•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

不動産収入の青色申告の特別控除を受けるには

質問 回答受付中

不動産収入の青色申告の特別控除を受けるには

2006/04/08 01:10

hatenatti

おはつ

回答数:4

編集

今年初めて自分で確定申告したんですが、次回65万円の控除を受けるには、まず何をしたらいいんでしょうか・・。
不動産収入といっても、アパート2棟と駐車場と借家3軒程度なんですが・・帳簿をつければ65万円控除の対象になるんでしょうか。一応、個人事業者にはなっていて税金も払っているようです。何もかも初めてで質問に使う文句もうまく浮かびませんが・・。どうかよろしくお願いします。

今年初めて自分で確定申告したんですが、次回65万円の控除を受けるには、まず何をしたらいいんでしょうか・・。
不動産収入といっても、アパート2棟と駐車場と借家3軒程度なんですが・・帳簿をつければ65万円控除の対象になるんでしょうか。一応、個人事業者にはなっていて税金も払っているようです。何もかも初めてで質問に使う文句もうまく浮かびませんが・・。どうかよろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 不動産収入の青色申告の特別控除を受けるには

2006/04/08 11:21

ゆいちょ

さらにすごい常連さん

編集

特別控除を受ける要件としては
1,不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいること
2,これらの所得の金額に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること。
3,確定申告期限内に、2の記帳に基づいて作成した貸借対照表を、損益計算書とともに、確定申告書に添付し、その適用を受ける金額を記載して提出すること。
となっております。

よーするに帳簿をきちっとつけてそれに基づいて貸借対照表、損益計算書を作って添付しろとゆーことですね。
因みに現金式簡易簿記だと10万円の控除になります。

タックスアンサー
http://www.taxanser.nta.go.jp/2072.htm

特別控除を受ける要件としては
1,不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいること
2,これらの所得の金額に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること。
3,確定申告期限内に、2の記帳に基づいて作成した貸借対照表を、損益計算書とともに、確定申告書に添付し、その適用を受ける金額を記載して提出すること。
となっております。

よーするに帳簿をきちっとつけてそれに基づいて貸借対照表、損益計算書を作って添付しろとゆーことですね。
因みに現金式簡易簿記だと10万円の控除になります。

タックスアンサー
http://www.taxanser.nta.go.jp/2072.htm

返信

2. Re: 不動産収入の青色申告の特別控除を受けるには

2006/04/09 01:56

hatenatti

おはつ

編集

お答えありがとうございました!では、簿記の方をすこし勉強してみます。また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

お答えありがとうございました!では、簿記の方をすこし勉強してみます。また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

返信

3. Re: 不動産収入の青色申告の特別控除を受けるには

2006/04/30 22:16

yayoi16

常連さん

編集

>アパート2棟と駐車場と借家3軒程度なんですが・・

果たして、上記が
事業的規模と認められるか疑問です。

事業的規模と認められなければ
青色特別控除は受けられません。

>アパート2棟と駐車場と借家3軒程度なんですが・・

果たして、上記が
事業的規模と認められるか疑問です。

事業的規模と認められなければ
青色特別控除は受けられません。

返信

4. Re: 不動産収入の青色申告の特別控除を受けるには

2006/05/01 11:46

かめへん

神の領域

編集

まずは、事業的規模である事が大前提ですので、形式基準として5棟10室基準があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1373.htm

>アパート2棟と駐車場と借家3軒程度なんですが・・

ですから、借家は3棟でカウントしますので、あと2棟以上、アパートの室数で言えば、4室以上あれば(普通に考えればあると思いますが)、一般的に事業的規模に該当するものと思われますので、正規の簿記の原則によって記帳していれば65万円の控除は受けられる事となります。

ですから、今回のケースは当てはまりそうですが、事業的規模が大前提ですので、注意が必要となります。
(yayoi16さんが書かれていますし、yui2さんが最初に書かれている「1」がそれを指しています)

まずは、事業的規模である事が大前提ですので、形式基準として5棟10室基準があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1373.htm

>アパート2棟と駐車場と借家3軒程度なんですが・・

ですから、借家は3棟でカウントしますので、あと2棟以上、アパートの室数で言えば、4室以上あれば(普通に考えればあると思いますが)、一般的に事業的規模に該当するものと思われますので、正規の簿記の原則によって記帳していれば65万円の控除は受けられる事となります。

ですから、今回のケースは当てはまりそうですが、事業的規模が大前提ですので、注意が必要となります。
(yayoi16さんが書かれていますし、yui2さんが最初に書かれている「1」がそれを指しています)

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています