ブライアン

おはつ

回答数:0

編集

「連結財務諸表等におけるキャッシュ・フロー計算書の作成に関する実務指針」の契瀘磴砲茲覯鮴發4.連結キャッシュフロー計算書(間接法)の作成-連結決算数値を元に作成する場合(簡便法)の仕訳22番の注釈についてです。

「連結上相殺消去の対処となった買掛金に配分された為替換算差額221は、原則として調整する(為替差損に加減算するか、現金及び現金同等物に係る換算差額に含める。)こととなるが、本設例では、当該調整を省略している」

この文章なのですが、
「為替差損に加減算する」とは、設例の場合221を精算表上、どのように処理することを意味するのでしょうか。「為替換算差額列」の小計はゼロになっているため、連結CF計算書には、内訳がない状態ですが、営業CF欄に独立科目として為替差損221が追加されるという意味でしょうか。

ご存知の方がおりましたら、ご教示いただけないでしょうか。

「連結財務諸表等におけるキャッシュ・フロー計算書の作成に関する実務指針」の契瀘磴砲茲覯鮴發4.連結キャッシュフロー計算書(間接法)の作成-連結決算数値を元に作成する場合(簡便法)の仕訳22番の注釈についてです。

「連結上相殺消去の対処となった買掛金に配分された為替換算差額221は、原則として調整する(為替差損に加減算するか、現金及び現金同等物に係る換算差額に含める。)こととなるが、本設例では、当該調整を省略している」

この文章なのですが、
「為替差損に加減算する」とは、設例の場合221を精算表上、どのように処理することを意味するのでしょうか。「為替換算差額列」の小計はゼロになっているため、連結CF計算書には、内訳がない状態ですが、営業CF欄に独立科目として為替差損221が追加されるという意味でしょうか。

ご存知の方がおりましたら、ご教示いただけないでしょうか。