•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

仕訳を教えてください!

質問 回答受付中

仕訳を教えてください!

2015/03/01 18:20

なかむら

おはつ

回答数:9

編集

今回初めて父が青色申告を行います。
幾つか分からないことがあり、お知恵をお貸しいただけませんでしょうか?

現在、事業用の口座(父名義)と貯蓄用の口座(母名義)を分けております。

〇拱Гい多い月に貯蓄用の口座から事業用の口座へ不足分のお金を入れたとき

↓,里金を事業用の口座から貯蓄用の口座へ返すとき

以上の仕訳はどのようにすればよいのでしょうか?
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今回初めて父が青色申告を行います。
幾つか分からないことがあり、お知恵をお貸しいただけませんでしょうか?

現在、事業用の口座(父名義)と貯蓄用の口座(母名義)を分けております。

〇拱Гい多い月に貯蓄用の口座から事業用の口座へ不足分のお金を入れたとき

↓,里金を事業用の口座から貯蓄用の口座へ返すとき

以上の仕訳はどのようにすればよいのでしょうか?
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜7件 (全7件)
| 1 |

1. Re:仕訳を教えてください!

2015/03/02 10:34

H2A

常連さん

編集

事業用の口座以外からの借り入れは「事業主借」で処理すればいいかと思います。
それが現金であれ、非事業用の口座からであれ。
返す場合は、逆の仕訳で「事業主借」の残高を減らします。
「事業主借」の残高がマイナスになるなら「事業主貸」で仕分けてもいいかと思います。
(事業用の口座から借りるような場合です)

「事業主借」と「事業主貸」を両方使った場合は、
期末にどっちかの残高がゼロになるように決算仕訳を入れます。
もちろん、両方ゼロになってもOKです。

事業用の口座以外からの借り入れは「事業主借」で処理すればいいかと思います。
それが現金であれ、非事業用の口座からであれ。
返す場合は、逆の仕訳で「事業主借」の残高を減らします。
事業主借」の残高がマイナスになるなら「事業主貸」で仕分けてもいいかと思います。
(事業用の口座から借りるような場合です)

事業主借」と「事業主貸」を両方使った場合は、
期末にどっちかの残高がゼロになるように決算仕訳を入れます。
もちろん、両方ゼロになってもOKです。

お礼

2015/03/06 21:11

編集

お礼が遅くなってしまい大変申し訳ございません。
H2Aさんのゼルダさんへの質問により一層理解を深めることができました。
本当にありがとうございました。

返信

2. Re:仕訳を教えてください!

2015/03/02 13:27

編集

貯蓄用の口座(母名義)は、事業用の貯蓄なのかどうなのかで仕訳は変わってきますが…。

・両方の口座とも事業用に使用している場合
 母名義→父名義へお金を移動した時  預金(父)/預金(母)
 父名義→母名義へお金を移動した時  預金(母)/預金(父)

・貯蓄用の口座(母名義)は、事業用と関係の無い口座だった場合
 母名義→父名義へお金を移動した時  預金/事業主借
 父名義→母名義へお金を移動した時  事業主貸/預金

事業主借や事業主貸を返金する場合は、通常逆仕訳は行いません。
『事業主借』は、個人的な現金や預金をどれだけ事業に使ったかを把握するための科目
『事業主貸』は、事業用の現金や預金をどれだけ個人に移したかを把握する為の科目
です。貸し借りの残高をメモっておく科目ではありませんのでご注意ください。 

貯蓄用の口座(母名義)は、事業用の貯蓄なのかどうなのかで仕訳は変わってきますが…。

・両方の口座とも事業用に使用している場合
 母名義→父名義へお金を移動した時  預金(父)/預金(母)
 父名義→母名義へお金を移動した時  預金(母)/預金(父)

・貯蓄用の口座(母名義)は、事業用と関係の無い口座だった場合
 母名義→父名義へお金を移動した時  預金/事業主借
 父名義→母名義へお金を移動した時  事業主貸/預金

事業主借事業主貸を返金する場合は、通常逆仕訳は行いません。
事業主借』は、個人的な現金や預金をどれだけ事業に使ったかを把握するための科目
事業主貸』は、事業用の現金や預金をどれだけ個人に移したかを把握する為の科目
です。貸し借りの残高をメモっておく科目ではありませんのでご注意ください。 

お礼

2015/03/06 21:04

編集

お礼が遅くなってしまい大変申し訳ございません。
分かりやすいご説明でとても助かりました。
本当にありがとうございました。

返信

3. Re:仕訳を教えてください!

2015/03/03 12:22

H2A

常連さん

編集

ZELDAさん
>貸し借りの残高をメモっておく科目ではありませんのでご注意ください。

そうなんですか。自分はずっと「事業主借」だけを使って、
返した際にはその分逆仕訳を行なって残高を把握する形でやってきてました。

実害はあまりなさそうにも思うのですが、ちゃんと理解しておきたいので、
細かい理屈を説明したようなサイトがあればご紹介いただけると幸いです。
さらっとした説明のサイト以外なかなか見つからなくて。

ZELDAさん
>貸し借りの残高をメモっておく科目ではありませんのでご注意ください。

そうなんですか。自分はずっと「事業主借」だけを使って、
返した際にはその分逆仕訳を行なって残高を把握する形でやってきてました。

実害はあまりなさそうにも思うのですが、ちゃんと理解しておきたいので、
細かい理屈を説明したようなサイトがあればご紹介いただけると幸いです。
さらっとした説明のサイト以外なかなか見つからなくて。

返信

4. Re:Re:仕訳を教えてください!

2015/03/03 13:58

編集

スレ主様には、少々横道に逸れてしまう事をお詫びしまして…。

事業主貸・事業主借の説明は、さらっと説明されているサイトが多いですよね。
細かい説明のサイトは記憶にないのですが、私自身も分からなくて過去に担当税理士に訊ねた事がありました。

・事業主貸は『資産』
・事業主借は『負債』
なので、最初から資産と負債をごっちゃにして集計してしまうと、後からそれぞれを把握したくても出来なくなります。
残高が知りたければ、二つの科目を差し引きすれば出せますので、分けて記帳してください。
との事でした。


検索してみましたが、以下のサイトの説明が分かりやすいかもしれません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13134561453

スレ主様には、少々横道に逸れてしまう事をお詫びしまして…。

事業主貸・事業主借の説明は、さらっと説明されているサイトが多いですよね。
細かい説明のサイトは記憶にないのですが、私自身も分からなくて過去に担当税理士に訊ねた事がありました。

事業主貸は『資産』
事業主借は『負債』
なので、最初から資産と負債をごっちゃにして集計してしまうと、後からそれぞれを把握したくても出来なくなります。
残高が知りたければ、二つの科目を差し引きすれば出せますので、分けて記帳してください。
との事でした。


検索してみましたが、以下のサイトの説明が分かりやすいかもしれません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13134561453

返信

5. Re:Re:Re:仕訳を教えてください!

2015/03/03 16:33

H2A

常連さん

編集

ZELDAさん、ありがとうございます。
紹介していただいた先を読んで、理解が深まりました。
確かに、分けてあれば合算はすぐできますね。逆は無理ですが。

ただ自分の場合、これまではまず事業主借が発生して、
その後でそれを返すという処理だけでした。
事業主貸が先に発生した事例は無しです。
なので、事業主借を返済した際の仕訳はやはり、
事業主貸ではなくて事業主借の逆仕訳の方が内容的に適切な気がします。
(事業会計から見て)負債を返済したわけですから。
逆に事業主貸が先に発生した場合は事業主貸を使い、
それを(事業会計に)返済してもらった際は事業主貸の逆仕訳が妥当のような。

それぞれの場合の返済をいつどうやるか、
事業主借も事業主貸も両方発生して個別の返済はせず、
期末(あるいは翌期首)に清算するのであれば逆仕訳は使わないでいいと思いますが。

どんなもんでしょうか?

ZELDAさん、ありがとうございます。
紹介していただいた先を読んで、理解が深まりました。
確かに、分けてあれば合算はすぐできますね。逆は無理ですが。

ただ自分の場合、これまではまず事業主借が発生して、
その後でそれを返すという処理だけでした。
事業主貸が先に発生した事例は無しです。
なので、事業主借を返済した際の仕訳はやはり、
事業主貸ではなくて事業主借の逆仕訳の方が内容的に適切な気がします。
(事業会計から見て)負債を返済したわけですから。
逆に事業主貸が先に発生した場合は事業主貸を使い、
それを(事業会計に)返済してもらった際は事業主貸の逆仕訳が妥当のような。

それぞれの場合の返済をいつどうやるか、
事業主借事業主貸も両方発生して個別の返済はせず、
期末(あるいは翌期首)に清算するのであれば逆仕訳は使わないでいいと思いますが。

どんなもんでしょうか?

返信

6. Re:Re:Re:Re:仕訳を教えてください!

2015/03/04 16:00

編集

自分の場合、基本的に借りっぱなしの貸しっぱなしで清算しない事が多いので、返済しても逆仕訳はしないですね。
各科目の管理も煩雑になりますし。
自分としては、『個人→事業』と『事業→個人』は別物だと考えている所為もあるかもしれません。

う〜ん、答えになってなくてすみません。



自分の場合、基本的に借りっぱなしの貸しっぱなしで清算しない事が多いので、返済しても逆仕訳はしないですね。
各科目の管理も煩雑になりますし。
自分としては、『個人→事業』と『事業→個人』は別物だと考えている所為もあるかもしれません。

う〜ん、答えになってなくてすみません。



返信

7. Re:Re:Re:Re:Re:仕訳を教えてください!

2015/03/05 16:27

H2A

常連さん

編集

そうですか。
自分の場合は、今は個人事業で以前は一人法人にしてましたが、
事業と個人はきちんと分けて考えるようにしていて、
返済できる時には返済するようにしてきました。

事業主借と事業主貸を期中で相殺すべきでないというのが本質であって、
それぞれ現金(に相当するもの)で返済するのであれば、
逆仕訳でその残高を減らす方が理屈の上から妥当に思えるんですよね。
銀行に預けている預金と受けている融資が別物であるように。

そうですか。
自分の場合は、今は個人事業で以前は一人法人にしてましたが、
事業と個人はきちんと分けて考えるようにしていて、
返済できる時には返済するようにしてきました。

事業主借事業主貸を期中で相殺すべきでないというのが本質であって、
それぞれ現金(に相当するもの)で返済するのであれば、
仕訳でその残高を減らす方が理屈の上から妥当に思えるんですよね。
銀行に預けている預金と受けている融資が別物であるように。

返信

1件〜7件 (全7件)
| 1 |
役に立った

1人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています

この質問に関連するキーワード