uta

ちょい参加

回答数:7

編集

個人事業で半年に一度専従者の、所得税を納めています。

毎月末日が給料日で、今年に入って年末調整し計算しました。

源泉徴収簿で
3番が 57,170
23番が ▲9,770
24番が 5,050(12月分の所得税)
26番が 4,720
27番が 4,720

昨年末の預り金(所得税半年分)は、30,190です。

今月に税務署へ
納付書の税額 25,140
年末調整による超過税額 4,720

本税 ¥20,420

支払いしてきました。
記帳は今年の支払った日付でいいんですよね?
あと、仕訳が全く分かりません。
あと、24番は12月分だけでいいのか、半年分入れるのかもよくわかりません。(税務署に問い合わせたところ、12月分と言われ 5,050 を入れました)
書く欄もあっているのか・・・

本年中に還付する金額27番ではなく、その下の欄の28番の翌年において還付する金額になるのでしょうか?

預り金 30,190 / 20,420 現金 所得税支払
        / 9,770 現金? 還付金

単純にこれでいいのでしょうか?

半年分の預り金 30,190 から、超過額の 9,770 引いて税務署へ納めているので、専従者への還付金はなしでいいんですよね?

難しく考えるクセがあり混乱してます。

よろしくお願いします。

個人事業で半年に一度専従者の、所得税を納めています。

毎月末日が給料日で、今年に入って年末調整し計算しました。

源泉徴収簿
3番が 57,170
23番が ▲9,770
24番が 5,050(12月分の所得税
26番が 4,720
27番が 4,720

昨年末の預り金(所得税半年分)は、30,190です。

今月に税務署へ
納付書の税額 25,140
年末調整による超過税額 4,720

本税 ¥20,420

支払いしてきました。
記帳は今年の支払った日付でいいんですよね?
あと、仕訳が全く分かりません。
あと、24番は12月分だけでいいのか、半年分入れるのかもよくわかりません。(税務署に問い合わせたところ、12月分と言われ 5,050 を入れました)
書く欄もあっているのか・・・

本年中に還付する金額27番ではなく、その下の欄の28番の翌年において還付する金額になるのでしょうか?

預り金 30,190 / 20,420 現金 所得税支払
        / 9,770 現金? 還付金

単純にこれでいいのでしょうか?

半年分の預り金 30,190 から、超過額の 9,770 引いて税務署へ納めているので、専従者への還付金はなしでいいんですよね?

難しく考えるクセがあり混乱してます。

よろしくお願いします。

捕捉

2018/01/22 15:11

編集

間違えました!

専従者へは、超過額の9.770円支払い(今月末の給与と一緒に)でいいんでしょうか?

それの仕訳は、専従者の給与でいいのでしょうか?

今月末の給与が200.000円だとしたら、209.770円?

それとも、現金 9.770/9.700 預り金 超過額返金?

よろしくお願いします!