•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

雇用者給与支給額が増加した場合の特別控除

質問 回答受付中

雇用者給与支給額が増加した場合の特別控除

2016/08/26 10:15

akachin

常連さん

回答数:1

編集

いつも助けていただいています。

上記の資料を作る上で、一般被保険者というのがあり、調べたところ
  雇用保険法の一般被験者とは下記以外のものを被保険者として定義
    65歳に達した日以後に雇用される者
    ⊇鬼屬僚蠶袁働時間が20時間未満の者
    F碓貉業主の適用事業に継続して31日以上雇用される事が見込まれない者
   
とあり、それは理解できますが、 それ以外に
      
    す眷齢継続被保険者
    ッ惨雇用特例被保険者および日雇労働被保険者

とありました。

 当社の定年は60歳で下記のA,B とも65歳には達しておらず、
 週40時間勤務、1年以上雇用見込みあり)

A・ 当社で60歳定年となり、再雇用し引き続き勤めている者は
          ・・・・・高年齢継続被保険者に該当だと思うのですが
     
B・ 他社を60歳で定年退職し、当社に61歳で正社員と同等の条件で入社した者
          ・・・・・こちらは一般の被保険者に該当するのでしょうか?

このBの場合が何に該当するのかがわかりません。
宜しくお願いいたします。

いつも助けていただいています。

上記の資料を作る上で、一般被保険者というのがあり、調べたところ
  雇用保険法の一般被験者とは下記以外のものを被保険者として定義
    65歳に達した日以後に雇用される者
    ⊇鬼屬僚蠶袁働時間が20時間未満の者
    F碓貉業主の適用事業に継続して31日以上雇用される事が見込まれない者
   
とあり、それは理解できますが、 それ以外に
      
    す眷齢継続被保険者
    ッ惨雇用特例被保険者および日雇労働被保険者

とありました。

 当社の定年は60歳で下記のA,B とも65歳には達しておらず、
 週40時間勤務、1年以上雇用見込みあり)

A・ 当社で60歳定年となり、再雇用し引き続き勤めている者は
          ・・・・・高年齢継続被保険者に該当だと思うのですが
     
B・ 他社を60歳で定年退職し、当社に61歳で正社員と同等の条件で入社した者
          ・・・・・こちらは一般の被保険者に該当するのでしょうか?

このBの場合が何に該当するのかがわかりません。
宜しくお願いいたします。

この質問に回答
回答

Re:雇用者給与支給額が増加した場合の特別控除

2016/08/31 18:23

ikkai

積極参加

編集

(1)Aは、一般被保険者です。
ただし、「雇用者給与支給額が増加した場合の特別控除」申告の際には、「一般被保険者である継続雇用者のうち、高年齢者雇用安定法に基づく継続雇用制度対象者」として集計しなければなりません(一般被保険者全体からこの分を控除する計算になります)。

(2)Bも、一般被保険者です。
ちなみに、将来Bが65歳に到達した後も引き続き雇用されているなら、その時点からBは「高年齢継続被保険者」ということになります。

(1)Aは、一般被保険者です。
ただし、「雇用者給与支給額が増加した場合の特別控除」申告の際には、「一般被保険者である継続雇用者のうち、高年齢者雇用安定法に基づく継続雇用制度対象者」として集計しなければなりません(一般被保険者全体からこの分を控除する計算になります)。

(2)Bも、一般被保険者です。
ちなみに、将来Bが65歳に到達した後も引き続き雇用されているなら、その時点からBは「高年齢継続被保険者」ということになります。

返信

回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re:雇用者給与支給額が増加した場合の特別控除

2016/08/31 18:23

ikkai

積極参加

編集

(1)Aは、一般被保険者です。
ただし、「雇用者給与支給額が増加した場合の特別控除」申告の際には、「一般被保険者である継続雇用者のうち、高年齢者雇用安定法に基づく継続雇用制度対象者」として集計しなければなりません(一般被保険者全体からこの分を控除する計算になります)。

(2)Bも、一般被保険者です。
ちなみに、将来Bが65歳に到達した後も引き続き雇用されているなら、その時点からBは「高年齢継続被保険者」ということになります。

(1)Aは、一般被保険者です。
ただし、「雇用者給与支給額が増加した場合の特別控除」申告の際には、「一般被保険者である継続雇用者のうち、高年齢者雇用安定法に基づく継続雇用制度対象者」として集計しなければなりません(一般被保険者全体からこの分を控除する計算になります)。

(2)Bも、一般被保険者です。
ちなみに、将来Bが65歳に到達した後も引き続き雇用されているなら、その時点からBは「高年齢継続被保険者」ということになります。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています

この質問に関連するキーワード