•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

築21年の木造戸建てを購入し賃貸した場合の減価償却

質問 回答受付中

築21年の木造戸建てを購入し賃貸した場合の減価償却

2021/03/23 00:12

ばっちょろげ

ちょい参加

回答数:4

編集

新しく木造の一軒家を購入し、不動産事業として賃貸しようと考えています。

この時の減価償却については

22年 - 21年 + (21年 x 20%) = 5.2年 = 5年

という計算になると認識しています。

一方、事業用と非事業用にて償却期間が異なるという記述をどう考えればいいか悩んでいます。
(木造は事業用だと22年、非事業用だと33年)

購入対象の物件は他人が済んでおり、非事業用と考えられると思うのですが、この場合は法定耐用年数は33年とすべきなのでしょうか。
※過去にどういう済み方(事業用だったのか、非事業用だったのか)は完全には分からない為、どようにはんだんしていいか困っています。

新しく木造の一軒家を購入し、不動産事業として賃貸しようと考えています。

この時の減価償却については

22年 - 21年 + (21年 x 20%) = 5.2年 = 5年

という計算になると認識しています。

一方、事業用と非事業用にて償却期間が異なるという記述をどう考えればいいか悩んでいます。
(木造は事業用だと22年、非事業用だと33年)

購入対象の物件は他人が済んでおり、非事業用と考えられると思うのですが、この場合は法定耐用年数は33年とすべきなのでしょうか。
※過去にどういう済み方(事業用だったのか、非事業用だったのか)は完全には分からない為、どようにはんだんしていいか困っています。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re:築21年の木造戸建てを購入し賃貸した場合の減価償却

2021/03/23 09:40

bachelor0202

積極参加

編集

直近の所有者はともかく、それ以前の所有者がどうしていたのか全ての使用履歴を追うことは不可能だと思います。

なので直近の所有者がどちらで使用していたかで判断して良いと思います。

直近の所有者はともかく、それ以前の所有者がどうしていたのか全ての使用履歴を追うことは不可能だと思います。

なので直近の所有者がどちらで使用していたかで判断して良いと思います。

返信

2. Re:築21年の木造戸建てを購入し賃貸した場合の減価償却

2021/03/23 12:26

rew;01

常連さん

編集

貸家目的で中古物件を購入されたとのことですが、
あくまでも22年に対応する中古の耐用年数で計算すべきです。
事業用と非事業用(事業用×1.5)で耐用年数が異なるのは、
建物を売却した場合の譲渡所得の取得費を計算するときの概念です。
過去の利用状況に関係なく、すべて事業用になります(1.5をしない耐用年数)。

貸家目的で中古物件を購入されたとのことですが、
あくまでも22年に対応する中古の耐用年数で計算すべきです。
事業用と非事業用(事業用×1.5)で耐用年数が異なるのは、
建物を売却した場合の譲渡所得の取得費を計算するときの概念です。
過去の利用状況に関係なく、すべて事業用になります(1.5をしない耐用年数)。

返信

3. Re:Re:築21年の木造戸建てを購入し賃貸した場合の減価償却

2021/03/23 12:53

bachelor0202

積極参加

編集

あーなるほど、確かにどこの誰から買ったかもわからない資産を購入したときは過去の使用履歴関係ない(というかわからない)から法定耐用年数そのままから経過年数計算しますものね。

わかるわからないで耐用年数変化したら問題あるか…。

私の回答は取り下げます。

あーなるほど、確かにどこの誰から買ったかもわからない資産を購入したときは過去の使用履歴関係ない(というかわからない)から法定耐用年数そのままから経過年数計算しますものね。

わかるわからないで耐用年数変化したら問題あるか…。

私の回答は取り下げます。

返信

4. Re:Re:築21年の木造戸建てを購入し賃貸した場合の減価償却

2021/03/24 09:26

ばっちょろげ

ちょい参加

編集

ありがとうございます。大変参考になりました。

ありがとうございます。大変参考になりました。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています

この質問に関連するキーワード