 09:56

trainee

おはつ

回答数:1

編集

仕訳を教えて下さい。

台湾に対する売掛金の入金がありましたが、源泉所得税を控除されていました。 送金の明細には次のコメントがありました: 「20%の業務執行源泉税を先に差引する義務があるので、貴社に送金金額はご請求金額の80%」。 この場合、日本の我々は、この20%をどのように処理するのでしょうか?

仕訳を教えて下さい。

台湾に対する売掛金の入金がありましたが、源泉所得税を控除されていました。 送金の明細には次のコメントがありました: 「20%の業務執行源泉税を先に差引する義務があるので、貴社に送金金額はご請求金額の80%」。 この場合、日本の我々は、この20%をどのように処理するのでしょうか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. 外国税額控除

2005/11/09 12:38

しかしか

さらにすごい常連さん

編集

やはり、「外国税額控除」の適用を受けることになると思います。
会計上はいったん租税公課で費用処理しておきます。

 現金預金80 / 売上100
 租税公課20 /

そのあとで、法人税の申告書上で「外国税額控除」をすることになります。

実務上やった経験はないので、あんまり具体的なことはわかりませんが、注意すべき点は、台湾が「外国税額控除」を受けられる国に該当するかどうかだと思います。

もしも、「外国税額控除」が受けられないのであれば、その差し引かれた税金部分は、会計上、租税公課で費用となっただけで終わりとなります。

やはり、「外国税額控除」の適用を受けることになると思います。
会計上はいったん租税公課で費用処理しておきます。

 現金預金80 / 売上100
 租税公課20 /

そのあとで、法人税の申告書上で「外国税額控除」をすることになります。

実務上やった経験はないので、あんまり具体的なことはわかりませんが、注意すべき点は、台湾が「外国税額控除」を受けられる国に該当するかどうかだと思います。

もしも、「外国税額控除」が受けられないのであれば、その差し引かれた税金部分は、会計上、租税公課で費用となっただけで終わりとなります。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています