•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

電脳名刺で名刺無料キャンペーン行っています

親会社の立替金の処理のついて質問です。

質問 回答受付中

親会社の立替金の処理のついて質問です。

2013/09/24 10:48

rironao

おはつ

回答数:1

編集

親会社・子会社の経理をやっています。20日の家賃のうち3万を親会社が立替て子会社が支払いました。 その時の仕訳の仕方がわかりません。 よろしくお願いします。

親会社・子会社が同じ建物にはいっています。

通常の流れでは 子会社の会計では
6月1日 地代家賃/前払い費用 100000(家賃 5月分)

20日 子会社が家賃10万円を 不動産に支払う

前払費用/地代家賃 100,000 (7月分)

31日(末日) 親会社が家賃5万円を 子会社に支払う

普通預金/地代家賃 50000 (賃室料・6月分)


親会社の会計では

6月31日 地代家賃/普通預金 50000
と仕訳をしてきました。

先月は子会社の運営がわるく
8月20日に子会社の家賃の支払いの時、親会社の現金から3万円を借りて支払いました。

8月31日に 親会社は残りの2万円を 子会社に支払いました。

この場合の両会社の仕訳の仕方がわかりません。
よろしくお願いします。

親会社・子会社の経理をやっています。20日の家賃のうち3万を親会社が立替て子会社が支払いました。 その時の仕訳の仕方がわかりません。 よろしくお願いします。

親会社・子会社が同じ建物にはいっています。

通常の流れでは 子会社の会計では
6月1日 地代家賃/前払い費用 100000(家賃 5月分)

20日 子会社が家賃10万円を 不動産に支払う

前払費用/地代家賃 100,000 (7月分)

31日(末日) 親会社が家賃5万円を 子会社に支払う

普通預金/地代家賃 50000 (賃室料・6月分)


親会社の会計では

6月31日 地代家賃/普通預金 50000
仕訳をしてきました。

先月は子会社の運営がわるく
8月20日に子会社の家賃の支払いの時、親会社の現金から3万円を借りて支払いました。

8月31日に 親会社は残りの2万円を 子会社に支払いました。

この場合の両会社の仕訳の仕方がわかりません。
よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: 親会社の立替金の処理のついて質問です。

2013/09/25 08:33

reiko3

常連さん

編集

>親会社・子会社の経理をやっています。20日の家賃のうち3万を親会社が立替て子会社が支払いました。 その時の仕訳の仕方がわかりません。

■親会社が3万円立替えて子会社が支払ったのは、親会社から家賃支払資金の一部を借入れ、家賃100,000支払ったと処理するのが正しいやりかたです。
親会社は家賃の支払をしたという仕訳(家賃/普通預金)でなく、子会社に資金を貸付けたという仕訳をします。

両社は、それぞれ経理を異にする独立の会社と考えて処理するということで、親会社を銀行と考えるとよいでしょう。

■以上をご理解いただければ、自ずと正しい仕訳はできると思いますが、念のため両社の仕訳を整理すると次のようになります。

親会社;
子会社へ資金を貸した。(現金で貸したのであれば、普通預金は現金とします。)
貸付金 30,000  / 普通預金 30.000

子会社:
親会社から資金を借りて、支払資金の不足分に充当して家賃を支払った。
普通預金 30,000 /借入金 30,000
前払費用 100,000 / 普通預金  100,000

月初めの振替仕訳は、今までと同じ。
家賃 100,000 / 前払費用 100,000

■子会社は借りた資金は、借入残高がゼロになるまで親会社に返済しますよね。この場合の仕訳は、返済額が20,000とすると、

子会社;
借入金  20,000 / 普通預金  20,000
 
親会社;
普通預金 20,000  / 貸付金 20,000

>親会社・子会社の経理をやっています。20日の家賃のうち3万を親会社が立替て子会社が支払いました。 その時の仕訳の仕方がわかりません。

■親会社が3万円立替えて子会社が支払ったのは、親会社から家賃支払資金の一部を借入れ、家賃100,000支払ったと処理するのが正しいやりかたです。
親会社は家賃の支払をしたという仕訳(家賃/普通預金)でなく、子会社に資金を貸付けたという仕訳をします。

両社は、それぞれ経理を異にする独立の会社と考えて処理するということで、親会社を銀行と考えるとよいでしょう。

■以上をご理解いただければ、自ずと正しい仕訳はできると思いますが、念のため両社の仕訳を整理すると次のようになります。

親会社;
子会社へ資金を貸した。(現金で貸したのであれば、普通預金現金とします。)
貸付金 30,000  / 普通預金 30.000

子会社:
親会社から資金を借りて、支払資金の不足分に充当して家賃を支払った。
普通預金 30,000 /借入金 30,000
前払費用 100,000 / 普通預金  100,000

月初めの振替仕訳は、今までと同じ。
家賃 100,000 / 前払費用 100,000

■子会社は借りた資金は、借入残高がゼロになるまで親会社に返済しますよね。この場合の仕訳は、返済額が20,000とすると、

子会社;
借入金  20,000 / 普通預金  20,000
 
親会社;
普通預金 20,000  / 貸付金 20,000

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています