•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

消費税が免税?

質問 回答受付中

消費税が免税?

2005/05/11 18:43

tomoya

ちょい参加

回答数:7

編集

消費税の取扱いについて教えて下さい
‘本で買った国際電話カード(KDDIスーパーワールドカード)5,000円
日本の郵便局で支払った国際スピード郵便物(EMS)900円の送料
F本の旅行会社で買った飛行機のチケット(日本から韓国行き)
て本の旅行会社で買った飛行機のチケット(韓国から日本行き)
ゴ攅颪嚢圓辰仁沼惻蠖料
以上についてお願い致します。

消費税の取扱いについて教えて下さい
‘本で買った国際電話カード(KDDIスーパーワールドカード)5,000円
日本の郵便局で支払った国際スピード郵便物(EMS)900円の送料
F本の旅行会社で買った飛行機のチケット(日本から韓国行き)
て本の旅行会社で買った飛行機のチケット(韓国から日本行き)
ゴ攅颪嚢圓辰仁沼惻蠖料
以上についてお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜7件 (全7件)
| 1 |

1. Re: 消費税が免税?

2005/05/12 10:00

diamonds

おはつ

編集

参りました。さすがですね。
今後もよろしくお願いします。 :-D

参りました。さすがですね。
今後もよろしくお願いします。 :-D

返信

2. Re: 消費税が免税?

2005/05/12 09:54

かめへん

神の領域

編集

おはようございます。
確かに、diamondsさんがお書きになられている事も考えたのですが、おそらくタックスアンサーに書いてあった、という事で、次のURLの分の文章から、そう勘違いされたのかな〜、と思った次第です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6551.htm

この中の、「そのため、輸出の場合には課税仕入れに含まれる消費税及び地方消費税の額は申告の際に仕入税額控除することができます。」の部分の事とは思います。

しかしながら、確かに、課税区分としての輸出免税と、免税事業者の免税、使う場面が違うものの、言葉が同じことから、混同される場合もあるかと思います。
その意味で、diamondsさんのご指摘も有用なものと思います、ありがとうございます。

ついでながら、ご参考までに、免税事業者からの仕入についてのURLも掲げておきます。
(ひょっとして、こちらと混同されている可能性は無いともいえませんし)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6455.htm

おはようございます。
確かに、diamondsさんがお書きになられている事も考えたのですが、おそらくタックスアンサーに書いてあった、という事で、次のURLの分の文章から、そう勘違いされたのかな〜、と思った次第です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6551.htm

この中の、「そのため、輸出の場合には課税仕入れに含まれる消費税及び地方消費税の額は申告の際に仕入税額控除することができます。」の部分の事とは思います。

しかしながら、確かに、課税区分としての輸出免税と、免税事業者の免税、使う場面が違うものの、言葉が同じことから、混同される場合もあるかと思います。
その意味で、diamondsさんのご指摘も有用なものと思います、ありがとうございます。

ついでながら、ご参考までに、免税事業者からの仕入についてのURLも掲げておきます。
(ひょっとして、こちらと混同されている可能性は無いともいえませんし)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6455.htm

返信

3. Re: 消費税が免税?

2005/05/12 09:38

diamonds

おはつ

編集

おはようございます。
kamehenさんの回答はいつも正確で大変参考になります。
ただ、一つだけ思ったことがあるので、書かせてください。

「免税でも仕入税額控除できる」というのは「免税事業者からの仕入でも仕入税額控除ができる」ということではないかと思います。

これ自体は正しいことですが、今回の質問は「輸出免税」に関することなので、「免税事業者」からの仕入とは意味が違いますので、混同しないように注意が必要ではないかと思います。

おはようございます。
kamehenさんの回答はいつも正確で大変参考になります。
ただ、一つだけ思ったことがあるので、書かせてください。

「免税でも仕入税額控除できる」というのは「免税事業者からの仕入でも仕入税額控除ができる」ということではないかと思います。

これ自体は正しいことですが、今回の質問は「輸出免税」に関することなので、「免税事業者」からの仕入とは意味が違いますので、混同しないように注意が必要ではないかと思います。

返信

4. Re: 消費税が免税?

2005/05/11 22:07

かめへん

神の領域

編集

横からすみません。
基本的には、potetoさんが既に書かれている通りと思いますが、念のため、正確なところを書いてみます。

(1)日本で買った国際電話カード(KDDIスーパーワールドカード)5,000円
(2)日本の郵便局で支払った国際スピード郵便物(EMS)900円の送料
(3)日本の旅行会社で買った飛行機のチケット(日本から韓国行き)
(4)日本の旅行会社で買った飛行機のチケット(韓国から日本行き)
(5)韓国で行った両替手数料

消費税においては、基本的に国内取引が課税対象となりますが、国内と国外にまたがる取引についても課税対象に含まれます。
ですから、完全に国外における取引は課税対象外(不課税)となりますので、まず(5)については不課税となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/shou301.htm

課税対象となるものについて、そのまま課税扱いとなるものと、非課税として定めている非課税扱いとなるもの(例えば、土地の譲渡貸付・利息・保険料・行政手数料・保険診療等)、それに輸出免税扱いとなるものに分かれます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/shou302.htm

この中の輸出免税の中に、国際輸送、国際電話、国際郵便が含まれますので、(1)〜(4)の全てが輸出免税扱いとなります。
輸出免税については、感覚としては税率0%の課税、という感じです。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6551.htm

ですから、輸出免税でも仕入税額控除できるというのは、ちょっと読み違いと思われますが、商品を輸出する会社の場合、輸出に係る売り上げについては輸出免税扱いとして消費税はかかりませんが、その輸出する商品を国内で仕入れた場合等については、その仕入れたものは国内取引ですので仕入税額控除できる、というだけの事で、国際電話等の輸出免税となる支払いをしても、仕入税額控除はできません。

ですから、非課税は全くの非課税、輸出免税は0%課税、という違いがあります。
仕入税額控除をする際は、課税売上割合が95%未満の場合は全額仕入税額控除はできず、特別な計算をする訳ですが、この課税売上割合の計算上、輸出免税は課税売上として分母にも分子にも含まれますが、非課税売上は、分母には含まれますが、分子には課税売上ではありませんので含まれず、それによって課税売上割合が下がる事となりますし、不課税売上は分母にも分子にも含まれませんので、区分が大切です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6401.htm

しかし、これは課税売上に関しての事ですので、課税仕入に関しては、そのような取り扱いはありませんので、課税仕入れか、それ以外(非課税・輸出免税・不課税)かに区分さえしていれば問題はありません。

あっ、書き忘れるところでしたが、(1)の国際電話カードは、物品切手等に該当しますので、購入時点では非課税扱いとなり、それを使用して海外から日本に電話した際には、輸出免税扱いとなります。
いずれにしても、課税仕入でない事は間違いありませんが。

それと、ご参考までに、国内・国外取引に関して、わかりやすい考え方をいいますと、両足が国内にある取引は国内取引として課税対象(もちろん、その内非課税として規定してあるものは非課税)、片足が国内にあって、もう一方の片足が国外にあるものも課税対象ですが、輸出免税の対象となるものは免税扱い(商品の輸出・国際輸送・国際電話・国際郵便等)、両足が国外にあるもの(国外での役務の提供や、国外間の飛行機代等)については国外取引として、課税対象外、という感じです。


PS.半角カタカナとマル囲み数字は、機種依存文字ですので、文字化け等の原因になるそうですので、次回からはご使用されない方が良いかと思います (^ー^)

横からすみません。
基本的には、potetoさんが既に書かれている通りと思いますが、念のため、正確なところを書いてみます。

(1)日本で買った国際電話カード(KDDIスーパーワールドカード)5,000円
(2)日本の郵便局で支払った国際スピード郵便物(EMS)900円の送料
(3)日本の旅行会社で買った飛行機のチケット(日本から韓国行き)
(4)日本の旅行会社で買った飛行機のチケット(韓国から日本行き)
(5)韓国で行った両替手数料

消費税においては、基本的に国内取引が課税対象となりますが、国内と国外にまたがる取引についても課税対象に含まれます。
ですから、完全に国外における取引は課税対象外(不課税)となりますので、まず(5)については不課税となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/shou301.htm

課税対象となるものについて、そのまま課税扱いとなるものと、非課税として定めている非課税扱いとなるもの(例えば、土地の譲渡貸付・利息・保険料・行政手数料・保険診療等)、それに輸出免税扱いとなるものに分かれます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/shou302.htm

この中の輸出免税の中に、国際輸送、国際電話、国際郵便が含まれますので、(1)〜(4)の全てが輸出免税扱いとなります。
輸出免税については、感覚としては税率0%の課税、という感じです。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6551.htm

ですから、輸出免税でも仕入税額控除できるというのは、ちょっと読み違いと思われますが、商品を輸出する会社の場合、輸出に係る売り上げについては輸出免税扱いとして消費税はかかりませんが、その輸出する商品を国内で仕入れた場合等については、その仕入れたものは国内取引ですので仕入税額控除できる、というだけの事で、国際電話等の輸出免税となる支払いをしても、仕入税額控除はできません。

ですから、非課税は全くの非課税、輸出免税は0%課税、という違いがあります。
仕入税額控除をする際は、課税売上割合が95%未満の場合は全額仕入税額控除はできず、特別な計算をする訳ですが、この課税売上割合の計算上、輸出免税は課税売上として分母にも分子にも含まれますが、非課税売上は、分母には含まれますが、分子には課税売上ではありませんので含まれず、それによって課税売上割合が下がる事となりますし、不課税売上は分母にも分子にも含まれませんので、区分が大切です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6401.htm

しかし、これは課税売上に関しての事ですので、課税仕入に関しては、そのような取り扱いはありませんので、課税仕入れか、それ以外(非課税・輸出免税・不課税)かに区分さえしていれば問題はありません。

あっ、書き忘れるところでしたが、(1)の国際電話カードは、物品切手等に該当しますので、購入時点では非課税扱いとなり、それを使用して海外から日本に電話した際には、輸出免税扱いとなります。
いずれにしても、課税仕入でない事は間違いありませんが。

それと、ご参考までに、国内・国外取引に関して、わかりやすい考え方をいいますと、両足が国内にある取引は国内取引として課税対象(もちろん、その内非課税として規定してあるものは非課税)、片足が国内にあって、もう一方の片足が国外にあるものも課税対象ですが、輸出免税の対象となるものは免税扱い(商品の輸出・国際輸送・国際電話・国際郵便等)、両足が国外にあるもの(国外での役務の提供や、国外間の飛行機代等)については国外取引として、課税対象外、という感じです。


PS.半角カタカナとマル囲み数字は、機種依存文字ですので、文字化け等の原因になるそうですので、次回からはご使用されない方が良いかと思います (^ー^)

返信

5. Re: 消費税が免税?

2005/05/11 21:33

ぽてと

すごい常連さん

編集

こんばんはtomoyaさん。

早速ですが、消費税には非課税と不課税があります。
私も完全には解りませんが、免税取引と言う書き方がされているのであれば、それは本来課税対象であったものでも、例外的に課税しないとされたものに当たると思います。
ですので、仕入税額控除に組み入れても良いと言うのは、簡易課税制度を適用できる、若しくは簡易課税制度を選択した事業者の話だと思いますよ。

不課税取引と言うのは、日本国外で行われた取引が殆どです。
消費税は日本国(地方税も含む)が課税しているものなので、国外で行われた行為に関しては、消費税は関係ないと言う取引です。

EMS以外での免税取引でいま思い浮かぶのは、医療機器や福祉などでしょうか、、、
補聴器や車椅子等の医療や福祉用具は消費税が掛からないです。
健康保険の適用を受ける医療行為も実は免税取引です。
最近流行りの視力を回復するレーザー治療は結構保険がきかないので、消費税を取られるです。
人間ドックも課税ですね。

参考になったら幸いです。

こんばんはtomoyaさん。

早速ですが、消費税には非課税と不課税があります。
私も完全には解りませんが、免税取引と言う書き方がされているのであれば、それは本来課税対象であったものでも、例外的に課税しないとされたものに当たると思います。
ですので、仕入税額控除に組み入れても良いと言うのは、簡易課税制度を適用できる、若しくは簡易課税制度を選択した事業者の話だと思いますよ。

不課税取引と言うのは、日本国外で行われた取引が殆どです。
消費税は日本国(地方税も含む)が課税しているものなので、国外で行われた行為に関しては、消費税は関係ないと言う取引です。

EMS以外での免税取引でいま思い浮かぶのは、医療機器や福祉などでしょうか、、、
補聴器や車椅子等の医療や福祉用具は消費税が掛からないです。
健康保険の適用を受ける医療行為も実は免税取引です。
最近流行りの視力を回復するレーザー治療は結構保険がきかないので、消費税を取られるです。
人間ドックも課税ですね。

参考になったら幸いです。

返信

6. Re: 消費税が免税?

2005/05/11 20:46

tomoya

ちょい参加

編集

potetoさんありがとうございます。

私もいろいろ調べたんですが、
例えば△鰐叛納莪と書いてありましたが、
国税局のホームページに免税取引は
仕入税額控除の対象になるとありました。
これはどういう意味なのでしょうか?

それと△蓮¬叛納莪で間違いないのでしょうか?
以外にも、免税取引に含まれるものがあるのでしょうか?

免税取引と不課税取引の違いもイマイチわかりません。

宜しくお願いします。

potetoさんありがとうございます。

私もいろいろ調べたんですが、
例えば△免税取引と書いてありましたが、
国税局のホームページに免税取引
仕入税額控除の対象になるとありました。
これはどういう意味なのでしょうか?

それと△蓮免税取引で間違いないのでしょうか?
以外にも、免税取引に含まれるものがあるのでしょうか?

免税取引と不課税取引の違いもイマイチわかりません。

宜しくお願いします。

返信

7. Re: 消費税が免税?

2005/05/11 20:33

ぽてと

すごい常連さん

編集

難しい項目が並んでますね。

‘本で買った国際電話カード(KDDIスーパーワールドカード)5,000円

これは国内でも使用できるタイプのカードだと思いますから、実際に使用する用途に国内向けの分があれば、その使用を証明できる資料があれば課税処理でも問題は無いと思います。
全額国際通話に使用するなら日本の消費税は掛からないです。

日本の郵便局で支払った国際スピード郵便物(EMS)900円の送料

国際郵便に掛かる送料は不課税です。

F本の旅行会社で買った飛行機のチケット(日本から韓国行き)
て本の旅行会社で買った飛行機のチケット(韓国から日本行き)

ざΔ帽餝阿任亮益なので、不課税です。

ゴ攅颪嚢圓辰仁沼惻蠖料

完全に国外で行われた取引なので、不課税でしょうね。

こんな感じになると思いますよ。

難しい項目が並んでますね。

‘本で買った国際電話カード(KDDIスーパーワールドカード)5,000円

これは国内でも使用できるタイプのカードだと思いますから、実際に使用する用途に国内向けの分があれば、その使用を証明できる資料があれば課税処理でも問題は無いと思います。
全額国際通話に使用するなら日本の消費税は掛からないです。

日本の郵便局で支払った国際スピード郵便物(EMS)900円の送料

国際郵便に掛かる送料は不課税です。

F本の旅行会社で買った飛行機のチケット(日本から韓国行き)
て本の旅行会社で買った飛行機のチケット(韓国から日本行き)

ざΔ帽餝阿任亮益なので、不課税です。

ゴ攅颪嚢圓辰仁沼惻蠖料

完全に国外で行われた取引なので、不課税でしょうね。

こんな感じになると思いますよ。

返信

1件〜7件 (全7件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています