•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

社長の退職金

質問 解決済

社長の退職金

2015/04/10 14:19

plokij

積極参加

回答数:2

編集

役員退職金額の決め方に、功績倍率法があります。

損金算入限度額=最終月額報酬×勤続年数×功績倍率

となっています。

この、勤続年数なのですが、
    /憩社員からの勤続年数
   ◆〔魄になってからの勤続年数
    社長になってからの勤続年数
 のいづれに当たりますでしょうか。

 よろしくお願いします。

役員退職金額の決め方に、功績倍率法があります。

損金算入限度額=最終月額報酬×勤続年数×功績倍率

となっています。

この、勤続年数なのですが、
    /憩社員からの勤続年数
   ◆役員になってからの勤続年数
    社長になってからの勤続年数
 のいづれに当たりますでしょうか。

 よろしくお願いします。

お礼

2015/04/11 09:53

編集

役員になってからの勤続年数、で理解できました。

ありがとうございました。
この質問は締め切られました
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re:社長の退職金

2015/04/10 18:30

らん

さらにすごい常連さん

編集

こんにちは。

お書きの勤続年数は△正解となります。
あくまでも役員になってからの退職金という意味合いですから。

下記サイトが参考になるかと思います。
http://hoken-kyokasho.com/keieishiya-taishiyokukin

取締役は株主から委任を受けた立場ですので、一般の従業員とは異なります。
従って一般社員(肩書きは別として)から取締役に切り替わる時点で、
一般従業員だった分の退職金を支払います。
そして以後取締役としての年数に応じて役員退職金を支払う という流れですね。

ご検討下さいませ。

こんにちは。

お書きの勤続年数は△正解となります。
あくまでも役員になってからの退職金という意味合いですから。

下記サイトが参考になるかと思います。
http://hoken-kyokasho.com/keieishiya-taishiyokukin

取締役は株主から委任を受けた立場ですので、一般の従業員とは異なります。
従って一般社員(肩書きは別として)から取締役に切り替わる時点で、
一般従業員だった分の退職金を支払います。
そして以後取締役としての年数に応じて役員退職金を支払う という流れですね。

ご検討下さいませ。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

1人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています